2013年箱根予選会戦力分析 ~東海大学(前回予選12位)~

2014年3月8日

昨年度の予選会では、ベストメンバーを揃えることが出来ず、出場した選手も万全ではなかったようで、次点で予選落ちとなってしまった東海大学について・・・箱根予選14人はこのようになっております。1万mの持ちタイム上位10人にエントリー漏れはありません!!先日、拓殖だけかなあと書いてましたが、東海もでした。宮上がエントリー漏れしていたのですが、1万m12番手のタイムにいつの間にか落ちていました・・・貴重なハーフ3分台を持つ宮上のエントリー漏れは痛いですねえ。昨年度の予選会は154位と撃沈していただけに、今年は一気に上位に絡んできてほしい選手として期待していたのですが・・・他は順当にエントリーされていると思います。エントリーされた14人のうち、11人が先日の日体大記録会1万mで自己ベストを更新した選手です。まさに今、最も勢いのあるチームといっていいでしょう。後は、1万mの強さは20kmでも発揮できるかですね!!1万mの自己ベストは2位に13秒差をつけてのダントツトップ、

 

4年生では元村に注目です。ルーキーばかり注目されるのは悔しいでしょうし、昨年度も59位とはいえ、チーム2位で走っていますからね。今年は20以内くらいが目標になってくるでしょうか?チームトップを狙ってほしい選手です。先日の日体大記録会は走りませんでしたが、本人のコメントを見る限り、何も問題は無さそうですしね。他には上原、岡がエントリーされていますが、ちょっと不安が残りますねえ。岡は昨年126位、上原にいたっては63分オーバーの176位です。今のチーム状況を考えますと、走らないことも考えられますが、走るのであれば100以内を目指して頑張ってほしいです。

 

3年生は、3本川トリオと呼ばれた中川、石川、吉川の3人だけがエントリーされております。3人とも故障が多く、なかなか揃って出場を果たすことは出来ませんでした。そんな中、中川が28分台を出すなど目立った活躍をしてきましたが、吉川が28分台に突入し、石川も29分11秒までタイムを延ばしています。この3人には揃って全体でも上位での走りを期待したいところですね。不安要素としては、中川はハーフ3分台を持っているものの、石川、吉川はともに5分台後半しか持っていないこと・・・ハーフの距離は未知数です。レベルアップした姿を見せてほしいですけどね。

 

2年生は、寂しいことに白吉と今井の二人だけのエントリーとなってしまいました。充実したスカウトだったように思うのですが、故障or体調不良でしょうか?田中が辞めてしまったのも痛かったかな・・・白吉は1万mで29分7秒までタイムを延ばし、ハーフも4分7秒を持っていて比較的信頼出来る選手の一人かと思います。昨年の120位からの大幅な順位アップが期待されますね。50位以内で走ってくれるようだと嬉しいのですが・・・今井は個人的には望外のエントリーでした。先日1万mを30分3秒まで伸ばしてきましたが・・・タイム的には出場は厳しいか?

 

1年生は、予想通り大量にエントリーされてきました。6人は私が把握している13大学中最多です。最低4人は走ることになるわけですからねー。今シーズンの実績を見れば、6人全員が走ってもおかしくありません。1年にしてハーフの実績を持つのが土屋、4分10秒という好タイムをもっており、高校記録保持者です。この実績は非常に大きいですね。1年生トップ、チームでも上位を狙ってほしいです。土屋に負けていられないのは、廣田、石橋の28分台コンビでしょう。ルーキーで28分台を2人擁する大学は東海以外ありません。ともに主要大会での実績も十分で、20kmの距離に対応していれば、チーム上位で走ることも十分に考えられます。1万mの走りそのままに、20kmでも好走してほしいです。他にも、荒井、福村、桐原は先日の1万m記録会でいずれも29分40秒前後をだしており、1万mまではしっかりと走れることを見せてくれました。しつこいですが、東海の課題は20kmです。ハーフのベストを持つ選手が9人しかいませんし、3分台が2人、4分台が3人という厳しい状況です。今回の予選会でこの状況が大幅に変わることを期待したいですね。

 

1万mの持ちタイムから見れば、トップ通過も十分にあり得る陣容となっています。しかし、1万mとハーフは別物だと思っていますし、今年は上位~中位で通過出来れば上出来ではないでしょうか?両角監督に代わってから、スカウトだけが良くなり、他はずっと低迷が続いている東海ではありますが、今年は一味もふた味も違うとというのを、箱根予選会で見せてほしいです!!

 


PAGE TOP