第99回(2023年)箱根駅伝 東洋大学 区間配置予想 ~エースの不在を総合力で補い連続シードへ~

本日は東洋大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根では8区終了時までは9位でしたが、9,10区で一気に5つ順位を上げて総合4位、箱根での東洋の強さを示しました。今年度はエースの松山を欠いたことも響いて出雲で9位、全日本で8位と全日本シードに返り咲いたとはいえ、まだ東洋の強さを見せられていません。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はこのようになっています。

4年生:児玉 悠輔、柏 優吾、荒生 実慧
     前田 義弘、清野 太雅、木本 大地

3年生:熊崎 貴哉、九嶋 恵舜、佐藤 真優、村上 太一、十文字 優一

2年生:石田 洸介、梅崎 蓮、小林 亮太

1年生:網本 佳悟、西村 真周

チームのNo.1ランナーである松山はエントリーされず…2年連続箱根2区で区間5位以内で走っている松山の不在はあまりにも大きいです。エースがエントリーされなかったのは東洋だけということに。出雲を走った甲木、吉田に全日本で1区を走った奥山もいませんね。甲木はスピードランナーなので箱根は仕方ないと思っていましたが、吉田は出雲で最長区間の6区を任され、奥山も長い距離は心配いらないと思うのですが、今年度の出雲・全日本メンバーが複数外れているのも気になるところです。


また、スピード抜群の及川は結局1年の箱根が最後の3大駅伝出場ということに…その悔しさを晴らす機会が無かったのが残念です。期待のルーキーである緒方も駅伝シーズンは全て未出場、全日本予選で最終組を走った松山&緒方は両方外れてしまうことに。長い距離に強い選手、前回の箱根で好走している選手は揃いますが、台所事情はかなり厳しそう。そんな東洋大学の区間配置予想は以下の通りです。

区間配置予想

児玉④ー梅崎②ー前田④ー石田②ー木本④
九嶋③ー佐藤③ー熊崎③ー柏④ー清野④

~往路~

1区は児玉、出雲は1区で出遅れ、全日本でももう一歩ではあるのですが…やはり箱根で2度1区を走り、2年前のスローペース、1年前のハイペースの両方を経験しているのは大きいかと。2区に松山がいない以上、出遅れ厳禁の1区ですが何とか中位では繋いでほしいところ。


2区は梅崎、全日本ではエース区間の7区に起用されて区間7位でまとめていますし、関東インカレハーフで2位に入るなど長い距離での実績が豊富な選手。他の主力で2区が合っていそうな選手もういないですし、松山がいない以上、全日本に続いてエース区間を託せるのは梅崎しかいないかな。


3区は前田、前回は9区で好走しましたが長い距離に強い選手は揃っていますし、同じく下り基調でより重要度の高い3区が良さそう。2年前にも区間8位で走っていますが、さらに上位で走ってくれることが期待されます。


4区は石田、前回の箱根は走れませんでしたが、今年度は練習も詰めていて箱根は往路での出場が濃厚。以前監督も石田には4区が合っているという話をしていましたし、出雲・全日本ともう一歩だっただけに箱根で爆発してくれれば。


5区は木本、5区は経験者がおらず力を発揮できる区間として名前を挙げている選手もいないのでさっぱり分かりません。ただ、これまでも5区に経験者がいない場合は4年生を起用することもありましたし、前回も往路の4区を走っている木本としました。5区は最低1桁順位でまとめたいと話していることからも、あまり監督は自信は無さそうな気が…

~復路~

6区は九嶋、平地を任せられる選手は揃っているだけに過去2度走っている九嶋に任せるのが安心かな。特に5区に不安があるだけにさらに走力がアップしている九嶋が6区にいることの安心感もあるでしょうし。


7区は佐藤、今年度の駅伝シーズンは出雲で4区11位のみと奮わないのが心配ではあるのですが、前回3区8位で走っている実力者。今回は復路に回るとなると23km区間はマラソンコンビに任せるとしたら7区あたりが良さそう。


8区は熊崎、1万の持ちタイムはチームトップまで伸ばし、ハーフでも良い走りを見せていました。3年の箱根が3大駅伝初エントリーというのが不思議なくらいです。ただ3大駅伝初出場ということもあって、比較的負担の少ない8区と予想しました。


9区は柏、北海道マラソンではMGC出場権を獲得する素晴らしい走り、全日本も最長区間の8区を担いました。まだ万全では無かったようですが、それでも区間7位でまとめていますし長い距離は全く心配がいらないだけに本人も希望する23km区間の9区としました。


10区は清野、こちらも北海道マラソンで好走していましたが、その影響もあって出雲・全日本は回避。箱根一本に絞っているということですが、前回10区2位で走っている清野がいることは東洋の大きな強みですからね。3年連続アンカーは清野に任せるのが良さそう。

~展望~

監督も話しているように凌ぐ往路、攻める復路となることは間違いないでしょう。復路は正直今回予想した選手以外にも、全日本で好走した村上、ハーフで好走した小林、期待のルーキーである西村などが出場する可能性も十分ありますし、出場争いは熾烈です。前回のように大きく順位を上げる可能性もあるでしょう。復路は何も心配はいらなそう。


それだけに往路をどんな順位で終えられるかが非常に大事になってきます。特に2区終了時に何位にいるかですね。ここでシード付近での争いに加わっていられれば大きいですが果たして…1,2区は正直期待よりも不安の方がはるかに大きいですが、同じように不安視していた2年前は児玉→松山で2区終了時に5位にいましたし、前評判以上の走りを見せてくれる可能性も。もう1つ不安なのは5区ですね。最もタイム差がつきやすい5区でどれだけ粘れるのか…


この15年で最も悪かった往路は3年前の11位ですが、この時は宮下が5区区間新記録で追い上げたうえに6区には今西がいましたからね。今回も往路は10位くらいがターゲットになってくるのかも。東洋は17年連続でシードを獲得しており、そのうち12回は3位以内という箱根で抜群の強さを見せており、今回もシードは獲得出来ると思いますが、連続シードが途切れてしまうとしたら今回かも…出雲・全日本の結果にエース不在ということで前評判は決して高くは無いと思いますが、箱根の東洋はやっぱり強かったと思える走りを見せて欲しいです。