2021年度 数字で振り返るトラックシーズン ~日本大学~

続いては日本大学について、トラックシーズンの結果を5千、1万で自己ベストを出した選手を中心に振り返ります。トリプルエースがしっかりと結果を残し、小坂の復帰という好材料はあったものの、その一方で目立った新戦力の台頭は見られず、3大駅伝・予選会経験者も自己ベストを出す選手はいなかったですね。。。

※2021/1/1以降の自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

5000m:5点(2位)

松岡が13分56秒をマークしてチーム2番手のタイム、ベストを3秒更新しています。このトラックシーズンで最も活躍を見せたのは松岡と言って良いでしょう。どんどん自己ベストを更新し、関東インカレといった勝負レースでも結果を残した松岡はチームに欠かせないエースへと成長を遂げました。ただ、トップ10で自己ベストを更新したのは松岡のみ、トップ10圏外でも全日本予選にエントリーされた下尾が14分34秒をマークしたくらいかなあ。記録会に出場していないわけではないのに、全体としてタイムを伸ばせていないのが気になります。。。

10000m:9点(2、3位 )

樋口が28分9秒をマークしてチーム2番手のタイム、自己ベストを12秒更新してきました。全日本予選では万全でないながらも3組5位で走っていますし、勝負レースでの実績では抜けています。松岡が28分21秒でベストを17秒更新してチーム3番手、好タイムをマークしました。二人とも積極的にレースや記録会に出場していましたからね。また、駅伝シーズンに向けてしっかりとコンディションを整えていってくれれば。


トップ10圏外でも、主力どころでベストを更新している選手はおらず・・・ドゥングが大学ベストとなる28分5秒をマークしたくらいかなあ。5千はトップ10で1人、1万ではトップ10で2人ということで、人数の少なさが気になりますが…それ以上に3本柱しか結果を残せていないことが心配です。


これは前回の箱根予選以降からなんですよね。1万で前年度トップ10を更新している選手も主力の1人である小坂しかいませんからね。今年度に限らず、自己ベストを更新している選手が極端に少ないんですよね。もちろん、自己ベストを更新するのが全てでは無いですが、ベストを更新する選手が多いのに越したことは無いですから。

総評

関東インカレでは、5千で松岡が7位入賞を果たしました。1万でも28分台をマークして10位に入っていますし、ここにきての成長ぶりは著しいものがあります。樋口も5千、1万でともに12位と松岡には及びませんでしたが、安定した走りを見せています。ドゥングはハーフに出場して2位とさすがの走り、もうトリプルエースは何も心配いらないんです。大事なレースに合わせる強さがあります。


全日本予選での収穫は小坂が復帰したこと、2年の西村が2組19位と中位で走ってくれたことくらいかなあ。前半で遅れて、後半でも巻き返せずに総合15位で予選落ち、今のチーム状況を反映しているかのようでした。5千の5点は25大学中21位となっています。1人しかベストを更新出来ていませんから、下位になってしまうのも仕方ありません。平均タイムは14分3→14分4秒ということで、トップ10に入っていた選手が退部したことで逆にタイムが下がってしまうという事態に…順位は12→16位と4つ下げています。


1万の9点は16位タイとなっています。平均タイムは29分9→29分2秒と7秒縮めており、13→12位と1つ順位を上げていますが、これはシーズン途中で武田が残っているのが判明したため…実態は3秒ほどの短縮にとどまっています。合算の14点は21位となっており、いずれももう一歩という印象かなあ。


駅伝シーズンに向けては、前回大惨敗となった箱根予選に全力を注ぐこととなりますが、前年度の走り、トラックシーズンを見ている限りは通過は厳しそうというのが正直な感想です。3本柱が好走するのはもう絶対条件ですが、ドゥングが48位、樋口が118位、松岡が219位というのが前回の成績…ここから3人揃って大幅に順位を上げられる保証も無いですからね、もちろん、3人ともに前年度よりも今年度の方が結果を残してはいますが…小坂が完全復活をして前回以上の走りを見せるのも非常に重要です。


そしてそれ以上に問題なのは中堅どころ…現状、上記の4人以外で100位以内で走れる人がいるのかどうか…150位以内、200位以内も何人走れるかどうか・・・前回の箱根予選は200位以内で走っているのは3人だけですからね。箱根予選前に自己ベストラッシュであったり、中堅どころが元気な姿を見せてくれればまだ希望の光があるのですが、、、予選18位からの箱根復帰が非常に厳しいのはもう何度も記載しているとおりですが、2年連続で予選17位の大学が突破しているのもまた事実、予選突破出来るのが最高ですが、せめて予選通過争いには絡むような走りを見せてほしいなあ。

9月17日に「大学駅伝2021夏秋号」が発売されました。早速、読み漁っています。選手一覧が私は一番の目当てですが、各選手、大学の特集も読み応え抜群です。


大学駅伝2021夏秋号(陸上競技マガジン 2021年 10 月号増刊 )[雑誌]