第53回(2021年)全日本予選結果 ~3位:法政大学~

続いては3位通過を果たした法政大学の全日本予選結果を見ていきます。万全のエントリーとは言えませんでしたが、組配置は現状のベストに近い形で組めた印象。通過する可能性は十分あるかと思いましたが、それでも3位通過はびっくりしました。今回全日本予選に出場した20校の中でも最も力を発揮した大学と言えるのではないでしょうか。崩れることもなく、前評判以上の結果を残した選手もおり、法政の強さを感じるレースとなりました。レース結果はこのようになっております。

~1組~ 8位:扇、12位:内田

扇が8位、内田が12位とともに好走を見せたのがまず大きかったですね。扇は5千で14分6秒の高校ベストながら大学では故障もあって記録会にさえほとんど出場せず…それが先日1万でベストをマークしたと思ったら、今回も29分43秒でさらにベストを14秒更新してきました。まだまだタイムも伸ばせそうですし、いきなり勝負レースで結果を残したのも大きいです。


内田は前回の箱根予選は出場したものの、3大駅伝はまだエントリーさえされていない選手、こちらも高校時代の実績は豊富でロードで特に強さを見せていました。今回は29分48秒でベストを4秒更新する走り、元々選手が揃う3年生ですが頼もしい2人が戻ってきたことでチーム随一の戦力を誇る学年となりそう。

~2組~ 3位:小泉、5位:細迫

個人的に最も不安視していた2組が結果的に最も順位の良い組となりました。期待のルーキー小泉は3位と素晴らしい走り、ラストこそ抜かれてしまいましたが十分すぎる結果でしょう。高校時代も勝負レースで最も結果を残しているルーキーですし、勝負強さは大学でも健在です。一方の細迫は3大駅伝・予選会通じて初出場の2年生、やや未知数な部分もありましたが、いきなりの大舞台で5位はお見事でした。2年生も箱根予選を走った稲毛が一歩抜け出しつつありましたが、細迫も力のあるところを示してくれました。

~3組~ 13位:清家、19位:川上

エース格の1人である清家が13位と上々の走り、29分28秒はベストを6秒更新してきました。元々、箱根を含めて勝負レースでの実績は鎌田に次ぐ選手ですし、このくらいで走れる力はありますからね。川上が19位でまとめたのも大きかったです。箱根予選でチーム4番手、箱根でも9区を任されている選手ですが、後半の組ではやや不安があったのも事実。それが29分36秒で走っていますし、ここまで全員が20位以内という安定ぶりでした。

~4組~ 12位:鎌田、26位:河田

エースの鎌田は無理に日本人トップ集団にはついていきませんでしたが、それでも28分台でまとめての12位はさすがの走り。決して得意では無いであろうトラックでも安定して結果を残しています。箱根予選では他大の日本人エースに真っ向勝負で負けない走りを見せてほしい。一方の河田は26位も29分31秒でまとめていますし、前年度は勝負レースで苦しみ続けたことを考えると、よく走ってくれたのではないでしょうか。さらに上位で戦える選手だと思いますし、エース級の1人へとなってほしいです。

箱根予選に向けて

1組~4組まで通過が不安視されることもない安定の走りを見せ続けてくれました。特に前半の組を走った4人の安定感は素晴らしかったです。箱根予選に向けても非常に収穫の多いレースとなりました。前回の箱根予選は最初の5kmを遅く入りすぎて、最後まで通過が不安視されるような状況でしたからね。今年度は前回のようなことは無いように、安心して見ていられる走りをしてほしいところ。


今回、全日本予選を走った8人はそのまま箱根予選に出場してもおかしくないですし、揃って結果を残してくれそうな期待感があります。3年の扇、2年の細迫、1年の小泉の3人は今回の全日本予選で好走&前回の箱根予選は出場していませんので、戦力の上積みとして計算出来そう。さらに、鎌田は絶対的エースへと成長し、河田も状態を上げていることを考えると、稼ぐ役割を期待される選手たちも前回以上の走りを見せてくれそうな期待感があります。


元々、前回の箱根予選でチーム上位11人は全員3年生以下だったこともあって、今年度の法政は戦力的には心配いらいなだろうと思われていました。そこに戦力アップが複数あったことはさらに安心感を高めてくれます。あえて不安要素を挙げるのであれば、エース格の1人であり、前回チーム3番手で走っている松本がなかなか記録会にも出場出来ず、状態が未知数なことくらいでしょうか…全日本予選もエントリーさえされていませんし、完全復活が待たれます。


全日本予選を盤石の走りで3位通過を果たしたことで、法政への評価は確実に高まっていることでしょう。坂東、青木といった現4年生は同チームだったOBがオリンピック代表を決めたのもチームに良い雰囲気をもたらすことでしょう。戦力的には問題無いでしょうが、展開次第ではまた前回のように苦戦を強いられる可能性もあります。前回の反省を活かし、今年度の箱根予選はできれば中位以内で突破してほしいですし、過去2年は苦戦が続いている3大駅伝でも結果を残していって欲しいです!

箱根予選の順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします