関東インカレ2019 1部1万m ~法政の佐藤が3位表彰台!!~

いよいよ関東インカレが始まりました。本日行われた1部の1万mについて振り返っていきます。公式結果はこのようになっております。入賞した8人は以下の通りです。入賞した選手を中心に振り返ります。

 

順位 氏名 所属 記録
1位 ジェームズ ブヌカ(2) 駿河台大 28:37.15
2位 チャールズ ドゥング(1) 日大 28:38.90
3位 佐藤 敏也(4) 法大 28:41.58
4位 ライモイ ヴィンセント(2) 国士大 28:53.48
5位 荻久保寛也(4) 城西大 28:57.12
6位 太田 智樹(4) 早大 29:01.06
7位 ボニフェス ムルア(1) 山梨学大 29:09.87
8位 小袖 英人(3) 明大 29:10.09

 

優勝したのは、28分37秒をマークした駿河台のブヌカ、28分38秒をマークした日大のドゥンガとのラスト勝負を制しました。前回は2部8位だった選手ですが、1部でいきなり優勝とは凄いですね。。。駿河台は2部では短距離などでポイントを稼いでいましたが、長距離もブヌカがいきなり8pt獲得してくれたのは大きいですね。強いです。

 

2位に入った日大のドゥングも優勝には届かずもさすがの走りですね。日大の留学生は本当にずっと安定した強いですね。実業団経由というのもありますが、ドゥングも初の関東インカレで早速結果を残しました。

 

そんな留学生に割って入って3位と表彰台に上がったのが法政の佐藤、ダブルエースの1人としてロードで活躍を続けていましたが、トラックでも28分41秒を叩き出したの3位はすさまじいですね。トップとは4秒差、4位には12秒をつけていますし。。。ロードだけではなく、トラックでもトップクラスのランナーに。関東インカレ1部1万mで日本人トップは最強の証という印象です。今後に向けても頼もしい限り。

 

4位に28分53秒をマークした国士舘のヴィンセントが入りました。優勝候補の1人に挙げられていただけに、4位というのはもう一歩という結果かもしれませんが、それでも28分台できっちりと4位に入ってくるのはさすがですね。箱根駅伝以降、ロードで強さを見せ、トラックシーズンでも強さを見せていましたが、関東インカレでもしっかりと走ってきました。

 

5位に城西の荻久保が28分57秒で走ってきましたね。ここまでが28分台となっていますね。箱根駅伝の欠場は本当に残念でしたが、4年時になって完全復活の走り、エースが戻ってきたのは城西にとって非常に大きいです。3年の出雲、全日本も好走しており、もうずっと外すレースが無いのが凄いですよね。この大舞台でも全体5位、日本人2位の快走を見せています。

 

6位に29分1秒をマークした早稲田の太田智、こちらも箱根では2区で下位に沈んでしまったエースの復活という走りに。箱根に出場出来なかった荻久保や箱根で悔しい想いをした太田智といった4年生エースが最後の関東インカレで入賞する素晴らしい走りを見せてくれるのは嬉しいですね~箱根シード落ちからの復活を期す早稲田にとって、2年連続で入賞をはたした太田智は本当に頼もしい存在となりそう。

 

7位に山梨学院のムルアが29分9秒で入ってきました。入賞は最低限の結果か。ここまでの走りを見れば、表彰台に上がってもおかしくないほどでしたからねえ。ここで2pt止まりだったのは、ちょっと残念だったかなあ。

 

8位に明治の小袖が29分10秒で入ってきました。3年生トリオが出場して注目していた明治ですが、ポイントをもぎ取ってきましたね。阿部以外ではなかなか入賞は難しいかなあと思っていたのですが、さすがは次期エースとして期待がかかる小袖。有力選手が揃う中、しっかりと結果を残してきました。

 

入賞した選手以外を見ていくと…箱根王者の東海は誰も入賞出来なかったんですよね~鬼塚が29分22秒の9位と入賞に一歩届かず、塩澤も29分32秒の12位止まりとなりました。箱根8区区間新の小松は33位と撃沈してしまうことに…一方で10位に入った日体大の池田、11位に入った中央の森凪也は上出来と言って良いのでは?特に今年度になって一気にタイムを伸ばしてきた森がここまで走るのは衝撃的…主力になってくれれば大きいですね。

 

もう一歩だったのは…国士舘のギトンガは19位どまり、前回4位入賞を果たした東洋の西山は20位と苦しい走りに…特に西山は昨年度の駅伝シーズン以降、安定感が失われ気味なのが気になる…逆に、東洋ルーキーの前田が29分44秒で21位に入ったのは上々の走りと言えるのでは。

This content cannot be displayed in widgets.