2022年度 トラックシーズンにおけるベスト更新状況 ~東京国際大学~

2022年8月15日

続いては東京国際大学について、トラックシーズンの結果をトップ10でベスト更新した選手をポイント化して振り返ります。今年度のトラックシーズンはそこまで大きなインパクトを残したわけでは無いですが・・・エースに続く選手がタイムを伸ばしてきたのが良かったですね。3大駅伝ではエース力が非常に大事になってきますし。

※2022/1/1以降の自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

5000m:12点(2、3、6位)  ※前年:11点

山谷が13分36秒と元々ハイレベルなベストを13秒も更新、チーム2番手のタイムをマークしました。特に3年時からの活躍が著しい山谷ですが、5千では好タイムのベストに関東インカレでも4位入賞と大活躍でした。ただ、元々山谷が強いことは前年度から分かっていたので・・・むしろ残したインパクトでは白井の方が上だったかも。


5千で13分41秒と高校ベストを17秒も更新、チーム3番手にまで浮上してきました。タイムを大きく伸ばしただけではなく、関東インカレでも7位入賞を果たしたのが素晴らしかったです。3本柱に次ぐ存在は白井なのでは?と思わせるほどの大活躍ぶりでした。


さらに牛も13分50秒を叩き出してチーム6番手に。セカンドベストも今年度13分台をマークしていますし、今後の活躍が楽しみな選手です。トップ10圏外でも山岸が13分58秒、木村が14分2秒と好タイムでの自己ベストをマークしており、東国大史上最高のスカウトと言われる2年生からまた新戦力候補が何人も台頭してきました。

10000m:5点(2位 ) ※前年:13点

エースの丹所が28分1秒を叩き出してベストを18秒更新、チーム2番手のタイムとなっています。まだ万全で無いながらも出場した関東インカレでは1万で7位入賞、そして27分台にあと一歩と迫る自己ベストでもう完全復活ですね。駅伝シーズンも前年度同様に大活躍を見せてくれそう。トップ10でベストを更新したのは丹所のみ、5千に比べると1万はまだタイムを伸ばす余地は大きそうなのですが・・・


トップ10圏外では村松が29分18秒、坪田が29分54秒では走っていますが、全体的にはあまりベストを更新した選手が多くなかったですね。東国大に限らず全体的に1万でベストを更新している選手は5千に比べて少なかったからなあ・・・記録を狙うチャンスがそもそも少なかったです。前年の13点からも下がっていますし。。。

総評

27大学中、5千の12点は14位タイ、1万の5点は14位タイ、合計の17点は15位タイとなっており、いずれも真ん中付近ということになります。前年度も14位タイでしたし、トラックシーズンは平均的な結果を2年連続で残しているということに。。。東国大の場合、むしろ駅伝シーズンでの自己ベストラッシュが目立っています。


4月→現時点における上位10人の平均タイムで見てみると、5千では13分50→13分46秒と4秒短縮しており、5→3位と2つ順位を上げてついにトップ3にまで入ってきました。留学生は1人計算でこのタイム・順位ですからね。13分台も10人を超えてスピードのある選手が揃っています。1万では28分43→28分41秒と2秒の短縮に留まっており、8位で順位は変わらずでした。


前年度は3大駅伝全てで5位以内、出雲では初出場で初優勝という偉業を達成しました。今年度も出雲駅伝は優勝候補筆頭でしょう。ヴィンセントの状態がやや気になるところではありますが、万全であれば前年度よりもさらに優勝する可能性は高いのでは・・・?エース力、続く選手も前年度を上回っていますからね。全日本、箱根も前年度以上の結果を残すだけの戦力を有していますし、トラックシーズンはそこまで目立ちませんでしたが、駅伝シーズンではまた東国大の強さを存分に見せつけてくれそうです。