2019年 トラックシーズン振り返り ~上武大学~

続いては上武大学についての走りを5千、1万で自己ベストを出した選手を中心に振り返ります。選手一覧はこのようになっております。

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

5000m:6点(3、8位)

佐々木が14分24秒でベストを6秒更新し、チーム3番手にまで浮上してきました。これまでの実績を考えれば、まだまだタイムを更新出来そうな気がしますけどね~主力どころでは、5千、1万のいずれも更新した唯一の選手ですね。さらに、ハーフでの実績を考えれば、今のエースは佐々木が相応しいですよね。


また、同じく主力の1人である坂本が14分32秒でベストを6秒更新し、チーム8番手に入っています。全日本予選では最終組を任せられるほどですし、こちらも長い距離で結果を残してきた一方で短い距離でタイムを更新しています。ただ、5千で14分20秒切りが1人もいないというのはちょっと寂しい気も・・・関東インカレに出場出来たのも岩崎一人で結果も20位でしたからねえ。

10000m:12点(2、3、7、10位 )

佐々木が29分37秒をマークしてベストを19秒更新、チーム2番手に入っていますね。全日本予選では1組に回りましたがここで4位と好走、ここ最近の勝負レースで失敗だったと言えるのは、3年の箱根で6区22位になってしまったくらいでしょうか。2年時からチーム内における安定感ではトップクラスと言えるのでは。


同じく4年の鴨川も29分45秒でベストを1秒ですが更新、チーム3番手となっています。鴨川は3年時以降は持ちタイム3部門全てで着実にタイムを伸ばしているのですが、勝負レースとなるとまだ結果を残せていないんですよね。箱根では3区、全日本予選では最終組を任されるなど期待値は高いと思うのですが、全日本予選では最下位でしたし、、、箱根予選ではチーム唯一の63分台のベストを持つ走りを見せてほしいのですが。


岩崎も30分7秒でベストを5秒更新し、チーム7番手、橋立が30分17秒でベストを6秒更新し、チーム10番手となっています。橋立はセカンドベストも今年度マークしていますし、着実にタイムを縮めてきているかなあ。岩崎も全日本予選では3組を任されていますし、5千、1万ともに主力どころが自己ベストを更新している印象です。

その他種目

1500mでは、齋藤が3位と表彰台に上がる走りを披露しました。高校ベストが16分48秒の選手が4年間で関東インカレで表彰台に上るまでになるというのは感慨深いですね。。。


ハーフでは佐々木が3位とこちらも表彰台に上がる走り、青学、駒澤、帝京、國學院といった箱根で上位に入った大学の有力選手がずらっと揃う中で3位に入ってくるのは驚異的と言えるのでは。2人で12点を獲得したのは大健闘と言って良いと思います。特に佐々木の走りは箱根予選に向けてもチームに希望を与えますよね。

全日本予選では18位と前年度の17位から1つ順位を落としてしまう結果、全日本出場を既に決めていた大学が10校に増えた中でのこの走りはなかなかに衝撃的でした。確かに持ちタイムでは18番手でしたが、そこから大幅な順位アップも狙えると思っていたのに、まさかタイム通りの順位に留まってしまうとは・・・

何度もブログで書いている通り、箱根連続出場に向けて、過去最大の危機を迎えていると言って良いでしょう。主力が揃っていた太田黒世代が抜けた一方、トラックシーズンを見ても目立った新戦力というのはなかなか見当たらず・・・1,2年生でも箱根予選に出場する12人に入ってくるのは感覚的には源川を含めて1,2人くらいかなあという気が…

前回は増枠に救われてのギリギリ通過、今回はその増枠も無くなって箱根出場枠は10枠、そこに上武が入ってくるのは容易では無いでしょう。夏合宿を経て戦力となってくる選手がどれだけいるのか、そして上武得意の集団走、箱根予選のノウハウでどれだけ他大学に喰らいついていけるかが、初出場からの連続出場を途切れさせないために必要かなあ。これまでも難しいと言われながらも凌いできた上武、今回もそのギリギリでの強さを見せてほしいものです!!

This content cannot be displayed in widgets.