全日本大学駅伝2018 戦力分析&区間配置予想 ~東海大学~

この土日での記録会はコンディションも良く、好タイムも連発しましたね。そんな中、公式エントリーはまだかなあと思いつつ、今日は東海大学の戦力分析&区間配置予想をしていきます。前回の全日本では7区までトップを守るも、8区で逆転を許しての2位、出雲も3位と苦戦しましたが、もちろん狙うのは頂点のみでしょう。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

4年:湊谷 春紀、湯澤 舜

3年:鬼塚 翔太、關 颯人、小松 陽平、

   松尾 淳之介、高田 凜太郎、郡司 陽大、

   中島 怜利、西川 雄一朗、館澤 亨次

2年:塩澤 稀夕、西田 壮志

1年:エントリー無

 

4年生からは、前回の全日本では5区2位、出雲に続きエントリーされた湊谷、出雲で6区4位で走っている湯澤の二人。

 

3年生からは、出雲はメンバー入りを果たしたものの、コンディションが上がらずに3大駅伝で初めて出場を逃した鬼塚、前回は4区6位、出雲では4区2位で走っている關、5千で13分59秒、1万mで28分35秒のベストを持ち、3大駅伝初エントリーを果たした小松、2年の出雲では3区4位、5千で13分54秒、1万mで28分50秒のベストを持ち、2年の出雲では3区4位で走っている松尾。

 

5千で13分57秒、1万mで28分57秒のベストを持ち、1年の全日本では5区5位で走っている高田、出雲では5区3位で走っている郡司、出雲では3区12位と非常に苦しい走りとなってしまった中島、出雲では1区6位で走っている西川、出雲で2区2位で走っている館澤の大量9人。

 

2年生からは、前回の全日本で2区5位、1万mで28分36秒のベストを持つ塩澤、先日1万mで28分58秒のベストをマーク、関東インカレ1部ハーフでも4位に入っている西田の2人。

 

1年生からは、残念ながらエントリーはありませんでした。

 

記録会を見ていると、西田が28分台をマークし、鬼塚もある程度戻してきているようで全日本は出場出来そうかなあ?松尾も入ってきてだいぶ戦力は戻ってきていますが、4年の三上、3年の阪口といった実力者2人は全日本にも間に合わず…まだベストメンバーと比べると物足りない印象です。持ちタイムは文句が無いのですが…そんな東海大学の区間配置予想は以下のとおりです。

 

西川(3)ー館澤(3)ー鬼塚(3)ー湊谷(4)

西田(2)ー松尾(3)ー關(3)ー湯澤(4)

 

1,2区は出雲と同じ西川、館澤にしてみました。鬼塚は戻してきたとはいえ、まだ万全とは言い難い状態ですし、塩澤も今日の記録会を見る限りはまだまだかな…そして他に1区経験者もいませんからね。鬼塚以外で1区を安心して任せられる選手というのも東海には必要になってきそう。

 

2区の舘澤は距離も2番目に短い区間ですし、やはりここに館澤がいることの安心感は別格ですよね。チーム随一の安定感を誇りますし、2区が合っているのかなあと。3区は鬼塚、出雲記録会からはだいぶ調子も上がってきているようで、全日本には間に合いそうかなあ&主要区間は難しそうとなると、距離も短いながらも前半の3区あたりが良いのかなあと。万全ならば、やはり安心の1区を走ってもらいたい気もします。

 

4区は湊谷、個人的には1,2,7,8区が重要そうと思われる中で、中間の4区も大事に思っているんですよね~前回、全日本で好走し、安定感のある最上級生の湊谷に任せるのが良いかなあと。5区は西田、直近で28分台を出していますし、そろそろ3大駅伝を走ってもおかしくない選手だと思いますし、まずは5区あたりから経験を積むのがよさそうかなあと。ゆくゆくは主要区間を担って欲しい選手ですよね。

 

6区は松尾、こちらもコンディションがいまいち分からない状況えはありますが…駅伝では重要区間を任されている選手でもありますし、全日本も起用される可能性は高いかなあと。ただ、出雲はエントリーも外れていますし、走るとしたら6区あたりになりそうかなあと。

 

7区は關、出雲の走りを見る限りはもう問題なさそうですし、エースとして7区を走ってほしいかなと。關を前半に起用しなければいけないほどの選手層が薄いわけでも無いですし、今回は7区が勝負区間となりそうですしね。

 

8区は湯澤、出雲で6区を任されていること、20km近い区間となるとハーフでの実績が大事になってくること、そう考えると関東インカレ1部ハーフで2位に入っていて最上級生の湯澤というのはまさに適任なのかなあと。3年生がスピードタイプが多いですから、最終区は湯澤か湊谷の最上級生に走ってほしいという思いもあります。

 

本当に区間配置予想はさっぱり分かりませんが…出雲を見る限りはなかなかチームとして噛み合っていないですよね。選手層は厚いですが、エースたちが万全の状態で臨めないと、さすがの東海と言えども全日本で優勝するのは容易では無いですね。今回は選手も揃っていてチャンスだと思うんですけどね~。

 

やはり、一番気になるのは鬼塚がどこまで合わせられるかかなあ。塩澤も万全であればエース区間も走ってほしい選手ですが。出雲に続いて全日本でも苦杯を舐めるわけにはいきませんし、しっかりと全日本に合わせ、15年ぶりの優勝、狙って欲しいです!!!

 

全日本大学駅伝の順位予想区間配置予想の投票受付を開始しました~よろしければ是非、投票してみてください!!正確な統計のためにも、1人、1度の投票でお願いします~