2019年度 4年生特集 ~中央大学~

本日は中央大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で5人登録されています。現3年生から一気にスカウトがよくなってきた中央大学ですが…1年目に歴史的な箱根連続出場が途絶えてしまうという憂き目に遭い、3大駅伝経験者もわずかに3人という苦しんだ学年だったかなあ。しかし、1年目から主将を務めた舟津など、人数は少なかったですが、チームに欠かせない存在感を見せた学年でもありました。

舟津 彰馬

高校ベストは14分27秒、元々1500mで実績があり、1年の関東インカレ1部1500mで4位入賞を果たしています。そして、1年目から主将を任されたのにはびっくりしましたよね。。。全日本予選では最終組に抜擢されるも36位とさすがに厳しい走り…そして箱根予選にも早速出場し、チーム6番手の115位でまとめてはいますが、中央の箱根連続出場が途絶えることとなってしまいました。予選落ち後の舟津のコメントも印象的でした。。。その後、5千で13分50秒、1万で29分2秒までタイムを縮めています。5千は大学ベストですね。


2年時、全日本予選では3組でトップという素晴らしい走り、日本インカレ1500mでは入賞を果たしています。箱根予選でもチーム2番手の14位と素晴らしい走りを披露、さらに1万では28分35秒と大学ベストとなる素晴らしいタイムをマーク、箱根でも1区12位という走りを見せています。舟津が最も良かったのが結果としてこの2年時だったかなあ。。。


3年時は日本選手権1500mで8位入賞を果たしているものの、全日本予選は2組23位、箱根予選はチーム6番手の99位に留まり、箱根では山下りの6区を任され、区間17位…3大駅伝・予選会の全てで大きく順位を落としてしまいました。しかし、箱根後にはハーフで62分49秒と大学ベストをマークしています。4年時は関東インカレ1部1500mで3位表彰台に上がる走りを見せてくれました。箱根予選はチーム9番手の188位に沈んでしまい、箱根では3年連続のエントリーを果たしたものの、出場することはありませんでした。。。

二井 康介

高校ベストは14分31秒、1年の全日本予選から3組で出場を果たし、31位で走っています。箱根予選でもチーム5番手の110位で走っているわけですから、ルーキーとしては上出来と言って良いでしょう。さらに、5千では14分22秒、1万では28分56秒を叩き出しました。1年目の走りを見たときには、今後エース格の1人と期待していた選手なのですが…


その後はもう本当に故障に悩まされ続けましたよね…2年の全日本予選にエントリーされたものの、出場には至らず…3年の箱根予選に2年ぶりに出場を果たしましたが、チーム10番手の186位…箱根へのエントリーもありませんでした。4年の全日本予選、箱根予選のいずれもエントリー漏れだったときには、箱根出場は厳しいかと思いましたが、ハーフで64分54秒と大学ベストを上尾ハーフでマークすると、箱根では10区を任されて区間6位と最初で最後の箱根で素晴らしい走りを見せて有終の美を飾ったのが本当に良かったですね。

田母神 一喜

高校ベストは14分29秒、それ以上に800mや1500mで活躍を見せていましたよね。1500mはインターハイ王者でもありましたし…さらに、1500mは2年時に日本選手権で7位入賞、3年時には3位と表彰台に上がる走りを見せています。大学トップクラスというだけではなく、日本トップクラスの走りを見せていましたよねー。そのため、当然中距離を中心として長い距離は走ってこなかったのですが…全日本予選で予選落ちとなって以降、長距離の練習を本格的に始めると、1万mで29分30秒、ハーフで65分0秒というタイムをマークしてしまうのですから、凄いとしか言いようがないですね。箱根も出場こそなりませんでしたが、16人のメンバー入りを勝ち取ったのも素晴らしかったです。

冨原 拓

高校ベストは14分18秒、この5人の中では最も良いタイムを有しています。1年時にこのタイムを14分13秒まで縮め、これが大学ベストとなっていますね。2年時に1万で29分36秒、ハーフで65分17秒と大学ベストと鳴るタイムをマーク、箱根にも山下りの6区で出場を果たしましたが、ここでは区間18位と苦しい走りとなりました。3年時は全日本予選、箱根にエントリーされたもののいずれも出場出来ず…4年時は3大駅伝・予選会のいずれもエントリーされずということで、2年の箱根が最後の3大駅伝出場となってしまったのは残念でしたね…

岩佐 快斗

高校ベストは14分46秒、2年時に5千で14分40秒と大学ベストをマークすると、箱根予選にも出場し、チーム8番手の75位と上々の走りを見せました。箱根にもエントリーされましたが、残念ながら出場には至らず…3年の箱根予選、箱根もエントリーされながら出場ならずともどかしい状況が続きます。4年時には1万で29分56秒、ハーフでも64分16秒とタイムを伸ばし、全日本予選、そして箱根は3年連続のエントリーを果たしたのですが、3度目の正直とはならず…3大駅伝出場にはあと一歩届きませんでした。

箱根予選の順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします