2018年 トラックシーズン振り返り ~順天堂大学~

トラックシーズンの大学ごとの振り返り、続いては順天堂大学について見ていきます。前年度は出雲で4位と好結果を残したものの、全日本では12位、箱根では11位で後一歩届かずにシード権を逃す結果となってしまいました。一方、今年度のトラックシーズンでは活躍を見せる選手が多かったですね~

 

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:2点(7位)

藤曲が14分10秒をマークしてベストを12秒更新、7番手に入ってきました。1万mでもベストを更新している他、全日本予選で3組8位の快走を見せたのが光りますね~前年度は3大駅伝・予選会全てにおいてエントリー止まりでしたが、今年度はフル出場も期待されるほどに力をつけてきているようで、楽しみです。

 

トップ10でのベスト更新は藤曲ただ1人でしたが、トップ10圏外では、箱根5区で2年連続好走している山田攻が14分26秒で2秒、吉岡が14分29秒で1秒ですがともにベストを更新してきています。吉岡は全日本予選でも1組9位と上々の走りを見せていますし、ともに駅伝シーズンが楽しみですね。

 

セカンドベストでは、塩尻が13分39秒、橋本が14分5秒、清水が14分11秒、野口が14分16秒とトップ5のうち4人がセカンドベストを出していることになりますね~。

 

特に塩尻はセカンドベストが13分30秒台というのが凄まじい…今年度は3000m障害で日本選手権を制した他、走るレース全てで結果を残しています。最後の駅伝シーズンも大活躍してくれそうです。橋本、清水は1万mでもベストを更新してきていますし、得点こそ2点でしたが、多くの選手がしっかりと走れているのは好材料です。

 

10000m:20点(2~4位、6~8位)

20点というのは全大学中最多得点です。5千を含めても20点以上は順大の1万mだけです。まず大きかったのは、3月に行われた順大記録会ですね。ここで野田が28分52秒、橋本も28分59秒で一気に28分台が2人になりました。

 

野田は全日本予選でも2組6位と好走、橋本は全日本予選こそ3組29位でしたが、関東インカレ1万mで6位入賞が光ります。走るべき主力たちがトラックシーズンで存在感を見せてくれました。さらに、清水も29分2秒でベストを18秒更新し、4番手に。28分台も目前ですね。なかなか、勝負レースで結果を残せていないのがもどかしいですが…2年生となってそろそろ安定した走りを見たいところ。

 

さらに、チーム6~8番手も揃ってベスト更新、29分24秒の金原、藤曲に29分29秒の江口と上級生が揃って29分30秒切りを果たしています。金原は全日本予選も2組22位とまずまずの走り、藤曲は一気にベストを42秒も更新してきているのが頼もしい。江口も全日本予選では1組22位で走っています。

 

トップ10のうち2~4番手を含む6人が更新というのは素晴らしいですね。元々持ちタイム上位の選手がタイムを伸ばしているのも好印象。トップ10圏外でも、山田攻、小畠がともに29分47秒でベストを更新しています。1万mは本当に大盛況ということで、この好走を駅伝シーズンにもつなげていきたいところ。

 

関東インカレでは、塩尻が5千で2位、1万mで3位とダブル表彰台を達成した他、難波がハーフで8位入賞と結果を残してきたのは頼もしいですね。短い距離では野口が1500mで6位入賞を果たしています。

 

全日本予選は最終組で苦しみながらも7位で通過を果たし、全日本の出場権を確保した順大、続いては箱根予選へと挑むこととなりますね。エースの塩尻は日本人トップ争いどころか留学生と渡り合って欲しいほどですし、他にも野田、橋本ら上位で走ってくれそうな選手も揃っています。通過自体は余程のことが無い限り問題無いでしょうね。

 

上位通過も十分に狙えるだけの戦力を有しています。強いて気になる点を挙げるとすれば、ここ2年は箱根予選を経験していないこと、予選会を苦手としていることくらいですかね~まずは箱根予選をきっちりりと通過し、全日本、箱根では前年度の悔しさを晴らすような走り、見せてほしいものです!!