2019年 トラックシーズン振り返り ~順天堂大学~

 トラックシーズンの振り返りも最後になります。順天堂大学について5千、1万で自己ベストを出した選手を中心に振り返ります。選手一覧はこのようになっております。主力どころがタイムを伸ばしてきましたのは良かったですね。仕事が忙しく、なかなかブログを更新するのが難しい状況なのが申し訳ないです。。。

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

5000m:12点(1,4、5位)

清水が13分51秒を叩き出してチームトップに。セカンドベストを7秒更新してきました。そのセカンドベストも今年の3月にマークした13分58秒ですし、既に2度13分台をマークしているのが心強い限り。関東インカレ5000mでもチームトップでしたが、24位ともう一歩…持ちタイムは十分、後は勝負レースで結果を残すだけなんですけどね~


同じく3年の野口も14分ジャストのベストをマークしてチーム4番手に。13分台も目前ですね。こちらも14分3秒のセカンドベストを今年の7月にマーク、好調を維持しています。長い距離でも結果を残しつつありますが、やはりそのスピードは抜群ですね。


藤曲は14分4秒でベストを6秒更新し、チーム5番手となっています。トップ5のうち3人がタイムを更新していますね。1万でもベスト更新、勝負レースでも結果を残してきていますし、エース格の1人も着実に結果を残してきています。



トップ10圏外では、4年の小畠が14分21秒、高林が14分28秒とともに14分20秒台でのベスト更新となっていますね。ここまで目立つのは上級生の走りですかねえ。ただ、ルーキーも関東インカレに伊豫田、平がともに5千で出場するなど期待の大きさは伺えます。今年度は総合力で勝負する年となりそうなだけに、即戦力ルーキーの台頭も待たれますね。

10000m:6点(1、10位 )

藤曲が28分47秒を叩き出して自己ベストを31秒更新、チームトップタイムを有することに。走るたびにタイムを伸ばしてくる印象ですが、ついに28分台&チームトップにまで躍り出ました。全日本では主要区間の2区を任され、箱根では7区。今年度はエース区間を担い続けて欲しい選手です。


小畠は29分35秒でベストを12秒更新してきており、チーム10番手にランクイン。藤曲、小畠と4年生コンビが5千、1万とダブルベストと好調を維持しています。橋本、野田といった1年時から活躍する4年生がやや奮わないだけに、二人の台頭は頼もしいですね。


関東インカレ1万ではその藤曲が22位、橋本も23位で走っており、順位としてはもう一歩ではありますが、特に橋本が関東インカレに走れるまでに戻してきたのは収穫かなあ。本来であればエースとして活躍して欲しい選手ですからね。

その他種目

関東インカレでは、1500mの活躍がまずは目立ちましたね。野口が4位入賞で前年度の6位に続いて2年連続入賞を果たしていますし、原田も2年連続の8位に入り、ダブル入賞を果たしました。2年連続でともに結果を残してくるのが素晴らしいですね。


ハーフでは難波が7位に入り、こちらも前回の8位続いての連続入賞です。ハーフとはいえレベルの高い1部において2年連続入賞は力が無いと出来ないですよね。前回の箱根は出場出来ませんでしたが、長い距離で引き続き結果を残していってくれれば。


3000m障害は入賞どころか誰も決勝に進めなかったのは、残念でしたねえ。。。復活を期す野田も出場しましたが届かず…それでも、橋本、野田、難波の3人が揃って出場してきたのは収穫でしょう。駅伝シーズンには万全の状態で臨んで欲しいものです。

箱根の結果によって全日本予選は免除されたことで、無事に3大駅伝フル出場を決めた順大、もう何度も言われているように、やはり大エースの塩尻が抜けた影響をどう最小限に抑えるかですよね。序盤で出遅れてしまったとしても、そこから一気に巻き返してくる塩尻の存在はチームにとってあまりにも大きすぎましたからね~

出雲は2年前には4位と好順位で走っているんですよね~あの時の経験者は清水、野口、野田、橋本と4人が残っています。今回も期待の1年生を試しつつ、重要区間は頼りになる上級生に任せるパターンかなあ?長山、伊豫田、平ら期待のルーキーがどれだけメンバーに入ってくるかも注目です。

全日本は前回13位、あまり目立つ区間もなく終わってしまったのが残念。。。出雲と違ってこちらは上級生が中心になってきそうかなあ?1年生の台頭も楽しみですが、前回全日本を走った小島やタイムを着実に伸ばし、関東インカレ1万にも出場した牧瀬といった2年生の台頭にも期待したいところです。

箱根は前回シード立役者の2区塩尻、5区山田攻が抜けたことにより、最も前回からの戦力ダウンが大きい大会となりそうなのが不安ですね。。。ただ、前回は難波、野田といった現4年生が出場出来ませんでしたし、箱根予選で好走した野口も外れてしまいました。そう考えると、前回出場出来なかった主力が戻ってくれば、ある程度は穴埋めは出来そうかなあとも思うんですよね。

そこに、新戦力の台頭も期待出来そうですし、上級生になってタイムを伸ばしてきている選手もいます。まずは全日本は前回以上の順位、そして箱根は2年連続のシードというのが目標になってきそうかなあ~楽しみな選手は揃ってきているだけに、各選手がその力を存分に発揮して欲しいものです!!

全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします