2022年度 4年生特集 ~日本体育大学~

本日は日本体育大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。3大駅伝・予選会のエントリー経験者は9人います。エースの藤本を筆頭に6人が箱根出場を経験しました。ただ、箱根予選では抜群の安定感を誇ったものの、箱根本戦では4年間で3度17位があるなどなかなかシード争いに加わることが出来なかったですね。

藤本 珠輝

高校ベストは14分8秒とこの学年トップ、1年の全日本予選から出場して2組7位の好走、さらに箱根予選でもいきなりチームトップの14位と主力級の活躍を見せました。全日本はエントリー漏れ、箱根では山登りの5区で区間16位とほろ苦い3大駅伝デビューとなりました。2年時、箱根予選でチーム2番手の22位と2年連続で結果を残すと、全日本では3区12位でしたが箱根では1区8位と好結果を残しました。


エースとなったのは3年時、5千で13分32秒、1万で28分8秒といずれもハイレベルな自己ベストをマークすると、関東インカレ5000mで6位、1万mで4位とダブル入賞、さらに全日本予選でも4組7位と大活躍のトラックシーズンでした。箱根予選でチームトップの15位、箱根でもエース区間の2区で10位で走っています。4年時は関東インカレハーフで優勝したまでは良かったですが、その後は故障に苦しめられることに…全日本予選も箱根予選も欠場しましたが、最後の箱根には何とか間に合わせて2区12位で走りました。3年生以降は絶対的エースとしてチームを牽引しましたね。

名村 樹哉

高校ベストは14分26秒、1年の箱根予選に出場してチーム9番手の133位で走っています。しかし、全日本はエントリー止まり、箱根はエントリー漏れと3大駅伝出場とはならず。2年時、1万で28分46秒のベストをマーク、箱根予選はエントリー止まりでしたが、全日本で6区11位、箱根では10区17位と出場を果たしました。


3年時は5千で14分10秒のベストをマーク、全日本予選で3組33位、箱根予選ではチーム4番手の66位と上々の走りを見せましたが、全日本は4区15位、箱根は出場ならずと3大駅伝では苦戦が続きました。箱根後にはハーフで63分41秒をマークしています。4年時、全日本予選では4組36位と下位だったものの、箱根予選では4番手の70位と2年連続で安定した走り、箱根では7区11位でまとめ、3大駅伝ではベストと言える走りを最後に見せました。

廣澤 優斗

高校ベストは15分18秒、1年時から中距離に移って以降、4年時の途中まではずっと中距離にいることに。1500mでは3分42秒までタイムを伸ばしています。3年時に5千で13分50秒、1万で28分52秒と好タイムをマーク、中距離の選手が5000mで結果を残すことは良くありますが、1万となるとなかなか無いですよね。この走りをきっかけに長距離への道が開けていくことに…


4年時に日本インカレ1500mで8位入賞、さらに箱根予選ではチーム2番手の42位というのがとんでもないですよね。長距離に移ってきてここまですぐに結果を残すとは…長い距離にもすぐに対応を見せました。箱根でも8区を走って区間12位と上々の走り、最初で最後の箱根出場のチャンスを見事に勝ち取り、しっかりと区間中位で走り切りました。

九嶋 大雅

高校ベストは14分48秒、2年時までは3大駅伝・予選会へのエントリーはありませんでしたが、3年時に5千で14分5秒のベストをマーク、全日本予選で3組23位、箱根予選でチーム11番手の140位で走ると、箱根にも出場を果たしました。結果は8区19位と苦しい走りに…4年時には1万で28分50秒のベストをマークしたものの、箱根予選、箱根ともにエントリー止まりで再び箱根出場する機会を得られなかったのは残念でした。

村越 凌太

高校ベストは14分47秒、2年の箱根予選に出場してチーム8番手の134位で走ると、5千で14分9秒のベストをマーク、箱根では山登りの5区に起用されて区間16位で走っています。3年時には1万で28分57秒のベストをマーク、箱根予選ではチーム10番手の125位で走ったものの、全日本・箱根ともにエントリー止まりで出場とはならず…4年時は3大駅伝・予選会にエントリーもされず、3大駅伝出場は2年の1度だけだったのは少し寂しかったですね。

盛本 聖也

高校ベストは14分37秒、1年の箱根予選から出場してチーム6番手の66位と1年目から好走を見せました。しかし、箱根には出場できず…2年時には箱根予選でまさかのチーム最下位、280位に沈んでしまい全日本、箱根もエントリー止まりで出場とはならずでした。3年時は全日本予選で1組16位、箱根予選ではチーム2番手の42位と好結果を残し、5千で13分56秒、1万で29分2びょうのベストをマーク。しかし全日本で2区16位、箱根では6区最下位と予選会は良かったものの、本戦では苦しむことに…


4年時、全日本予選で3組30位、箱根予選ではチームトップの28位で苦しいチーム状況の中で予選突破に導くと、箱根では9区を任されて区間14位と最後の箱根で最も良い区間順位で走りました。

松永 悠吾

高校ベストは14分43秒、3年時にハーフで65分52秒をマークするも3大駅伝・予選会へのエントリーはありませんでした。しかし4年時、5千で14分14秒、1万で29分21秒のベストをマーク、全日本予選では1組に出場して20位で走っています。箱根予選、箱根へのエントリーは無く、結果としてこの全日本予選が唯一のエントリー&出場となりました。

松浦 凜太郎

高校ベストは14分59秒、3年時に5千で14分31秒のベストをマーク、3年時まで3大駅伝・予選会へのエントリーはありませんでした。4年時に1万で29分36秒のベストをマーク、箱根予選にも集団走の牽引役として出場、転倒もあって結果はチーム11番手の167位でしたが、チームは完璧な集団走を見せて箱根予選通過に貢献しました。それだけに最後の箱根でエントリーされたものの、出場出来なかったのは残念でした。

谷口 貴亮

高校ベストは14分59秒、2年時に5千で14分15秒、1万で29分44秒のベストをマーク、セカンドベストの14分16秒、29分57秒も2年時にマークしたものです。3年時に箱根予選、全日本ともにメンバー入りを果たしましたが、いずれもエントリー止まり。箱根後にはハーフで66分0秒をマークしたものの、4年時は3大駅伝・予選会のエントリはありませんでした。

全日本予選の順位予想の投票を受けてけています。1~10位までの順位を予想してみてください。投票をお待ちしております~

※1人1票でお願いします。