第51回全日本大学駅伝(2019)戦力分析&区間配置予想 ~東京国際大学~

続いては、東京国際大学の全日本大学駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧はこのようになっております。全日本は初出場ですが、全日本予選で驚異のトップ通過、國學院と並んで最も勢いのある大学といって良いでしょう。初の全日本でどんな走りを見せてくれるのか、期待は高まるばかりです。

4年生

伊藤 達彦、真船 恭輔、内山 涼太、山瀬 大成、佐藤 雄志、相沢 悠斗

ユニバハーフで3位、全日本予選でも4組10位で走っているエースの伊藤、前回の箱根では3区10位の好走、全日本予選でも3組10位で走っている真船、5千で14分5秒を今年度マーク、前回の箱根では10区18位で走っている内山。


前回の箱根予選では88位、箱根では8区6位とハーフの距離で好結果を残している山瀬、5千で14分17秒、1万で29分39秒のベストを持ち、全日本予選では2組5位と好走している佐藤、ハーフで63分3秒のベスト、前回の箱根予選では20位で走っている相沢の6人。

3年生

佐伯 涼、内田 光、中島 哲平

5千で14分24秒のベストを今年度マーク、全日本予選で3組17位で走っている佐伯、1万で29分51秒のベスト、全日本予選で1組6位でh差言っている内田、今月1万で29分53秒を今月マーク、3大駅伝・予選会通じて初エントリーとなった中島の3人。

2年生

芳賀 宏太郎

1万で29分37秒のベストを持ち、箱根では7区6位で走っている芳賀が唯一のエントリー。

1年生

L・ムセンビ、丹所 健、山谷 昌也

5千で13分45秒、1万で28分39秒のベストを持つムセンビ、全日本予選で2組6位、5千で14分5秒、1万で29分30秒と走るたびに自己ベストを更新している丹所、5千で14分0秒、1万で29分42秒をいずれも今年度にマークしている山谷の3人。

区間配置予想

エースのヴィンセントが外れていますね。これは、全日本はムセンビに託し、箱根予選はヴィンセントということでしょう。留学生が2人いるとこんな戦略も取れますもんね。ハーフで良いタイムを持っている栗原、原田らは外れていますね。全日本予選では1組18位で走っている熊谷も外れる状況。それでも、戦力的には十分に感じるほどに揃っていますね。そんな東京国際大学の区間配置予想は以下のとおりです。


丹所1- ムセンビ1 -山谷1-佐伯3-芳賀2-山瀬4-伊藤4-真船4


1~3区にルーキーと予想してみました。重要度は高いけれど、距離は短い区間のほうが期待のルーキーを起用しやすいかなあと。1区は丹所、もう走るたびに自己ベストを更新し、勝負レースでも結果を残していますからね。1区でも見てみたいなあと。2区はムセンビ、最長区間の8区ももちろんあり得るとは思うのですが、ムセンビを8区まで温存する余裕が無さそうなんですよね。となると、前半の重要区間である2区が良いかなあと。


3区は山谷、山谷の1区も面白いかなあと思ったのですが、丹所1区と予想したので、1区で無いのであれば距離が短い前半の3区あたりかなあと。東国大期待のルーキー2人はどちらも全日本で見てみたい選手です。4区は佐伯、箱根も経験している選手ですし、全日本予選もしっかりと走っていますからね。全日本予選は3年連続で後半の組を任されるほどですし、全日本も大事な4区で見てみたいなあと。


5区は芳賀、箱根予選にはエントリーされていないのですが、全日本は縁問r-。そして先日も走っていましたし、全日本だけの出場もあり得るのかなあと。ただ、今年度はあまり目立った走りは出来ていないだけに、比較的重要度の低い5区あたりでどうかなあと。6区は山瀬、後半の3区間は最上級生に任せたいですし、7,8区はエースたちに託したいですよね。となると、エース級では無いものの、ロードで安定した走りを見せている山瀬でどうかなあと。


7区は伊藤、今のチーム状況ならば、伊藤を7区にも残せそうかなあと。まあ、何度も何度も書いている通り、2週連続でハーフの距離を走らせる可能性は低いかなあと思いつつ、そこまで考慮するともはや予想ができないので…エースにはエース区間の7区を走ってもらうということで。8区は真船、前回の箱根、そして全日本予選と続けて好走しているのは心強い限りですよね。長い距離ももちろん問題ありませんし、最長区間の8区を任せるのにふさわしいかなあと。


今回は予想しませんでしたが、全日本予選で好走している内田、佐藤の他にエース格の1人である相沢もいますからねえ。選手層の厚さがもはや箱根シード校クラス?と思ってしまうほどに。。。さすがに箱根予選に全力を注ぐでしょうし、即シードが取れるほど全日本は甘くはないでしょうが、ある程度戦える陣容にはなりそうですよね。


全日本予選のトップ通過でチームもますます良い雰囲気でしょうし、各学年にエース格がいて、さらに留学生エースと並ぶ伊藤の存在も大きい。今後、ますます東国大は強くなっていくのではと期待を抱かせるチームです。そんな今後につなげていくためにも、まずは初出場となる全日本で存在感を見せてほしいものです!!





全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!

箱根予選の順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします