第34回出雲駅伝(2022年)戦力分析&区間配置予想 ~駒澤大学~

本日は駒澤大学の出雲駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。前回の出雲ではベストメンバーが組めなかったこともありますが、1区から出遅れるとそのままずるずると順位を落とす展開、6区田澤で順位を上げるも5位に留まりました。駒澤が最も苦手としている出雲ですが、苦しい走りでしたね。。。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

4年生

前回の出雲では6区2位、今年度は5千で13分22秒をマーク、1万で27分23秒のベストを持ち世界陸上にも出場した田澤、今年5千で13分47秒をマーク、ハーフで60分40秒の日本人大学最高タイムをマーク、前回の箱根では9区4位で走っている山野、5千で13分48秒のベスト、今年はハーフで63分36秒をマークしている円の3人。

3年生

5千で13分27秒、1万で27分41秒のベストを持っているものの、故障明けの出場となった前回の箱根は8区18位、さらにその箱根で故障してからの復活を期す芽吹、前回の箱根では3区4位、ハーフで61分37秒を今年マークし関東インカレハーフでも2年連続2位となっている花尾、今年度5千で13分37秒をマーク、前回の出雲で2区3位、全日本でも6区2位で走っている安原の3人。

2年生

今月5千で14分2秒のベストをマーク、1万も今年29分18秒をマークしており、3大駅伝初エントリーを果たした吉本が唯一のエントリー。

1年生

5千で14分1秒、1万で30分27秒の高校ベストを持ち、大学ではまだ記録会に出場していないはずですが、いきなりメンバー入りを果たした山川、5千で14分9秒を今年度マーク、夏合宿をほぼ完璧にこなし長い距離に強いとチームからの評価も高い伊藤、5千で13分22秒を今年度マーク、1500m、3000m、5000mの3部門で高校記録保持者でロードでも非常にハイレベルな実績を誇る圭汰の3人。

ある程度予想されていた主力のエントリー漏れですが、今年度大活躍だった篠原も外れてしまいました…前回も1区を走っている主力の篠原がいないのは痛いです。さらに主力の1人である唐澤に条二、白鳥、東山と5千で持ちタイムトップ10のうち半分の5人が外れてしまいました。唐澤や条二は今年度姿を見せていなかったので仕方ないですが…


逆に芽吹は早くても全日本からと言われていたのでエントリーされたのはびっくりしました。無理はしないで欲しいところ。前回の出雲メンバーでは5区を走った赤津もいませんし、全日本メンバーでは2区を走った青柿、4区4位で好走した赤星もいません。これだけ主力が外れても実力者がズラッと残っているのもある意味凄いですが、なかなか前年度からベストな布陣を組むことが出来ません。そんな駒澤大学の区間配置予想は以下のとおりです。

区間配置予想

花尾③ー圭汰①ー田澤④ー安原③ー伊藤①ー山野④

1区は花尾、誰を1区にするか悩ましいところであり、駒澤が苦戦することも多い区間です。上位で走る時には主力を明確に起用してきていますし、長い距離に強く安定感もある花尾というのも面白いかなあと。全日本8区⇒出雲1区だとかつては山下も走っています。


2区は圭汰、スーパールーキーと呼ばれる期待の選手で高校時代の実績も抜群ですが…大学に入ってからはそこまで圧倒的な走りを見せられてはいないんですよね。となるといきなり主要区間に抜擢するよりも、つなぎ区間でスピードも求められる2区あたりで3大駅伝デビューが良いかな。


3区は田澤、チームとしても先手を取っていきたいという話をしていましたし、前回は6区田澤にタスキが渡った時点では勝負は決まってしまっていました。主力を複数欠く今回のチーム状況を考えると6区に残しておく余裕は無さそうで、1年時に区間2位と好走している3区の方が総合順位は上がりそう。


4区は安原、スピードのある選手ですし、主要区間を走ってもおかしく無いのですが…主要区間を安心して任せられる選手は揃っていますし、5千のスピードを活かすならばむしろつなぎ区間の方が良いかなということで4区としました。


5区は伊藤、出雲工業出身ということで地元の選手、1年の中でも圭汰に次ぐ評価のように思えます。すでに大学でもベストをマークしており、今後を見据えても出雲から抜擢というのも見てみたいなあと。ルーキーや6番手の選手を起用することも多い5区としました。


6区は山野、3区が田澤ならば6区は長い距離に強い主将の山野に託すことになるかなあ。ハーフで60分40秒を叩き出したのは驚異的でしたし、あの走りを見ると今年度の3大駅伝は長距離区間で見てみたくなりますよね。最長区間の6区でもしっかりと走ってくれそう。

前回の箱根から記録会にも出場していない芽吹は外して予想しています。ほんの少しでも不安があるのであれば起用してほしく無いです。正直、円、吉本、山川はちょっと未知数な部分が多くてエースに次ぐ選手たちが何人も外れたことで選手層はかなり薄くなってしまった印象。それでも13分20秒台が3人エントリーされており、5千の上位6人のタイムはトップなのですが…


エントリー前は東国大の対抗1番手は駒澤かなあと思っていましたが、ちょっとトーンダウンしてしまったかなあ。上位に入ってくる可能性も十分ありますが、前回のように5位前後に留まってもおかしくは無いかなと。芽吹が万全で2年のトラックシーズンの強さが戻っているのであれば話は別ですが、さすがに9か月レースに出ずにいきなり3大駅伝出場の可能性は低そう。


田澤が最終学年となって勝負の年となるであろう駒澤なのですが、トラックシーズンからいまいちかみ合っていないですよね…ただ前年度はトラックシーズンが良すぎて逆に駅伝シーズンは失速してしまったので、今年度は逆の結果となってくれれば良いのですが…出雲は過去5大会で3→5→7→2→5となっており3大駅伝では最も苦手としていますが、大エースがいるチームが有利な大会でもありますし出雲から好結果を残していって欲しいです。

「箱根駅伝増刊号2023」が「12/1」に発売になります。
私も毎年購入していますし、箱根駅伝に向けて欠かせない1冊かと思います~