2020年度 4年生特集 ~帝京大学~

本日は帝京大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で8人登録されています。この学年がいた4年間はまさに飛躍の時、箱根では4年連続でシードを獲得し5位以内も2回、全日本でも3年連続でシードを獲得しています。3大駅伝経験者が6人おり、箱根に3度出場している選手も3人、チームの中心を担う学年となりました。帝京もすっかり強豪校の仲間入りですね。

星 岳

高校ベストは14分23秒、1年の全日本予選から出場し、3組15位ときっちり結果を残しています。一方で箱根予選はチーム最下位の188位に沈んでしまい、全日本、箱根ともにエントリー止まりで出場には至らず…2年時には5千で14分6秒、出雲で5区6位とまずまずの3大駅伝デビューを飾ると、ハーフでは62分20秒と素晴らしいタイムをマーク。箱根では10区を任されて見事に区間賞を獲得しています。


3年時には5千で大学ベストとなる14分4秒、1万で28分35秒をマーク、全日本ではエース区間の7区を任されて区間6位、箱根でもエース区間の2区を走って9位と他大のエースと互角に渡り合える選手となりました。4年時には1万で28分20秒とさらにタイムを短縮、全日本では2年連続の7区で5位と好走し連続シードに貢献、箱根では2年連続の2区で区間12位、これまでの実績からすればもう一歩だったかもしれませんが、3年目以降、エース区間を安心して任さられる選手としてチームに欠かせない選手となりました。

小野寺 悠

高校ベストは14分12秒、この学年ではトップタイムを有しています。都道府県対抗でも5区5位で走っており、実績も抜けています。1年の全日本予選、箱根とエントリーは果たしたものの、まだ出場には至らず…2年の全日本予選に出場して2組8位と上々の走りを見せています。1万も29分14秒まで伸ばすと、出雲・全日本はエントリー止まりでしたが、箱根では山登りの5区で箱根デビュー、ここでは区間16位とほろ苦い3大駅伝デビューとなりました。


3年時には5千で13分57秒をマーク、3大駅伝にもフル出場を果たし、出雲では5区区間賞を獲得しています。全日本では3区9位ともう一歩の走りではありましたが、ハーフで62分3秒までタイムを縮めると、箱根ではハイペースとなった1区を区間8位でしっかりとまとめ、チーム最高順位タイとなる4位に貢献しました。4年時には1万で28分30秒までタイムを伸ばし、全日本では2区9位とまずまず、箱根では1区13位と前年度より区間順位を下げてしまったものの、しっかりとスターターの役割は果たしてくれました。

鳥飼 悠生

高校ベストは14分31秒、1年の箱根からメンバー入りを果たしています。2年の全日本予選でもメンバー入り、ハーフで63分26秒をマークすると、箱根では8区を任されて区間9位、初の箱根でしっかりと一桁順位で走っています。箱根後にはハーフで63分10秒と大学ベストをマークしています。3年時には5千で14分15秒のベストをマーク、箱根では2年連続で8区を任されて区間3位、チームの4位に貢献しました。


4年時、5千で14分5秒、1万では28分51秒までタイムを縮め、セカンドベストの29分10秒も4年時のタイムです。持ちタイムを伸ばしただけではなく、初出場となった全日本では主要区間の3区で区間4位とさすがの走り、箱根では3年連続の8区を任されて区間6位、4度の3大駅伝出場で全て区間1桁と抜群の安定感でチームを支えました。

谷村 龍生

高校ベストは14分25秒、1年時に1万で29分34秒をマーク、全日本でもメンバー入りを果たしています。2年の出雲で3大駅伝デビュー、4区5位と上々のデビュー戦となりました。全日本にも続けて出場し、6区9位でまとめています。5千で14分8秒、ハーフでも63分45秒と自己ベストを更新し、箱根にもエントリーされましたが、出場には至らず…


3年時には2年連続で出雲4区に出場し区間9位で走っています。5千で14分1秒、ハーフで63分36秒と大学ベストとなるタイムもマーク、ただ全日本・箱根ともにエントリー止まりで出場には至らず…4年時は1万で29分24秒と大学ベストをマークしたものの、全日本はエントリー止まり、箱根はエントリー外ということで3度3大駅伝を走り、長い距離でもタイムを伸ばしながら、箱根に出場出来なかったのはちょっと意外だったかなあ。

増田 空

高校ベストは14分44秒、3年時に5千で14分12秒、1万で29分38秒、ハーフでは62分56秒と自己ベストをグッと伸ばし、箱根でも初めてメンバー入りを果たしています。4年時には1万で29分26秒とさらにタイムを伸ばすと、全日本で3大駅伝デビュー、6区3位と好走を見せチームのシード獲得に貢献しました。最後の箱根はエントリー止まりで出場出来なかったのは残念ですが、こういう叩き上げの選手が上級生になっていきなり3大駅伝好走するのはさすが帝京、しっかりと結果を残しました。

境 勇樹

高校ベストは14分31秒、1年時にハーフで65分53秒をマークしており、このタイムが大学ベストかな。3年時に1万で29分45秒をマークしており、4年時にはこのタイムでトップ10にも入ってくることに。箱根エントリー直前に5千で14分2秒、箱根直前に1万で29分33秒といずれも大学ベストをマーク、3大駅伝へのエントリーはありませんでしたが4年間で成長した姿を見せてくれました。

日野原 智也

高校ベストは14分28秒、1年時に1万で29分51秒をマーク、箱根予選にもエントリーを果たしています。3年時にハーフで63分4秒と好タイムをマークすると、箱根でも初めてメンバー入りを果たすことに。ただ、この際は出場には至らず、4年の全日本、箱根もエントリーされることはありませんでした。それでも箱根エントリー締め切り後に1万で29分35秒、5千で14分6秒と立て続けに自己ベストを更新、境同様に4年生の強さを見せてくれました。

山根 昴希

高校ベストは14分49秒と8人の中では最もタイムは悪いです。1年時に1万で29分47秒、2年時にハーフで63分55秒、3年時に5千で14分5秒と着実に大学ベストとなるタイムをマークしてきたものの、なかなか3大駅伝にはエントリーされず…それでも4年時、全日本で初エントリーを果たすと、最初で最後の箱根ではアンカーの10区を任されて区間11位、3校でのラスト勝負では一歩及ばずでしたが区間中位でまとめ、4年連続のシードを確保するゴールテープを切りました。

This content cannot be displayed in widgets.