2016年度 4年生特集 ~青山学院大学~

2017年1月22日

本日は青山学院大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で7人となっています。1年時は全日本予選にも出場する状況でしたが、2年時に箱根を制覇すると、3,4年時はなんと6大会中5大会で優勝を果たすというまさに黄金時代を到来させました。

 

 

一色 恭志・・・個別特集にて紹介済のため、そちらを参照ください。

 

安藤 悠哉・・・高校ベストは14分13秒ですが、豊川工業には絶対的エースの平がいたこともあり、そこまで目立つ存在では無かったかなあ…台頭してきたのは2年時、箱根ではアンカーを任されると区間2位の走りで見事に優勝のゴールテープを切りました。

 

しかし、3年時は一転して苦しみ…タイムこそ5000mで13分台、1万mで29分1桁をマークしたものの、出雲にエントリーされたのみで全日本、箱根はエントリーされず悔しい1年間となりました。しかし、4年時は違います。5000mで13分51秒、1万mで28分49秒といずれも大学ベストをマーク。

 

3大駅伝では出雲で5区区間賞で優勝に貢献、全日本では4区5位と苦しい走りになってしまいました。箱根では10区4位で2度目の優勝ゴールテープを切ることに。圧倒的な走りというのはなかなか見せられなかったかもしれませんでしたが、安定した走りでチームに貢献してくれました。

 

池田 生成・・・高校ベストは14分34秒、1,2年時は3大駅伝にエントリーもなく、チーム内で目立つ存在ではありませんでした。しかし、3,4年時に関東インカレ2部ハーフで2年連続優勝という見事な走りを披露、タイムも5000mで14分8秒、1万mで28分45秒、ハーフで62分45秒といずれも主力級のタイムを叩き出しています。

 

それでも、なかなか3大駅伝に出場するチャンスは無かったのですが…最後の箱根でついに9区にエントリーされると、区間賞こそ8秒差で逃しましたが、見事に区間2位の走りで優勝に貢献しました。このまま3大駅伝未出場で終わってしまうかと思いますが、最後に出場&結果を残せたのは良かったです。

 

秋山 雄飛・・・高校ベストは14分7秒、都道府県対抗4区で圧倒的な区間新をマークし、一躍注目を高めることに。1年時、20kmで59分54秒をマーク、非凡なところを見せました。2年時に1万mで28分58秒と大学ベストをマークすると、全日本に出場したものの3区6位と奮わず…もう一歩という走りでした。

 

3年時、5000mで13分53秒と大学ベストをマークしたものの、出雲、全日本はエントリー漏れしてしまいました。。。しかし、圧巻だったのは箱根、3区を任されると圧倒的な走りで区間賞を獲得、箱根連覇の立役者となりました。さらに、ハーフベストも62分29秒まで伸ばすことに。

 

主力として活躍が期待された4年時は一転して喘息に苦しめられ、記録会に出場しても凡走続き…出雲、全日本も出場は叶いませんでした。しかし、最後の箱根ではしっかりと合わせてきて2年連続の区間賞を獲得、再び優勝に大きく貢献することとなりました。

 

茂木 亮太・・・高校ベストは14分17秒、1年の全日本で早速出場をはたしましたが、ここでは5区12位とほろ苦いデビュー戦になることに…その後はなかなか3大駅伝に出場出来ず、4年の出雲まで出番が無いことに。しかし、その間も3年時に1万mで29分ジャスト、4年時に5000mで13分53秒まで伸ばしています。

 

勝負レースでは、3,4年時に関東インカレ2部1500mで2年連続2位、短い距離で結果を残しました。4年の出雲では区間2位の好走、チームの優勝に貢献しました。長い距離ではもう一歩ということもあって、3大駅伝に出場は2度というのはちょっと寂しいですが、それでも関東インカレや出雲で結果を残したのはさすがでした。

 

田村 健人・・・高校ベストは14分51秒、それでも4年時には5000mで14分8秒までベストを伸ばしてくるのですが、素晴らしいですね。。1万mも3年時に29分11秒、ハーフでも3年時に64分2秒と上々の成績を残しました。

 

しかし、全大学中トップの選手層を誇る青学においてはなかなか出番は訪れず…3大駅伝のエントリーは2年、4年の全日本の2度ありましたが、いずれも出場を果たすことは出来ませんでした。

 

内田 翼・・・高校ベストは14分17秒ながら、都大路で1区3位、一色、秋山とともに即戦力として活躍が期待されることに。しかし、結局5000mのベストは伸ばせず…1万mも1年時の29分52秒、ハーフも1年の高島平でマークしたハーフ換算で64分55秒が大学ベストになってしまうことに…

 

エントリーされたのも1年の全日本、箱根のみということで、1年が最も3大駅伝出場に近かったということに…高校での実績が豊富ながら、2年目以降はほとんど目立った走りを見せられなかったのは残念だったかなあ。


PAGE TOP