2014全日本予選結果雑感 ~2位:順天堂大学~

続いては、予選を苦手としている大学にしては珍しく(?)どの組も安定した走りでトップと僅差の2位通過を果たした順天堂大学について・・・全日本予選結果はこのようになっております。どの組も20位以内で走っており、これは出場大学中唯一のことです。特に2,3組が4人共組一桁で走ったのが大きかったですね!特に3組は4組中最も不安が大きい組だったのですが、見事な走りでした。ルーキーの台頭、中堅どころの成長と見どころの多い結果となりました。

 

 

1組では、西郷が当日変更で外れたのが不安を増幅させましたねえ。1組にエントリーされている次点で万全ではないことは予想されましたが、欠場するほどとは思いませんでした。変わって入った聞谷が11位、栃木が20位とちょっと嫌な感じのするスタートとなりました。栃木はルーキーかつ初1万mですからまずまずとしても、聞谷はもっと後の組を予想していましたし、1組であればトップ争いをして欲しい選手でしたからねー。まあ、そんな心配は3組終了後に杞憂に終わるわけですが・・・

 

 

2組では、期待のルーキーである花澤が組3位の好走、さすがに高校時代13分台を出しているルーキーだけあります。高校時代から駅伝でも結果を出し続けていますし、勝負レースに強いというのは頼りになりますね!昨年度2組でトップとなった青学の一色のように夏合宿を経てのさらなる成長に期待したいところです。もう一方の稲田は前回2組10位で走っており、いい意味で裏切られた選手でした。どちらかと言えばロードが得意な選手でトラックはタイムもあまり出していませんでしたからね・・・今回はその前回を上回る8位で走り、途中では先頭を引っ張るなど積極的なレースを見せてくれました。今シーズンは駅伝シーズンに欠かせない戦力となりそうです。

 

 

3組が最もポイントになると思っていました。田中、森ともにロードでは結果を残していますが、今シーズンは5000mではベストを出しているものの、3組ではさすがに厳しいのでは?と思っていました。それが蓋を開けてみれば二人とも勝負強さを発揮し、田中が5位、森が8位とそろっての好走で一気に全日本予選の出場権を引き寄せました。田中は昨年度の全日本8区でしっかりと走って以降、着実に成長を遂げていて主力と呼んでいい選手になってきましたね。森も箱根こそ走れませんでしたが出雲・全日本は経験していますし、今年度は箱根でも活躍してほしいです!

 

 

4組は前回27位と苦戦している松枝の走りに注目が集まりましたが何とか粘って19位でまとめてくれました。徐々にではありますが、安定感も増してきているのかな?まだ駅伝ではいい結果を残せていないだけに、上級生となった今年はそろそろエース級の活躍を見せて欲しいなあ・・・一方の松村優は教育実習の影響も心配でしたが、さすがはチーム1の安定感を誇る選手だけあり、きっちりと10位で走り、エースの役割を果たしてくれました。崩れない走りが持ち味ではありますが、爆発力のある走りというのも見てみたいかな♪

 

 

2年前は通過はほぼ確実と言われながらまさかの予選落ち、前回は主力が大量に卒業した影響で通過は厳しいのでは?と言われる中、しぶとく最後の枠に滑りこむというなかなか前評判通りの走りを見せない順天堂大学、今回も通過は有力かと思っていましたが、ここまで安定感のある走りを見せれくれるとは、ある意味予想を裏切ったといえるのかも・・・全日本は前半重視が予想されること、西郷がさすがに戻ってくるであろうことを考えると、主要区間は1区松村優、2区松枝、4区西郷、8区田中とかになるのかなあ?本当は松村優が8区の方が稼げるでしょうが、1区を任せられそうな選手が他にいなさそうで・・・ルーキーの花澤が任せられるくらいに成長してくれていると、オーダーもバリエーションが増えそうなんですけどねー♪

 

 

それ以外の3,5,6,7区を走る候補としては、今回予選会を走った聞谷、花澤、森は走る可能性が高そうかなあ?聞谷、森あたりは5~7区を堅実に走ってくれそうな気が・・・花澤は主要区間への抜擢が無ければ3区とか・・・?でも、最短区間の3区であれば、スピードのある安斎、的野あたりが走れれば面白そうなんですけどねー。二人とも1500m主体で今年度はきていますが、3大駅伝への参戦はあるのかなあ?他にも関東インカレ1部の3000m障害を制した村島も長い距離に対応してくれば面白そうですが果たして・・・?逆にロード型の選手では松村和も走る可能性が高いですかねー。前回も7区6位で走っていますし。

 

 

前回は前日のエントリー発表で小澤も西郷もいない危機的な状況でがっくりしましたが、それでも稲田、松村和、田中といった初の3大駅伝出場組が結果を残してその後の成長へとつなげているんですよねー。今シーズンはまずはベストメンバーでエントリーをして欲しいですね。その上で、今回のような安定感のある走りを見せられれば、十分にシード争いに加わっていけるだけの力はあると思いますし!むしろ心配なのは非常に苦手としている箱根予選会かな・・・さすがに今年落ちるわけにはいかないですし、今年の順天堂は楽しみだ!と思えるような結果を期待したいです!

 

全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします