2020年度 4年生特集 ~大東文化大学~

本日は大東文化大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で5人登録されています。上の学年と比べると、スカウトは厳しいと言わざるを得ない学年だったかなあ。14分30秒切りもいなかったのでは…チームとしても、3,4年時は箱根予選で18位、16位で連続予選落ちと非常に厳しい時期を過ごしています。2年前に箱根に出場した大学の中で現状最も箱根から遠ざかっているのが大東大かなあ。各大学のスカウトが激化していることを考えると、箱根に戻るのは非常に厳しい…

三ツ星 翔

高校ベストは14分58秒ながら、1年の箱根予選に出場してチーム10番手の130位とまずまずの走り、箱根では1年ながら23km区間の10区を任されて区間19位、初の箱根は苦しいものになりました。しかし、2年時には5千で14分23秒と大学ベストをマークすると、全日本予選では1組18位、箱根では7区8位と前年度の悔しさを晴らす好走でした。


3年時には1万で29分29秒をマーク、全日本予選でも3組6位とこの走りは上出来と言って良いでしょう。箱根予選ではチーム2番手の82位という走り、チーム内順位としては上々といえますが、2番手で82位はやはり箱根を狙う大学では厳しい…4年時には1万で29分13秒と大学ベストとなるタイムをマーク、箱根予選ではチームトップの64位と2年目以降は一切崩れることのない走りでチームを支えました。

吉井 龍太郎

高校ベストは14分53秒、2年時までは目立った走りは見せていませんが、3年時に一気に台頭を果たします。5千で14分28秒、1万で29分30秒といずれも大学ベストとなるタイムをマーク、全日本予選で1組17位でまとめると、箱根予選ではチームトップの55位という走り、箱根にも関東連合で出場を果たしました。区間9位相当というのは上々の走りと言って良いでしょう。それだけに、主将を任された4年時は持ちタイムを伸ばすことも最後の箱根予選にエントリーされることも無かったのは残念でした。

寺田 健太郎

高校ベストは把握していませんが、15分台でしょうか。5千のベストは14分55秒、4年時に1万で30分12秒をマークすると、それまで3大駅伝・予選会にエントリーさえありませんでしたが、最後の箱根予選でメンバー入り、そのまま出場も果たし、チーム7番手の189位で走っています。3年時までのことを考えると、よくぞ4年時に箱根予選でチーム7番手で走れるまでに成長を遂げてくれました。

稲留 涼斗

高校ベストは14分39秒、5人の中ではトップタイムのはず…そして、このタイムは4年間更新は出来ていません。3年時に1万で30分26秒をマークしており、このタイムが大学ベスト、全日本予選で初エントリーを果たすと、箱根予選に初出場、チーム10番手の259位という走りでした。4年時には2年連続で箱根予選に出場を果たし、チーム11番手の290位と前年度よりもさらに順位を落としてしまうこととなりました。

土本 剣汰郎

高校ベストは把握出来ていませんが…そもそもは中距離の選手なだけに5000mも走っていたのかな?2年時にハーフで68分46秒、3年時に5千で14分13秒を2回マーク、このタイムはチーム内でもトップ10に入ってきています。1万では30分53秒をマークし、箱根予選でもメンバー入りを果たしていますね。4年の箱根予選にはエントリーされませんでしたが、1500mのスピードもありながら、ハーフの距離にも対応してくれました。

This content cannot be displayed in widgets.