第35回出雲駅伝(2023年)戦力分析&区間配置予想 ~國學院大學~

本日は國學院大學の出雲駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。過去5年成績、エントリー一覧はこのようになっております。國學院が3大駅伝優勝を唯一果たしたのが2019年の出雲、その後も國學院が最も得意としているのが出雲となっています。

4年生

前回の出雲で6区2位の快走、全日本では8区2位と最長区間で好結果を残し続け、5千でも13分40秒のベストを今年度マークしているエースの伊地知、関東インカレ1500mで3位、1500mの國學院記録保持者であり、3大駅伝初エントリーを果たした鈴木の2人。

3年生

今年度5千で13分34秒、1万で28分16秒をマーク、前回の出雲で2区6位、全日本では2区7位で走っている山本、1万で27分55秒を今年度マーク、1年時から3大駅伝全てで主要区間を担い続け、前々回の出雲で6区5位、前回の出雲で3区6位で走っているエースの平林、5千で14分9秒、1万で29分16秒を今年度マーク、前回の全日本から3大会連続でエントリーを果たした木村の3人。

2年生

1万で28分32秒を今年度マーク、関東インカレ5000mで5位、前回の出雲で1区7位、全日本では5区区間賞で走っている青木瑠、1万で28分36秒を今年度マーク、箱根では7区6位で走っている上原、5千のベストは高校時代にマークした14分13秒、1万、ハーフは未経験にもかかわらず3大駅伝初エントリーを果たした鎌田、1万で28分43秒を今年度マーク、関東インカレハーフでは7位入賞している高山の4人。

1年生

1万で29分9秒を今年度マーク、都大路では7区区間賞で走っている田中愛が唯一のエントリー。

順当なエントリーですね。5本柱と言われる伊地知、平林、山本、青木瑠、上原が揃っているのが大きいですし、続く主力の1人である高山もメンバー入りを果たしています。箱根で快走を見せた佐藤が外れてしまったのは痛いですし、期待のルーキーも辻原、後村、野中らが揃ってメンバー外でしたが、それだけ2年生以上が充実しているということかな。そんな國學院大學の区間配置予想は以下のとおりです。

区間配置予想

平林③ー青木②ー山本③ー上原②ー高山②ー伊地知④

1区は平林、前年度國學院が優勝争いに加われなかったのは1区で常に後手に回っていたから。出雲の1区は3大駅伝で最も重要度が高く、わずかな出遅れも命取りになります。ならばもうエースを起用すべきで平林としました。


2区は青木、前回走った山本でも良いかなあとは思うのですが、監督が3本柱として名前を挙げているのは山本ですし、ならば主要区間は山本に任せて2区青木になるのかなと。青木もスピード抜群で勝負レースでも特に今年度は結果を残しています。


3区は山本、1区に山本を起用するくらいならば前年度から起用していると思うんですよね。3本柱を1,3,6区に起用するのが順当な戦略ですし、3大駅伝でも安定した走りを見せている山本は頼りになる存在です。


4区は上原、前回は中西大を起用して攻めの区間でしたが、4区までにエース級を残す余裕は優勝を狙うのであれば無いはず。それでも上原は箱根でいきなりの快走、2年時になってからもトラックで強さを見せていますし、つなぎ区間ならば十分すぎるほど計算出来る選手です。


5区は高山、5本柱が抜けていて6番手が悩ましいところなのですが…現状だと高山ということになるのかなあ。長い距離はともかく出雲の距離だとどうかなという不安はあるのですが、1万でも28分台のベストをマークしていますし、関東インカレハーフ入賞という実績も魅力ですし。


6区は伊地知、前回区間2位で走っている実力者を別区間に移動する必要は無いでしょう。最長区間は伊地知に任せるのが安心と言えるほどに3大駅伝でも勝負レースでも結果を残し続けています。アンカー勝負になっても伊地知の勝負強さは大きな武器になりますし。

展望

最も気になるのは誰を1区に起用するかですね。1区を希望している山本や前回走っている青木らが有力候補だと思うのですが…ダブルエースを1,6区起用の方が良いと思っているので。5本柱と言っても私は平林と伊地知のダブルエース、続いて山本と青木、さらに一歩下がって上原、そして5番手と6番手以降に大きな戦力差があると思っています。前年度の3大駅伝の結果を見れば最重視するのは3区でも6区ではなく1区なので、平林と伊地知の調子の良い方を1区くらいでも良いと思っています。


5本柱が順当に出雲出場となると、残る枠の争いは熾烈ですね。期待のルーキー田中も見たいですし、この出雲が最初で最後の3大駅伝出場チャンスとなるかもしれない鈴木も見てみたい。國學院が前年度苦戦したのは1区とエース区間。今年度のエース級の充実ぶりはこの穴を埋められるのではないかという期待感があります。そうならば当然優勝争いにも絡んでくることでしょう。


過去3大会の出雲順位が1→4→2位となっており、1~4位くらいに入ってくるのでは無いかなあと思っています。つなぎ区間に主要区間を担える選手を起用出来るのが國學院の強みで前回の4区区間賞はまさにその強さを見せました。トラックシーズンはまずは3本柱以外が活躍し、ホクレンで3本柱(平林、伊地知、山本)が揃って快走を見せて完全復活を果たすという理想的なシーズンとなりました。


4年前の出雲優勝は正直びっくりしましたが、充実の戦力を誇る國學院が4年ぶり2度目の出雲優勝を果たしても全く驚きはありません。國學院が3大駅伝で勝たなくてはいけないのは来年度になるでしょうが、勝負の年に勝てない優勝候補はこれまでも数多見てきました…優勝を狙える戦力がある今回も大きなチャンスですし、まずは出雲から國學院の強さを存分に見せつけてくれれば。

全日本予選の順位予想の投票を受けてけています。1~10位までの順位を予想してみてください。投票をお待ちしております~

※1人1票でお願いします。