関東インカレ2019 エントリー考察(順大、上武、そのほか)

いよいよ、明日から関東インカレが始まりますね。関東インカレのエントリーについて考察していきます。最後は、1部に属する順天堂大学、2部に属する上武大学に加え、その他有力選手を見ていきます。

 

順天堂大学

1500m(野口③、原田②、森④)

最も点数が狙えるのがこの種目かもしれません。野口は3分45秒というベストに前回も6位入賞を果たしている選手、原田は3分49秒のベストに8位入賞とダブル入賞コンビなんですよね。野口はさらに力をつけてきていますし、さらなる上位入賞も期待できる選手です。森は3分53秒のベストとなっています。

 

5000m(清水③、伊豫田①、平①)

13分58秒を今年度マークした清水がまずはエントリー。エース候補と言われながらもここまでは苦しい走りも多いですが、上級生となってより結果を求められることとなりそう。残る2人は14分6秒を持つ伊豫田に14分18秒を持つ平というルーキーコンビが入ってきました。ともに、大学に入ってからも5千で好走している二人ですし、その期待に応える走りを見せてほしいです。

 

1万m(藤曲④、橋本④、牧瀬②)

28分47秒のベストを今年度マークした藤曲、28分52秒のベストを持つ橋本の二人がやはり強力かなあ。特に橋本は前回も6位入賞を果たしている実力者であり、2大会連続での入賞も期待されます。藤曲も3年時には一気に伸びて主力の仲間入りを果たし、今年度もベスト連発と好調です。牧瀬は1万mで29分26秒のベスト、まだ関東インカレとなると厳しそうな気もしますが、伸びてきている選手で楽しみです。

 

ハーフ(難波④、鈴木④、矢野③)

難波はハーフ換算で62分台のベストに加え、前回は8位入賞しているのも心強いです。長い距離で結果を残していますし、2年連続の入賞といきたいところですよね。鈴木は64分21秒のベストに加え、箱根では10区14位で走っています。矢野がエントリーされたのはちょっと意外でしたね。確かに1万mで29分49秒のベストは持っていますが、ハーフベストはギリギリ66分台という状況ですし…抜擢されるだけ伸びてきているということならば、楽しみ。

 

3000m障害(野田④、森下③、長山①)

8分58秒の自己ベストを持つ森下は前回も出場していますが、予選では9分30秒の12位に終わっています。前回とは違う走りを見せてほしいところ。野田が3000m障害にエントリーされたのはちょっとびっくりでもありますが、前回の箱根予選以降の状況を考えると、ある意味納得な気も…1年時にこの種目に出場し、8位入賞を果たしています。資格タイムは9分17秒ですが、どこまで合わせられるか?長山は8分57秒というベストにインターハイ決勝にも進んでいますし、楽しみなルーキーですね。

 

上武大学

1500m(齋藤④、生方①)

3分51秒のベストを持つ齋藤は前回も出場して4位入賞を果たしている実力者、今回もポイントを最も期待出来る選手となるかも…箱根1区を走るまでに1万mやハーフでも結果を残してきた選手ですからね。ルーキーの生方はインターハイ1500mにも出場している選手。3分54秒のベストも持っていますし、1年目からどこまで戦えるかも楽しみ。

 

5000m(岩崎③)

5千で14分25秒のベストを持つ岩崎が唯一のエントリーとなっていますね。ハーフで64分22秒のベストを持っていますし、長い距離中心かなあと思ったのですが、5千はちょっと意外。この距離だとさすがに厳しそうですが、果たして…?

 

1万m(鴨川④)

29分45秒のベストを持つ鴨川が唯一のエントリー。このベストも先月マークしていますし、走るたびにベストを更新していますよね。伸びてきている選手の1人ではありますが、留学生や箱根上位校が揃う中ではさすがに厳しそう。。。5千も1万も1人しかエントリーされないのはちょっと寂しいなあ。。。

 

ハーフ(佐々木④、武田④、野上④)

64分26秒を持つ佐々木、65分8秒を持つ武田、65分11秒を持つ4年生トリオがエントリーされてきました。中でも佐々木は箱根予選や箱根の経験も豊富で結果も残していますし…今回入賞を果たすのであれば、佐々木が最も可能性が高そうかな?武田は箱根予選や箱根にエントリーされ、野上のベストは学生ハーフで出したものですし、関東インカレハーフが得意な上武の力を見せてほしいです。

 

3000m障害(後閑①)

9分11秒のベストを持つ後閑が唯一のエントリーとなっていますね。インターハイにも出場はしていませんし、タイム的に見ても決勝進出はなかなか厳しそうかなあ。

 

その他大学

 

5000m(1部)

1部には駿河台が上がってきているんですよね。13分42秒を持つジェームスは前回の2部でも好走している選手ですし、1部で入賞してもおかしくない選手ですよね。そして、13分57秒を持つ吉里もいるんですよね。箱根出場校でない1部校となると、この距離は苦戦しそうですが…駿河台には日本人選手も含め、楽しみな2人が揃っています。筑波大学も14分5秒を持つ藤田に14分21秒を持つ池田と揃っています。

 

2部はやはり留学生ですかねえ。桜美林大学のキサイヤは前回覇者で13分24秒のタイムを持つ留学生の中でも力が抜けた存在となっていますし、ルーキーのカイオキも13分49秒のベストですからね。他にも日薬大のキプリモ、武蔵野学院のワンブア、平国大のカマウら留学生がずらっと揃います。日本人選手では、前回5位に入っている専修の長谷川がやはり強いですね。

 

1万m

1部では、5千に続いて駿河台のブヌカがエントリーされていますね。27分45秒というベストを持っていますし、こちらも入賞争いに絡んできそうかなあ。他の留学生相手にどこまでいけるか。

 

2部では、27分43秒を持つ桜美林のキサイサが実績でも走力でも抜けていますね。日本人選手だけではなく、他の留学生選手でも太刀打ちできない気がします…他にも日薬大のキプリモ、武蔵野学院のワンブアらがダブルエントリーしていますね。

 

ハーフ

1部で、ハーフで戦えそうとなると、筑波の金丸かなあ。64分28秒のベストという箱根出場校にも負けないタイムも持っていますし、前回も19位で走っています。

 

2部では、東農大のエースである川田が63分2秒のベスト、63分16秒のベストを持つ麗澤のエースである国川あたりに注目でしょうか。この持ちタイムは箱根出場校とそん色ないですし、エースがハーフに出場となると、入賞争いに絡んでくることも期待したいです。

This content cannot be displayed in widgets.