2016年度 高校生特集 ~清水 颯大(シミズ ソウダイ)~

今日は洛南の清水 颯大について中学・高校時代の走りを振り返ってみます。中学時代は目立った選手では無かったですし、高校でもトラックではそこまででは…持ちタイムも世代トップクラスからは劣りしますしね。しかし、ロードとなるとその力強い走りはトップクラスのランナーに引けを取りません。

 

~中学時代~

宇治中学時代、全中にも出場していますが、9分11秒で11位と予選落ちとなっています。ジュニアオリンピックには出場していませんし、都道府県対抗も走っていませんからね。まだまだ、世代トップクラスの選手とは力の差があるという感じですね。

 

~高校1年生~

1年のベストは14分39秒かなあ?1年としてはまずまずですよね。京都府駅伝を後一歩で突破できずに都大路には出場出来ていませんが、不駅伝では1年にして長距離区間の3区を任されて区間2位と好走しています。やはりこの頃からロードでは光るものが…

 

~高校2年生~

2年のベストも14分30秒台のはず・・・インターハイや国体にも1年時同様に出場は出来ていません。しかし、京都府駅伝では2年連続の3区で23分台での好タイムで区間賞を獲得し、チームも大会新記録で優勝、都大路では4区を任されて区間6位と全国の舞台でも早速結果を残しています。一方で都道府県対抗では最長区間の5区でまさかの34位…唯一と言っていいくらい勝負レースのロードにおける失敗レースだったかなあ…

 

~高校3年生~

3年目にしてインターハイ5000mに初出場を果たしました。しかし、結果は14分52秒で13位と予選落ちに終わっています。続いて、高校選抜1万mにも出場、30分11秒で7位と入賞を果たしています。さらに、5000mも14分12秒まで縮めていますからね。トラックでも徐々に結果を残していくことに。

 

京都府駅伝では1区を任されて区間賞を獲得、都大路でも1区を任されると、ここでも区間7位と好走、全国の大舞台、エース区間であってもしっかりと結果を残してきました。続く都道府県対抗では1区3位とさらに順位を上げてくることに。特に3年になってからのロードでの強さは本当に際立っていましたね。

 

卒業後は順天堂大学に進むこととなります。箱根で4位に入り、勢いのある順天堂に頼もしい選手が加わることになります。3年のロードでの走りを見る限り、3大駅伝で即戦力として期待せずにはいられませんね。ロードでの安定感はずば抜けています。いきなり主要区間を走ってもおかしくないほどです。

 

順大は毎年、力のある新入生が最低1人は入ってきていますね。今年は13分台はおろか14分1桁もおらず、持ちタイム的にはもう一歩かと思いましたが、13分台ランナーに劣らない強さがあります。14分30秒切りも5人いますし、清水はもちろん他の選手も1年目からの台頭に期待したいところです。


PAGE TOP