明治大学 新年度(2021年度)戦力分析

続いては、明治大学について、新年度の戦力を見ていきます。公式HPもすでに新入生が記載されていますし、HPが比較的充実している大学の1つです。データベース登録されている人数は4年:7人、3年:6人、2年:3人、1年:3人となっております。主力が上級生に揃っているのは確かですが、下級生も楽しみな選手がいますね。現有戦力としては、4年生≒3年生>1年生>2年生という感じかなあ。エース力では4年生ですが、選手層では3年生かなあと。1年生も楽しみな選手が揃っています。

4年生

チームを牽引するのは鈴木聖人と手嶋の二人。聖人は3大駅伝を始め勝負レースで最も安定している選手と言えるのでは。故障明けだった箱根5区は悔しい走りでしたが、エース区間を区間5位以内で走れる頼もしい選手です。今年度は怪我なく強さを見せつけてくれれば。手嶋は先月5千で13分50秒とベストをマーク、1万では28分17秒とハイレベルなタイムを有しています。前回の箱根は7区11位とこちらも悔しい走りになってしまいました。2年時の箱根予選で9位となった走りを上回ることはまだ出来ていない印象…3大駅伝でもエースたる走りを見せてくれれば。


3番手は金橋ということになるかなあ。全日本・箱根ともに出場経験がありますし、1万でも28分台のベストを持っています。ただ、前回の箱根は出場出来ておらず、2年時も4区13位と走りとしてはもう一歩…丸山も28分台のベストを持ち、全日本・箱根もメンバー入りを果たすなど3年時にグッとタイムを伸ばしてきた選手です。最上級生となり、この二人には後輩に負けない走りを見せて欲しいなあ。


他にも、箱根予選に1年時に出場している中嶋、5千で14分3秒のベストを持ち1500mにも強い佐久間、3大駅伝エントリーは未経験ながら、持ちタイムを着実に伸ばしている橋本らがいます。エースに頼らず、選手層の厚い学年となっていって欲しいです。

3年生

櫛田が5千で13分56秒のベストを先月マーク、1万で28分19秒のタイム、3度の3大駅伝で全て区間8位以内で走っている安定感も光ります。特に前回の箱根で苦しい位置ながら4区7位の走りは素晴らしく、エース候補の1人かなと。箱根で2年連続2区を任され、1年時に10位で走っている加藤も当然主力の1人なのですが、昨年度は全日本で7区8位にとどまり、箱根では2区17位に沈んでしまったことでちょっと評価を下げてしまったかなあ。実力があるのは間違いないですし、また箱根2区を任されるような走りを続けてくれれば。


ともに5千で13分41秒の好タイムを持つのが富田、漆畑の2人。富田は1万でも28分35秒を持ち、箱根でも9区10位で走っています。スピードもありながら長い距離でもまとめてきたのは魅力かなあ。ただ、箱根ではラストで10位と差をつけられる悔しい走りとなってしまっただけに、さらに一皮向けてエース級になってほしい選手。漆畑は1万も28分台のベストを持ちながらまだ3大駅伝はエントリー止まりなんですよね。3大駅伝デビューに最も近い選手の1人だと思いますし、今後が楽しみです。


1年時に箱根予選で47位で走っている小澤は5千で13分52秒、1万も28分38秒とグッと持ちタイムを伸ばし、漆畑とともに3大駅伝出場が待たれる選手。1年の箱根でエントリーされている杉本もいますし、やはり選手が最も揃っているのは3年生と言えるのでは。

2年生

現状は児玉が抜け出た存在となっています。5千で13分54秒、1万は28分22秒をマークしていますし、全日本でも1区5位と好走しています。その一方で児玉も箱根で1区16位と非常に悔しい走りとなってしまっただけに、悔しさを晴らす走りを見せて欲しいところ。学生ハーフも64分15秒でまとめており、長い距離も問題ないでしょうし。続くのは杉、1万で28分59秒のベストを持ち、先月も5千で14分4秒のベストをマークしています。長い距離はまだ未知数な部分もありますが、児玉に続く選手の台頭は待たれますし、杉もまずは3大駅伝でメンバー入り、出場争いに加わってくれれば。


本来であれば、5千で14分0秒、1万で29分16秒を持つ安倍や5千で14分9秒、1万で29分11秒を持つ吉川も続いて欲しいところなのですが、ちょっと記録会でもまだ安定感が無い感じなのが気になるかなあ。安定感が増してくれば、ともにスピードもあって楽しみなのですが。持ちタイムではこの4人が抜けており、続く選手としては、29分37秒を持つ杉田や29分43秒を持つ斎藤らが候補になってくるかな。

1年生

13分台トリオの加入が話題となった明治ですが、中でも都大路1区2位だった尾崎が抜けているかな。あの走りは大学でも即戦力として期待せずにはいられないものでした。主力の1人として数えられるようになってもおかしくないかなと。13分58秒を持つ甲斐も2年の都大路では1区12位と好走していますし、13分59秒を持つ新谷はややアクシデントがありながらも都大路4区を13位でまとめています。


14分2秒を持つ島田は1万でも29分22秒とこの学年トップタイムを有しており、都大路でも1区19位でまとめています。こちらも1年目から活躍出来るだけの力があるのでは。さらに、14分5秒を持つ新井や14分16秒を持つ曵田、14分22秒を持つ東原は3月以降のレースで短い距離ながらも上位勢に負けない走りを見せており、今後が楽しみです。

箱根予選の順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします