2022年度 トラックシーズンにおけるベスト更新状況 ~中央大学~

続いては中央大学について、トラックシーズンの結果をトップ10でベスト更新した選手をポイント化して振り返ります。主力どころの自己ベスト更新も良かったですが、特に関東インカレでの活躍が目立ちました。飛躍の1年となった前年度をさらに上回る結果を残せるか楽しみです。

※2022/1/1以降の自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

5000m:17点(2、3、5、6、8位)  ※前年:13点

ルーキーの駿恭が13分43秒で早くもチーム2番手の好タイムをマーク、セカンドベストである13分47秒も今年度マークしていますし、1年目のトラックシーズンから大暴れでした。駅伝シーズンも大暴れしてくれることでしょう。ちなみに現時点では吉居兄弟がチーム1,2番手を占めることに。。。


中野翔が13分43秒でベストを2秒更新しチーム3番手のタイム、もう当然のように13分40秒台をマークしてきますよね。関東インカレ5000mでも3位と表彰台に挙がっていますし、大和とともに今年度のチームを牽引する選手となっています。駿恭と同様に期待のルーキーである溜池が13分47秒をマークしてチーム5番手、13分40秒台でトップ5にルーキーが2人入ってくるのが凄まじいです。高3で活躍→大学1年でも最初から活躍という流れが良いですよね。


山平が13分51秒で高校ベストを13秒更新し、チーム6番手に。前年度の箱根予選でチーム最下位の283位から今年度の関東インカレハーフでは3位表彰台に上がる走り…凄まじい飛躍ぶりですよね。今年度は主力選手として活躍を続けてくれそう。さらに主力の1人である阿部も13分55秒でチーム8番手、ベストを12秒更新しています。トップ10圏外でも助川、中澤が14分6秒、湯浅が14分7秒で走るなど3大駅伝経験者が自己ベストをマークしています。

10000m:6点(1、10位 ) ※前年:2点

中野翔が28分0秒を叩き出してチームトップタイム、大和を上回ってきました。3月にマークしていた28分38秒をさらに38秒も更新してきました。強い選手であることは十分に証明していましたが、持ちタイムも一流になってきました。今の中野翔ならばエース区間も安心して任せられそう。


園木が28分52秒をマークしてチーム10番手、ベストを11秒更新しており28分台は11人となりました。園木も体調不良などで苦労しましたが自己ベストを出すまでに戻してきましたから、もう心配いらないのかな?頼もしい戦力となりそうです。トップ10は二人のみ、トップ10圏外では溜池が29分21秒、森が29分38秒とルーキーが1万でタイムを伸ばしています。


ベストを出した選手はそれほど多く無いですが注目はセカンドベストの多さ。28分27秒を出したルーキーの駿恭、28分48秒の阿部、28分49秒の若林、28分54秒の湯浅、28分58秒の助川とトップ10のうち5人が28分台でのセカンドベストを叩き出しています。チームとしての好調さが伺えますね。ちなみにさらっと記載していますが、28分27秒がセカンドベストというルーキー、凄い。。。高校ベストが28分11秒と圧倒的です。

総評

27大学中、5千の17点は8位タイ、1万の6点は12位タイ、合計の23点は8位タイとなっており、平均すると10位前後ということになりますね。この得点と順位だけ見るとそこまで目立たないのですが…元々持ちタイムが良い選手が多い中でこれだけベストを出した選手がいたこと、そして特に1万ではセカンドベストをマークしているトップ10選手が多いことが数字以上に評価を高めています。


4月→現時点における上位10人の平均タイムで見てみると、5千では13分51→13分48秒と3秒短縮しており、順位は7→6位と1つ順位を上げています。一方で1万では28分35→28分30秒と5秒短縮し、4→3位とトップ3にまで入ってきました。5千の13分台、1万の28分台はいずれも10人以上揃っていますし、タイムはもう申し分ないかなあ。贅沢を言えば13分40秒切りが大和しかいないくらい?贅沢すぎますが…


関東インカレでは長距離5種目全てで入賞、5千とハーフでは3位と表彰台に上がる好成績でした。中央が関東インカレでここまでの成績を残したのはいつ以来かちょっと記憶に無いほど…トラックシーズンで大活躍となると、3大駅伝に期待せずにはいられませんよね。出雲は2013年以来9年ぶりの出場、この時は出雲3位以内のシード&箱根シード落ちだったため、主力を起用せずに1,2年生のみで臨んで10位でした。それ以来箱根で苦しみ続けていましたから…再びの出雲出場は感慨深いものがあります。


全日本では9年ぶりの出場で即シード獲得、箱根では6位で10年ぶりのシード獲得…10年ぶりの3大駅伝フル出場となる今年度、全日本も箱根も前回を上回る結果は十分に期待出来ますし、出雲も大和、中野翔のダブルエースが非常に強力でつなぎ区間もスピードのある選手をズラッと揃えらえるのは非常に楽しみ。前年度は「復活」を果たした中央が今年度はさらに上位を狙えるのか?優勝争いに加わっていくことが出来るのか?強い強い中央の走り、見せつけて欲しいです。