2020年度 4年生特集 ~上武大学~

本日は上武大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部5で人登録されています。いずれも高校ベストは14分40秒オーバーですが、エースとなった岩崎に坂本などチームを牽引する選手も台頭してきました。その一方で1,2年時は箱根で区間最下位、3,4年時は箱根不出場とチームとしては苦しい4年間となりました。上武にとっても箱根復活を果たせるのか…まさに正念場です。

岩崎 大洋

高校ベストは14分57秒、2年時の箱根予選でチーム3番手の83位と早速結果を残しチームの箱根出場に貢献、箱根では8区を任されましたが、区間最下位と苦い箱根となりました。3年時には5千で14分5秒、1万で29分16秒まで伸ばし、全日本予選で3組24位、箱根予選ではチームトップの13位で走っています。さらに、ハーフでは61分40秒まで伸ばしているのですから、まさに大飛躍を遂げる1年となりました。


4年時には5千で13分55秒、1万でも29分9秒とさらにトラックの持ちタイムを伸ばし、箱根予選でもチーム2番手の28位とさすがの走りを見せています。それだけに、エースとなった3年目以降にチームが箱根に出場できなくなってしまったのは残念でしたよね。チーム内で抜けた存在となった一方、続く選手はまだ力不足は否めずでした。。。

坂本 貫登

高校ベストは15分28秒、2年の箱根では7区を任され、区間21位で走っています。一気に飛躍を遂げたのは3年時、5千で14分16秒、1万で29分17秒といずれも大学ベストとなるタイムをマーク、全日本予選で4組25位、箱根予選ではチーム2番手の18位と素晴らしい走りを見せました。箱根予選では岩崎とこの坂本の大躍進が目立ちました。4年時には記録会でも目立った走りは出来ず持ちタイムを伸ばせず…箱根予選でもチーム3番手の127位どまりだったのはもう一歩だったかな。それでも高校ベストを考えれば、大学での成長ぶりは凄まじいです。

松倉 頼人

高校ベストは14分43秒、2年時にハーフで65分30秒と大学ベストをマークすると、3年時に全日本予選に出場して3組27位、箱根予選ではチーム9番手の207位で走っています。5千で14分21秒、1万で29分47秒と持ちタイムも伸ばしており、松倉も3年時に伸びてきた選手です。4年時に5千で14分13秒と大学ベスト、1万では29分52秒のセカンドベストをマークしています。4年時には箱根予選にはエントリーされなかったものの、松倉もしっかりと4年間で伸びてきた選手の1人です。

田波 修

高校ベストは15分28秒、大学2年時に5千で14分56秒をマークしており、このタイムが大学ベストとなっています。ハーフでは65分35秒を同じ2年時にマークしています。なかなか3大駅伝・予選会のエントリーはありませんでしたが、4年時に1万で29分50秒と大学ベストをマークすると、箱根予選に初エントリー&出場、チーム9番手の201位で走っています。

西井 翔馬

高校ベストは14分43秒、2年時に5千で14分23秒、1万で29分55秒といずれも大学ベストとなるタイムをマークしています。箱根でも16人のメンバー入りを果たしています。3年時には全日本予選に出場、ここでは2組で最下位と厳しい結果となりました。箱根にはエントリーされたものの、箱根予選には4年間エントリーされることは無かったんですよね。2年時にトラックタイムは伸ばしてきたものの、ハーフベストは68分台となっており、長い距離はもう一歩だったのかなあ。。。

This content cannot be displayed in widgets.