第35回(2023年)出雲駅伝に向けて ~箱根7位:法政大学~

続いては前回の箱根で7位、1区3位と好スタートを切ると、その後は一度もシード圏外に落ちることのない安定した走りで総合7位でのフィニッシュとなりました。過去5年はこのようになっております。前回は1区6位と好スタートを切ると、3~5区でいずれも区間4位以内で走って5区終了時で5位、6区で2つ順位を落として7位と過去最高順位タイでのゴールとなりました。

~区間配置~

全日本予選結果でも取り上げたので多少繰り返しになってしまいますが…法政は1区を重視しており、過去3大会も坂東、鎌田、松本とエース級を起用しています。そう考えると、今年度はやはり松永ということになるのかなあ。箱根でも1区3位で快走している経験も大きいです。次いで3区も重視するのでここに小泉か武田というのが順当。そして本来であれば1,3,6区が主要区間なのですが、法政は1,3,5区を最近は重視しています。過去3大会は坪井、清家、小泉を起用していますからね。今回も同様の起用はありそう。


個人的に出雲で最も楽しみなのは大島、全日本予選での走りから出場する可能性は高いですし、2,4区あたりで見てみたいですね。逆に気になるのは宗像、箱根で最高の走りを見せて以降はなかなか会心の走りは見せられず…本来であれば主要区間を走って欲しい選手ですし、駅伝シーズンに合わせられるかが気になります。出雲6区とかにピタッとハマってくれれば頼もしいですが。


他には稲毛、細迫といった4年生、3年の宮岡も早く姿を見せて欲しいですし、ルーキーの野田が出雲で3大駅伝デビューというのもありそう。松永、小泉、武田の3人は余程のことが無い限りは出場すると思うのですが、他の選手は3大駅伝経験者が起用されるのか、新戦力が試されるのかはチームの戦略によりそう。

~展望~

前年度好走した松本、内田、扇らが揃って抜けたこととその後のチームでの走りを考えると、前年度と同じ順位である7位であれば上出来といったところか。法政の場合は記録会に全然出場してこないので、トラックシーズンでどれだけ力をつけているのかが分からないんですよね。毎年のようにいつの間にかエース級の強さを身に着けた選手が台頭してきますし…先述の通り、今年度はそれが大島であって欲しいなあと思っているのですが…


過去4大会は棄権→12→10→7位と着実に順位を上げていますが、最高順位の7位がなかなか更新は出来ていないんですよね。今年度も出雲出場校がどこも強力…全日本シード校が8校全部揃い、残る1校が全日本予選トップ通過ですからね…その中に割ってい入るのは容易では無さそう。法政は普段も持ちタイムが良くないことが多いので、前評判も高くなりにくいですが…それを上回る走りを特にこの2年間は見せてくれています。


全日本に出場出来ずに出雲の次は箱根直行となりますが、それは前年度も経験していること、全日本予選落ちから出雲、箱根での好結果に繋げていきました。エース級は揃っていますし、今年度もその再現を期待したいです!!

全日本予選の順位予想の投票を受けてけています。1~10位までの順位を予想してみてください。投票をお待ちしております~

※1人1票でお願いします。