2018年度 大学別振り返り ~神奈川大学~

続いては、神奈川大学について、この1年間の走りを、時系列で簡単に振り返っていきます。選手一覧3大駅伝結果はこのようになっております。全体的には箱根予選こそ良かったものの、全日本、箱根は苦戦したという感じですね。特に全日本は前年度の王者として臨んだ大会でしたから余計に…

 

~トラックシーズン~

4月、5千では成瀬が14分10秒で自己ベスト、1万mでは新エースとして期待される越川が28分53秒でチーム2人目の28分台ランナーに。北崎が29分40秒、安藤が29分43秒でともにベストを出すなど、まずは好スタートを切りました。5月にはルーキーの川口が早速5千で14分11秒と高校ベストを更新しています。

 

関東インカレ2部では、5千で山藤が7位、1万mでも7位に入り、ダブル入賞を果たしました。さすがはエースという走りを関東インカレという大舞台で見せてくれました。ハーフでは安田共が6位入賞、北崎も10位と入賞に届かず好走を見せるなど、ハーフでの躍進も目立ちました。3000m障害では荻野が3連覇を達成、もはや2部では敵なしの走りを見せると、ルーキーの西方も3位とダブル表彰台に上る快挙を達成しました。

 

6月には杉が13分58秒でチーム4人目の13分台ランナーに到達。多和田が14分4秒、北崎が14分13秒、安藤が14分16秒と立て続けに好タイムでの自己ベストをマークしています。7月には越川が5千で14分1秒のセカンドベスト、北崎も1万mで29分58秒はセカンドベストですねえ。

 

トラックシーズンを見る限りは、自己ベストを出した選手も多かったですし、関東インカレも山藤以外と荻野以外も入賞を果たす選手が複数出てくるなど、収穫の多いシーズンと言えたのではないでしょうか?

 

~駅伝シーズン~

そして迎えた箱根予選、越川が15位、山藤が16位とダブルエースがきっちりと稼ぐのは計算通りですが…24位に多和田、43位に井手が入ってきたのはちょっとびっくりだったかなあ。多和田は長い距離の実績はまだ無かったですし、井手もまだ当時は未知数という印象だったので…他の選手も粘りの走りを見せ、100位以内に7人、10番手でも112位という安定した走りで見事に3位通過を果たしました。

 

11番手が189位だったのは気になるところですが、結果としては上出来と言って良いでしょう。同じ10月、5千ではルーキーの落合が14分6秒と見事な走り、1万mでは藤村が29分45秒、これまたルーキーの安田響が29分54秒と自己ベストで走るなど、主力以外の台頭も見られる走りとなりました。

 

前回王者として迎えた全日本では、1区の山藤が区間9位とやや出遅れてしまい…3区多和田が区間14位で総合でも12位まで下がってしまうことに。その後は5~7区がいずれも1桁順位、特に新エース区間の7区で井手が区間9位で走ったことは大きな収穫でしたし、アンカーの越川も区間6位の走りで前を追い、13→10位と3つ順位を上げましたが、残念ながらシード獲得には至らず…鈴木健世代の抜けた影響を改めて感じてしまう結果となりました。

 

上尾ハーフでは、佐久間が64分ジャスト、安田響が64分50秒、藤村が64分58秒で64分台のベストを出した他、65分10秒で鈴木健太、65分21秒で原塚がベストで走っています。全体的に出場した選手も少なかったですが、もう一歩という結果だったかなあ。12月には、落合が29分25秒と5千に続いて1万でも好タイムを叩き出した他、菊池が29分49秒、西方が29分54秒でこちらもベストを出しています。

 

箱根駅伝では、1区山藤が15位、2区越川も15位とダブルエースがともにもう一歩という走りだったのがまずは痛かったですね…3区井手は区間9位で粘りましたが、4区枝村が区間21位、5区小笠原は区間最下位に沈んでしまってはどうしようもなく…往路は18位フィニッシュとなりました。

 

復路は前回5区で苦しんだ荻野が今度は6区で7位と上々の走りを見せた他、北崎が9区4位で走ったのは大きな収穫となりました。3年生が中心のチームにおいて、井手、北崎と2年生が台頭してきましたからね。総合えは16位となり、往路から2つ順位を上げる結果となりました。

 

箱根後は藤村が64分8秒、小笠原が64分27秒、森が64分40秒と64分台での自己ベストをマークするなどまずまずの走りを見せています。うーん、全日本も箱根もシード争いにほとんど絡めずにシード落ちとなってしまった状況を見ても、良かったとはやはり言えないかなあ。

 

コンスタントに自己ベストを出す選手は出てきていたのですが、どうしても全日本、箱根で結果を残せないと、評価は厳しくなってしまいますよね。ずっと箱根は15位前後が続いていて、そこから一気にチーム力も急上昇となったのですが、またその位置に戻ってきてしまった印象…来年度に向けては、エースの越川を始め、井手ら台頭してきた選手もいますし、タイムを伸ばしてきた選手が、今度は勝負レースでも活躍を見せてほしいです!!

箱根予選の順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします