第52回(2020年)全日本大学駅伝戦力分析&区間配置予想 ~青山学院大学~

続いては、青山学院大学の全日本大学駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。前回の全日本では4区終了時で8位とシードラインギリギリまで下がるまさかの展開でしたが、そこから森開けして7区終了時にはトップ、最後は逆転を許したものの総合2位となっています。箱根では圧倒的な強さを見せて優勝、今年度も驚異的な戦力を有しています。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

4年生

2年時に全日本に出場して6区4位、前年度は出雲に出場して5区6位、最後の箱根を走れず5年目の挑戦となった竹石、5千で13分37秒のベストを今月マーク、前回の全日本で7区2位、箱根では1区7位の吉田、5千で13分45秒を今月マーク、箱根では8区2位で走っている岩見、5千で13分50秒を今月マーク、前回の全日本では3区9位も箱根では9区で区間賞を獲得している神林、5千で14分2秒を今月マーク、ハーフで62分43秒のベストを持ち、箱根に続いてのエントリーとなった新号、5千で14分4秒を今月マーク、2年連続の全日本エントリーとなった松葉の6人。

3年生

5千で13分52秒を今月マーク、前回の全日本では1区7位、箱根では10区5位で優勝のゴールテープを切っている湯原、前回の全日本では8区7位、箱根では5区2位で走っている飯田、13分56秒のベストを今月マーク、1万で29分11秒のベストを持ち、3大駅伝初エントリーとなる高橋の3人。

2年生

5千で13分54秒のベストを今月マーク、ハーフで62分26秒のベストを持ち、前回の箱根に続いてのエントリーとなる宮坂、5千で13分51秒を今月マーク、ハーフで62分52秒のベストを持ち、2年連続の全日本エントリーとなった中村、5千で13分44秒と好タイムを今月マーク、前回の箱根に続いてのエントリーとなった近藤、5千で13分56秒のベストを今月マーク、3大駅伝初エントリーとなった横田の4人。

1年生

高校時代は都大路で1区区間賞、5千で13分55秒のベストを今月マークしている即戦力候補ルーキーの佐藤、高校ベストは14分18秒、今月14分12秒のベストをマークしている志貴、高校ベストは14分10秒、今月13分52秒をマークしている山内の3人。

今月の3日に行われた国士舘記録会で自己ベストラッシュとなった青学、エントリーされた16人中14人がその記録会で5千の自己ベストを更新しています。残る2人が記録会に出場していなかった竹石とベストに1秒届かなかった飯田だけですからね…唯一、まだ万全ではない岸本が外れていますが。箱根2区を任された選手なだけに、当然痛いはずですが…それを上回るだけの驚異的な選手層を誇ります。


3大駅伝経験者は6人エントリーとそれほど多くは無いですが、3大駅伝初出場でも当然のように好走するのが、青学の恐ろしさ・選手層でもありますからね。今回は監督も相当自信があるようで、これまでの実績や記録会の結果を見ても、強いことは間違い無さそう。そんな青山学院大学の区間配置予想は以下のとおりです。

区間配置予想

湯原③ー佐藤①ー飯田③ー岩見④
宮坂②ー近藤②ー吉田④ー神林④

1区は湯原、前回の全日本でもトップと18秒差の7位でまとめていますし、消去法でもあるのですが…大事な1区は経験のある選手が良いかなあということで、湯原のままとしています。2区は佐藤、前回も期待のルーキー岸本は2区を任されていましたし、今回も期待のルーキー佐藤に託すのは十分有り得そう。都大路1区区間賞の実績は伊達ではないですよね。


3区は飯田、8区をあまり2年連続で任せるということはしない傾向があり…直近で2年で8区を走っている鈴木も3年時は3区だったので…なんとなく合わせてみて3区としました。箱根の走りを見る限りは2年連続8区も十分任せられるとは思いますが…4区は岩見、距離が変更になってからの4区は2度とも4年生に任せている区間、エース級が別の区間であることを考えると、箱根でも好走している岩見が良いかなあ。

5区は宮坂、実力者が揃う2年生から2人は起用されるかなあと思っており…5千のベストだと近藤と中村がトップ2なのですが…宮坂は1万で29分10秒、ハーフで62分26秒をマークするなど、他の持ちタイムは4人の2年生の中でもトップなんですよね~評価も高そうなので、起用されるかなあということで、5区としました。


6区は近藤、13分44秒と吉田に次ぐタイムを今月マークしていたことを考えると、さすがに起用される可能性は高そう。ただ、これまでの実績を考えると負担の少ない6区あたりかなあと。7区は吉田、前回も区間2位で走っていますし、優勝を狙う大学は7区にエースを起用してきますからね。吉田を前半に起用する必要も無いでしょうし、ここは2年連続で託すのが安心なのではないでしょうか。


8区は神林、なんだかんだ上級生に任せることが多い最長区間、アンカー勝負になったときにも安心して最終区を任せる選手というと…神林が良いかなあ。箱根でも9区で素晴らしい走りを見せていますし、エース格の1人ですから。今のチーム状況ならば、吉田、神林を7,8区に残しても問題ないという思いもあります。

まあ、強いですよね~今月13分台のベストを出した選手だけで8人選ぶことも余裕ですし、今回は外して予想した選手の中にも…経験豊富な竹石や、13分台のベストを出した中村、横田、山内らがズラッといますからね。竹石は…監督が起用をどう考えるか次第ですが、実力は十分ですし、特に中村は8人に入ってもおかしくないかなあと。


これだけ好走している選手が揃っていると、主力どころであっても、ちょっとでも調子を落としている選手を無理に起用しなくても良いのが強みですよね。青学の強さは3大駅伝(特に箱根)への驚異的なピーキングと圧倒的な選手層にあると思うので…


皆さんの順位予想を見ても、現時点で1位となっており、4割の方は青学の優勝を予想されています。私も、一番の優勝候補はどこかと言われたら、青学だと答えます。それだけ、前回の箱根が素晴らしく、それ以降の自己ベストラッシュ、極めつけが今月の13分台ラッシュです。。。ただ、箱根ほど全日本では圧倒的な強さを誇っていないですし、岸本がいないという事情もあります。青学を倒す大学が現れるのか、それとも前評判通りの強さを見せて優勝を果たすことが出来るのか、やはり今年度も青学から目が離せません。

全日本予想

全日本の順位予想区間配置予想も受け付けております。
順位予想では1~10位になる大学、
区間配置予想では各大学ごとに1~8区に出場する選手を予想してください。

たくさんの投票をお待ちしております♪
※1人1票でお願いします~