第53回(2021年) 全日本予選戦力分析 神奈川大学

2021年6月6日

本日は神奈川大学の全日本予選における考察を行っていきます。4年前の全日本王者も過去2年は全日本に出場出来ず…箱根予選の安定感に比べると、全日本予選はやや苦戦気味なんですよね。とはいえ、選手は揃っていますし、まずは全日本の返り咲きを目指したいところ。エントリー選手は以下の通りです。

エントリー

全日本予選突破を目指すチームにおいて、大きなエントリー漏れが二人…箱根1区で快走したエースの呑村、3区10位で走っている川口が揃って外れてしまいました。ともに3組以降を走ってもおかしくない二人ですから、戦力ダウンは避けられません。他の主力どころは一通り揃っていますし、十分戦えるとは思うのですが、不安の残るエントリーとなっています。

持ちタイム

上位8人の平均タイムは私が把握している16大学中8位ということで、ギリギリ通過圏外ということになりますね。28分台の選手は2人しかいないですからね。持ちタイムが抜けた絶対的エースがいないというのも、全日本予選に向けては不安要素かな。29分前半はズラッと揃っているのですが。どうしても、主力のエントリー漏れが持ちタイムにも響いている印象。

出場予想

全日本予選の出場選手予想は以下の通りです。

1組:横澤④、高橋②
2組:島崎③、佐々木②
3組:安田④、宇津野②
4組:西方④、巻田②


最終組は28分台コンビの西方、巻田に任せるのが良いかなあと。西方は勝負レースの実績も豊富ですし、関東インカレも3000m障害で好走しました。巻田は勝負レースの実績はそれほどではないのですが、関東インカレ1万mで28分台の自己ベストをマークしたことを考えると、期待せずにはいられません。


3組は安田と宇津野の2人、安田も勝負レースの経験が豊富で関東インカレにも出場していますし、後半の組への起用もあるかなあと。宇津野も1年時から勝負レースで安定した結果を残し、1万も29分0秒のベストを持っています。レベルが高い選手が揃っている分、前半よりも後半の組が厳しそうな気もしますが…


2組は島崎と佐々木の2人、島崎は1500mのスピードもあり、1年時は全日本予選でも1組11位と好走しているんですよね。トラックの強さもありますし、計算できる選手の1人です。佐々木は箱根で10区2位と快走を見せていますし、結果を残している選手が優先的に起用されそうかなあと。佐々木はロードの方が強い気もしますが…


1組は横澤と高橋の2人、横澤は先月1万で29分11秒のベストを出しているのが評価されての出場もあるかなあと。あまりトラックタイプの印象では無いのですが、タイムをぐっと伸ばしているのは良いですよね。高橋も箱根予選で好走している2年生トリオの1人、その3人を1~3組に1人ずつ起用する予想としてみました。

展望

4年生の主力が複数エントリー漏れしたことで、必然的に2年生にかかる期待が大きくなりますよね。箱根に出場した3人ももちろん楽しみですが、個人的には巻田への期待がかなり高くなっています。今回は外していますが、箱根に出場した落合もいますし、実績のある選手を起用するのか、今年度調子の良い選手を起用するのかも気になるところ。関東インカレに出場した選手を中心に予想してみましたが…


皆さんの順位予想では7位ということで、ギリギリ通過するという位置ですね。私もボーダーを争う大学の1校であり、どちらかと言えば通過に近い大学かなあという印象です。箱根経験者を中心に有力選手が揃っているのは事実ですからね。ただ、不安は何度も言っているように主力がエントリー漏れ、そしてずば抜けたエースがいないだけに、最終組はやや耐える組になりそうなんですよね。


となると、3組までになるべく貯金を作って最終組を迎えたいということになりますからね。ロードに強い選手が多いだけに、全日本予選よりも全日本のほうが戦えそうですし、しっかりと全日本予選は突破し、3年ぶりの全日本で大暴れしてほしいです!

出雲駅伝の区間配置予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします