第52回(2020年)全日本大学駅伝戦力分析&区間配置予想 ~日本大学~

続いては、日本大学の全日本大学駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。今年度の箱根予選は衝撃的な結果に終わりました…最も良かったのがドゥングの48位、2桁順位は他に81位の小坂だけ…それ以上に200位以内を見ても118位の樋口だけという大惨敗で総合18位、17位だった東農大とは3分19秒差、通過ボーダーとは、9分15秒もの大差をつけられることとなりました。戦力としては予選通過も十分に狙えると思っていたのですが…あまりにも全てが噛み合わなかったように思えます。。。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

4年生

2年前の全日本では1区7位と好走、箱根予選ではチーム4番手の214位だった横山、2年前の全日本では2区12位、箱根予選ではチーム7番手の238位になってしまった武田、5千で14分16秒、1万で29分7秒のベストを持ち、2年前の全日本では3区17位で走っている野田。


5千で14分21秒のベストを先月マーク、箱根予選ではチーム10番手の264位だった遠田、箱根予選は2年連続出場で前回はチーム5番手の81位で走るも、今回は最下位の289位と非常に苦しい走りだった小林、1万で29分59秒のベスト、箱根予選ではチーム11番手の269位だった桃川の6人。

3年生

先月1万で28分55秒をマーク、箱根予選でもチーム2番手の81位で走っている小坂、1万で29分33秒のベストを持ち、過去2回の箱根に続いて3度目の3大駅伝エントリーとなる山本、1万で29分39秒のベストを持ち、箱根予選ではチーム8番手の248位で走っている疋田の3人。

2年生

前回の箱根では2区12位、箱根予選ではチームトップの48位で走っているドゥング、1万で28分43秒のベストを持ち、前回の箱根では3区8位、箱根予選ではチーム3番手の118位で走っている樋口、1万で29分11秒のベストを持ち、前回の箱根では7区19位、箱根予選ではチーム5番手の219位で走っている松岡、1万で29分24秒のベスト、前回の箱根では8区19位、箱根予選ではチーム6番手の224位で走っている若山、5千で14分27秒を先月マーク、箱根予選に続いてのエントリーとなった濱田の5人。

1年生

5千で14分26秒のベストを持ち、箱根予選に続いてのエントリーとなった三木、5千で14分12秒のベスト、箱根予選ではチーム9番手の252位だった谷口の2人。

箱根予選に出場した12人はそのまま全日本もエントリーされています。3大駅伝を2度経験している野田も今回はメンバー入りを果たしましたが、箱根6区4位と好走している宮崎は全日本もエントリーされずに卒業ということに…1年時に全日本と箱根を走っている3年の鈴木も引き続きエントリーされず…3大駅伝・予選会の経験者はちらほらと漏れています。


こうしてエントリーを見ていると、高校時代に実績のある選手が大学ではなかなか結果を出せずにいますよね…都道府県対抗で5区3位だった竹元は結局3大駅伝・予選会を1度も走れず…都大路1区3位だった3年の北野は辞めてしまいましたし、都大路1区6位だった3年の八重畑はエントリーはまだなく、都大路1区8位だった2年の八木は1年時に箱根予選で274位…八重畑や八木にはまた輝かしい走りを見せてもらいたいのですが…


箱根予選で惨敗を喫し、残すは全日本のみとなった日本大学、そのショックは相当なものでしょうね…正直、もう少し何とか出来れば…というレベルでは無いですもんね。このままでは、箱根出場は今後も遥か彼方に遠ざかってしまうのでは?と思ってしまうほど衝撃的なタイム差、順位でした。。。そんな日本大学の区間配置予想は以下のとおりです。

区間配置予想

横山④ー樋口②ー小坂③ー松岡②
若山②ー谷口①ードゥング②ー武田④

基本的には、箱根予選で上位だった選手が中心になるかと思います。上位9人の中から学年も考慮して8人を選んでみました。1区は横山、これまでに3度3大駅伝に出場してその全てで1区を任されていることを考えると、今回も1区が妥当かなあ。2年前の全日本では好走していますし、最後にまた結果を残してくれれば。


2区は樋口、来年度の日本人エースは樋口になると思っていますし、前半から主力を起用していくしかない状況、前回の箱根でも3区8位と好走している選手、他大のエースが起用されるである区間での走りに期待。3区は小坂、1万で28分台のベストもびっくりしましたが、箱根予選でチーム2番手とすぐに結果を残したのも素晴らしいです。7,8区への起用も有り得そうですが、3大駅伝はまだ未経験ですし、前半から選手を投入するためにも、3区で良いかなあと。


4区は松岡、来年度の主力となるであろう2年生は今回も多く起用されるでしょうし、松岡もさらなる活躍が期待される選手です。全日本に選ばれる可能性は高いでしょうし、中間どころの4区あたりかなあと。

5区は若山、前回の箱根でも松岡→若山のリレーでしたし、箱根予選も5,6番手と似たような順位、樋口とともにチームを牽引していってほしい2人です。前回の箱根はともに苦しい走りでしたし、2年になって成長して姿を見せてくれれば…6区は谷口、箱根予選でも9番手で走っていますし、5千の高校ベストもこの学年でトップ、ルーキーも1人は走ってほしいということで、比較的負担の少なく2年前もルーキーが走っている6区が良さそう。


7区はドゥング、当然最長区間の8区もあり得るのですが、2年前はワンブィが7区を走っていたこともあり、それに合わせてドゥングも7区と予想しました。箱根予選では後半失速してしまいましたが、1年時には箱根予選で4位で走っている選手、エースの走りを全日本でも見せてほしい。8区は武田、箱根予選は苦しい走りになりましたが、この4年間チームを牽引してきた選手の1人ですし、最長区間を任せるのであれば武田しかいないかなあと。

箱根予選の結果を見る限りは、非常に苦しいレースになることは間違いないでしょう。前回は城西が箱根予選落ちから全日本では大いに見せ場を作ってくれて、その再現を日大にも期待したいところです…名前だけ見れば、4年の横山、武田に3年の小坂、2年のドゥング、樋口と持ちタイムの良い選手が揃っていますが、箱根予選でまずまずだったのが小坂だけという現状を考えると、なかなか好走するイメージは湧かないのが正直なところ。


皆さんの順位予想、現時点では16位と最下位になっています。関東15校+立命館の中で最も10位以内に入るのが難しいという評価ですね。。。厳しいです…ただ、申し訳ないですが私もそれほど評価は変わらないです。関東勢を1校でも上回ることが出来れば、関東勢以外全てに勝つことが出来れば上出来なのかなあと。そのくらい、他大学とは差があると思っています。そんな中、来年度に向けて…少しでも、希望の持てる走りを…箱根予選が本来の走りでは無かったということを見せるような走りを見せて欲しいです!!

全日本予想

全日本の順位予想区間配置予想も受け付けております。
順位予想では1~10位になる大学、
区間配置予想では各大学ごとに1~8区に出場する選手を予想してください。

たくさんの投票をお待ちしております♪
※1人1票でお願いします~