2015年度 4年生特集 ~東京農業大学~

本日は東京農業大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で7人DBに登録しています。東農大が出場した3大駅伝・予選会に全てに唯一出場したのが戸田ですねー。それでも、箱根に2度しか出場していないというのはやはり寂しいですね。。。箱根経験者は佐野と2人のみです。3,4年時には箱根予選落ちとここ2年は苦しい状況が続いていますね。

 

 

 

 

戸田 雅稀・・・高校時代から1500mで実績抜群、5000mで14分15秒を持つ戸田は関東インカレ2部1500mでいきなり優勝、2連覇を達成しました。1万mでも28分台をマークしましたが、長い距離になるとまだ苦しく、全日本予選では2組26位、箱根予選で136位、箱根では4区20位に終わっています。それが解消されたのが2年時、5000mで13分43秒までベストを縮める一方、全日本予選で3組11位とまずまずの走り、そして箱根予選で10位と素晴らしい走りを見せ、一気にエース格の1人に成長しました。箱根でも3区13位とまずまずの走りを見せています。

 

3年時は全日本予選で3組20位、箱根予選も45位と前年度に比べるとちょっと奮わない1年間となってしまいました。チームも箱根出場を逃してしまいましたね。。。ただ、丸亀ハーフでは62分14秒と大学ベストをマークして復調の兆しを見せると、4年時には5000mで13分36秒、1万mで28分28秒といずれも素晴らしいタイムを叩き出しました。タイムだけではなく、関東インカレ2部5000mで2位、1万mで8位と勝負レースでも結果を残しました。全日本予選は4組21位ともう一歩でしたが、箱根予選では7位と素晴らしい走りを披露、充実した1年だったと思いますが、箱根出場はならず、関東連合での箱根出場も辞退することとなりました。

 

 

佐野 雅治・・・高校ベストは14分24秒、同じ東農大二出身、1500mで活躍した戸田に対し、佐野は関東インカレ2部3000m障害で1年時に2位、2年時に優勝を果たしています。1年時は全日本予選、箱根にエントリーされたものの出場はせず、2年時に1万mで29分15秒と大学ベストとなるタイムをマークすると、2年の箱根で3大駅伝唯一の出場を果たしました。しかし、結果は4区21位と苦しい走りになってしまいました。3年時は箱根予選に出場したものの170位とこれまた奮いませんでした。ハーフのベストは66分台ですし、長い距離には苦戦していましたね。。。4年時、5000mで14分11秒と大学ベストをマークすると、全日本予選では4組18位と戸田を上回る走りを披露、箱根予選でも64位とこれまででもベストの走りを見せてくれました。ハーフ換算でも64分7秒と上々のタイムでした。

 

 

小澤 洸太・・・高校ベストは14分41秒、下級生の時はあまり目立った走りは出来ていません。2年の学生ハーフでマークした66分47秒が大学ベストとなっています。それでも3年時、5000mで14分2秒、1万mで29分38秒の大学ベストをいずれもマークすると、関東インカレ2部1500mで6位入賞を果たしています。全日本予選にも出場し、1組21位で走っています。迎えた4年時も2年連続で全日本予選を任されて1組32位という結果でした。やはり、ハーフの距離は厳しかったのか箱根予選も1度もエントリーされることはありませんでしたねー。それでも、短い距離では結果を残してくれました。

 

 

大橋 真弥・・・高校ベストは14分54秒ながら、1年の箱根からエントリーはされているんですよねー。当時は持ちタイムも良くなかったはずですが、それだけ期待されていたということかなー。2年時、全日本予選では2組を任されましたが、35位と苦しい結果に・・・それでも箱根予選では85位と好走、これでチーム10番手ですからねー。トップ通過を果たした時でした。ハーフ換算で64分36秒と大学ベストをマーク、これが大橋のベストレースだったかなあ。箱根にはエントリーされたものの、出場できなかったのは残念でした。3年時には1万mで29分42秒と大学ベストをマークするものの、箱根予選では122位と前回よりも順位を落としてしまい・・・4年時も5000mで14分37秒と大学ベストを伸ばしたものの、箱根予選は144位と2年時をなかなか超えることが出来なかったですね。3度出場した箱根予選はいずれもチームトップ10には入ってチームに貢献はしてくれたのですが。。。

 

 

遠藤 凌平・・・高校ベストは14分37秒、そのベストも大学4年間で更新していないはずなのですが、箱根予選には4年連続で出場しています。1年時に1万mで29分48秒と大学ベストをマークすると、箱根予選で123位で走っています。2年時には全日本予選で1組31位ながら、箱根予選でチーム6番手の66位と好走を見せました。ただ、箱根はエントリーされるも大橋同様に走っていないのは残念でした。。。3年時、箱根予選ではチーム5番手の86位、4年時にはチーム5番手の128位と年々順位を落としていってしまうことに・・・それでもチーム内順位は変わらないところに苦しさを感じますね。。。

 

 

山浦 大輔・・・高校ベストは14分31秒ながら、大学ではベストを更新出来ていません。。。2年時に1万mで29分58秒、3大駅伝・予選会通じて唯一の出場が2年の箱根予選、結果は163位に留まっています。10番手が85位の大橋ですから、そこからだいぶ差が開いてしまいました。箱根にはエントリーされましたが、出場は果たせず・・・その後は自己ベストを更新出来ず、全日本予選、箱根予選ともにエントリーもされることはありませんでした。

 

 

大澤 拳・・・7人の中では唯一4年生になって3大駅伝・予選会に初出場を果たした選手です。2年時に5000mで14分25秒と大学ベストをマーク、3年時にハーフで65分7秒、4年時に1万mで30分18秒とそれぞれ大学ベストで走っています。3年時までは予選会にエントリーさえされていませんが、4年の全日本予選で1組を任され16位とまずまずの走りを見せています。勢いそのままに箱根予選も任され、チーム6番手となる129位で走っています。

 

 

チームとして4年間を見ると、最高の走りがトップ通過を果たした2年時の箱根予選だったように、ベストの走りを見せたのもこの時という選手が多いですね。ただ、その時でも箱根は14位とシード権獲得はならず・・・全日本予選は11~14位で突破はちょっと遠かったですね。箱根予選は1年時にギリギリ予選突破、3年時は11位、4年時は12位とどちらも後一歩箱根予選突破は果たせていません。2年連続の予選落ちというのはかなり危機的な状況だと思います。このまま、箱根路から遠ざかってしまうのは寂しいですし、、、3年以下の持ちタイムを見ても、1万m、ハーフといずれも20番手前後とデータ上はまたしてもボーダーの争いとなりそうですが、何とか返り咲きを果たして欲しいところです!!

 

 


PAGE TOP