第52回(2020年)全日本大学駅伝戦力分析&区間配置予想 ~城西大学~

続いては、城西大学の全日本大学駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。2年前は全日本で8位に入り、シードを獲得しましたが、前回の全日本は4区終了時で3位と好位置につけていたものの、5区以降は崩れてしまい、総合13位でシードを逃しています。今年度は箱根予選で3位、前回悪夢の15位で予選落ちから一気に上位での通過を果たしました。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

4年生

前回の全日本では3区2位と快走、箱根予選ではチーム3番手の18位と快走を見せている菅原、前回の全日本では2区12位と苦しい走りも箱根ではチームトップの8位と好走、前回の箱根予選も31位で走っている菊地、3大駅伝・予選会通じて初出場だった箱根予選で チーム4番手の49位といきなり快走を見せた梶川、ハーフで63分38秒のベストを持ち、箱根予選ではチーム9番手の144位で走っている雲井、唯一全日本を2度経験しており、2年の箱根では10区4位と好走している大里、今年度5千で14分26秒のベスト、前回の全日本ではエース区間の7区を任され18位で走っている田部の6人。

3年生

5千で13分54秒、1万で29分6秒のベストを持ち、箱根予選ではチーム2番手の13位と素晴らしい走りを見せた砂岡、1万で29分33秒のベストを持ち、箱根予選ではチーム6番手の111位で走っている宮下、5千で14分49秒、1万で30分27秒のベストを持ち、箱根予選に続いてエントリーされた石松の3人。

2年生

1万で29分36秒のベストを持ち、箱根予選ではチーム5番手の65位と好走を見せている藤井、1万で29分46秒のベストを持ち、1年時の箱根予選にも出場している熊谷の2人。

1年生

1万で29分39秒のベストを持ち、箱根予選ではチーム10番手の159位で走っている野村、1万で29分42秒のベストを持ち、箱根予選ではチーム7番手の115位で走っている山本唯、5千で14分24秒、1万で29分44秒を大学でマーク、箱根予選ではチーム11番手の221位で走っている山中、5千で14分19秒、1万で29分54秒のベストを持ち、箱根予選ではチーム8番手の125位で走っている山本樹、1万で29分50秒のベスト、箱根予選ではチーム12番手の237位で走っている堀越の5人。

箱根予選に出場した12人は全員全日本にもエントリーされています。前回4区5位で走っている松尾は箱根予選に続いて外れてしまいましたが、前回走っている大里は戻ってきました。1年前の箱根予選を走っている野上もいませんが…箱根予選3位通過のメンバーが全日本も中心になるでしょうし、比較的な順当なエントリーと言えそうです。そんな城西大学の区間配置予想は以下のとおりです。

区間配置予想

砂岡③ー菅原④ー藤井②ー宮下③
山本唯①ー大里④ー菊地④ー梶川④

基本的には箱根予選で上位に入った選手が中心となりますよね。今回の箱根予選で1~7番手に入った選手+大里という8人としてみました。また、城西は前回は前半に主力を投入してきましたが、基本的には前半と終盤を重要視している印象かなあ。それを踏まえて…1区は砂岡、箱根予選では素晴らしい走りを見せてくれましたし、さらに5千で13分台のスピードも考えると、1区を任せるのもありかなあと。砂岡の台頭は大きいです。


2区は菅原、菅原は5千、1万ともにチーム最速を誇り、前半のスピード区間で見てみたいところ。1区もあり得ると思いますが、他に任せられそうな選手がいるのであればエース級が集まる2区が良いかなあと。前回の全日本で好走しているのも心強いです。3区は藤井、こちらも箱根予選では好走を見せていますし、良かった選手を順に並べていくことになるのではないかと…


というわけで、4区は宮下、前半は箱根予選で2~5番手だった選手としています。宮下は上位4人とは少し離されてしまいましたが、1万の持ちタイムも良いですし、3大駅伝・予選会のエントリー自体初だった箱根予選で結果を残すのが素晴らしく…3大駅伝でも期待したくなります。

5区は山本唯、箱根予選は5人が出場したルーキーですが、いずれもチーム7番手以降だったことを考えると、全日本では1人か2人かなあと…ちなみに城西は過去3大会、1人もルーキーが走っていません。山本唯がルーキーの中ではトップタイムで走っていますし、その選手が全日本を走るのが無難かなあと。比較的負担の少なそうな5区としています。


6区は大里、箱根予選をエントリー漏れだったのは気になりますが、全日本にメンバー入りを果たすのであれば、出場するのは問題ないのかなあと。3大駅伝に3度とチーム最多出場を誇る選手ですし、走れる状態なのであれば頼もしいです。7区は菊地、前回の全日本は正直シードを狙うには厳しい戦力で前半からエース級をつぎ込みましたが、今年度はシード争いに加わる可能性も十分ありそう。となると、エース区間である7区は非常に重要になってきますので、長い距離に強いエースの菊地が良いんじゃないかなあと。


8区は梶川、3大駅伝の経験はありませんが、箱根予選での素晴らしい走りを見れば、8区を任せるのもありかなあと。他の上位陣よりはスピードタイプというわけではないので、重要度が高く最長区間である8区としました。

正直、箱根予選の前までは全日本にギリギリ出場権を獲得したものの、全日本は前回以上に厳しい戦いになるのではないかと思っていましたが…3位通過を果たしたことで一気に期待感が高まりました。1週間だった前回と違って2週間空いているのも大きいですし、箱根予選で見せたような走りが全日本でも出来るのであれば、本当にシードを獲得してもおかしくは無いですよね。


前回は箱根予選落ちしての全日本というなかなか心身ともに合わせるのが難しい状況でのレースでしたが、今回は会心の結果を受けてモチベーションも非常に高いでしょうし、2年前の再現、期待したいです!!

全日本予想

全日本の順位予想区間配置予想も受け付けております。
順位予想では1~10位になる大学、
区間配置予想では各大学ごとに1~8区に出場する選手を予想してください。

たくさんの投票をお待ちしております♪
※1人1票でお願いします~