網走夏季記録会2018 ~結果振り返り~

関東学生網走夏季記録挑戦競技会が昨日行われました。5000mが1組、1万mが2組のレースだったようで・・・レース結果はこのようになっております。コンディションはもう一歩だったようで、自己ベストを出した選手は少なかったですが、結構有力選手も出場しているんですよね~各レースごとに振り返ってみます。

 

~5000m~

國學院の浦野が14分4秒で組トップ、2位に8秒差をつけるさすがの走りでした。さすがはエースですよね~1万m2組に比べると有力選手が出ていなかったこともあり、やはり今回出場した選手の中では力が抜けているかなあ。

 

2位には創価の米満が14分12秒、さらに神奈川の成瀬が14分18秒で続いています。米満も記録会、勝負レースともに安定感がありますよね~成瀬はまだ目立った走りは出来ていませんが、2年生となり、そろそろ戦力となってきてくれれば。

 

4~7位はいずれもルーキーでした~東海の市村、國學院の藤木、神奈川の川口、早稲田の千明がいずれも14分20秒前後で入っています。そんな中でも、藤木がベストを4秒更新していますね。また、神奈川のルーキーである西方が14分24秒でベストを更新を出しています。

 

~10000m 1組~

こちらもトップは國學院勢、29分51秒で臼井が走っています。さらに、2位にも國學院の茂原が29分53秒で入っており、好調ですね。全日本予選でも2位通過を果たしていますし、エースも選手層も厚くなっていて、今年の國學院は本当に面白そう。

 

他には中央学院のルーキー栗原が29分55秒でベストを1秒ですが、更新しております。初1万mでは盛田が31分4秒で走っています。1組もトップが29分50秒台ということであまりタイムは出なかったかなあ。網走まで来たなら、もっと好タイムを・・・と期待してしまいますが、そうそう上手くはいかないですね。

 

~10000m 2組~

組トップは唯一の28分台となる28分55秒をマークした駒澤の片西、2位にも9秒差をつけていますし、貫禄の走りと言ったところでしょうか。片西がこのくらい走れるのは当然としても、山下が29分10秒でベストを52秒更新して3位、堀合が29分17秒、大成が29分18秒でともにセカンドベストの7,8位と他の選手の走りが良かったのが収穫だったかなあ。

 

特に山下はようやく1万mでもタイムを出してきて、駅伝でも活躍が楽しみです。また、東洋勢も吉川が29分4秒で2位、小笹が29分13秒で4位と揃って上位での走り、今年度の活躍から西山、相澤にどうしても注目が集まりますが、この二人も勝負レースで結果を残していますし、東洋はエース格以外も充実しています。

 

さらに神奈川の越川が29分15秒で5位、東海の松尾が29分16秒で6位と実力者が順当に上位に入ってきています。他に自己ベストを出したのは中央学院の川村、29分20秒でベストを4秒更新していますね。5千も今年度ベストを出していますし、好調です。

 

2組でもベストを更新したのは山下、川村の2人だけということでやはりちょっと寂しい。。。セカンドベストを出した選手は多かったんですけどね~また、来年度以降も続いていくのであればこの時期にタイムが期待出来る記録会として楽しみですが果たして・・・?

 

これで、トラックでのレースもほぼほぼ終わり、夏合宿を経て駅伝シーズンへと突入していきますね。夏合宿で一気に力をつけてくる選手が毎年いるだけに、駅伝シーズンが待ち遠しいです。今後のブログの予定としては、2日に1度くらいは更新を目指しつつ、トラックシーズンの走りを大学ごとに振り返って以降と思います~