第31回出雲駅伝(2019年)戦力分析&区間配置予想 ~駒澤大学~

もう全日本のエントリーが発表されてしまいましたが、出雲はまだ終わってもいない…最後は、駒澤大学の出雲駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。前回は出雲に出場することが出来なかったんですよね…箱根シード落ちから見事に1年で立て直してきました。今年度は最も勢いのある大学の1校となっています。

4年生

中村 大聖、山下 一貴、中村 大成

関東インカレ2部1万mで日本人2位の6位、ユニバハーフで銀メダルを獲得しているエースの大聖、関東インカレハーフでは2位、箱根では2年連続エース区間の2区を任されている山下、今年度は走るたびに自己ベストを連発し、先月は5千で13分57秒をマークしている大成の3人。

3年生

伊東 颯汰、加藤 淳、神戸 駿介、小林 歩

全日本、箱根ともに5区5位と上々の走り、先月は5千で13ふん57びょうをマークしている伊東、2年前の出雲は1区13位、前年度は全日本で1区、箱根では4区といずれも主要区間を任されている加藤、関東インカレハーフでは5位入賞、5千でも13分58秒を先月マークしている神戸、高校時代の実績はあるものの、大学では3大駅伝初エントリー、5千で先月14分2秒をマークしている小林の4人。

2年生

石川 拓慎

走るたびに自己ベストを更新、1万では29分12秒を今年度マーク、5千でも先月に14分5秒で走っている石川が唯一のエントリー。

1年生

田澤 廉、酒井 亮太

関東インカレ5000mで日本人2位の7位入賞、先月は5千で13分41秒を叩き出している田澤、関東インカレ3000m障害で3位表彰台、先月は5千で14分3秒をマークしている酒井の2人。

区間配置予想

先月の日体大記録会では5千で好タイムが連発、そこでマークしたタイムがトップ10の選手がそのままエントリーされるという選考基準が極めて明確なエントリーとなりました。その結果、5千で13分52秒をもつ小島や加藤とともに数少ない出雲経験者である小原が外れてしまいましたが、やむなしですね。現状のベストメンバーと言ってよいエントリーなのでは。そんな駒澤大学の区間配置予想は以下のとおりです。


田澤(1)-伊東(3)-大聖(4)-大成(4)-神戸(3)-山下(4)


日体大記録会の結果が上位6人の選手をそのまま選んでいます。それでいて、違和感も無いですし、明確かなあと。まず、最長6区は山下の可能性が高そう。本人も6区を希望しているようですし、駒澤はこれまでも長い距離に強いエース格をアンカーに起用することが多いです。となると、箱根2区を2度走るなど実績も抜群の山下が相応しいのではないかなあと。


3区は大聖、充実の時を過ごし、関東インカレ、ユニバハーフでの実績はトップクラス、主要区間を任されるのは間違いないでしょうし、1区は高校・大学と走っていないことを考えても、6区でないのであれば、もう1つの主要区間である3区かなあと。


となると、悩ましいのが1区…ここは期待の意味を込めて田澤としました。確かに、駒澤のルーキーが出雲の主要区間で好走したことはこの15年を見てもほぼ無いです。謙太は1区13位、加藤も同じく1区13位に沈んでいます。謙太は日本インカレ5000mをルーキーで制して期待も最高潮でした。それでも苦しんだ出雲の1区…


となると、ルーキーの1区は危険なのかなあという思いももちろんあるのですが、実際に日体大記録会で観戦した外国人選手相手にも負けないあの走り…田澤ならばやってくれるのではと期待せずにもいられないんですよね。監督、先輩たちの評価も非常に高いようですし、今後を見据えても主要区間を担わせていくのではないかなあと。


残るつなぎ区間ですが…2区はどんな展開であったとしても積極的な走りを期待したく、さらにスピードもある選手となると、伊東が良いのかなあと。5千で13分台、1万でも28分34秒のスピードに積極性もありますし、どんな位置でもさらに前を追うか後続を離すような走りが期待できそうですし。


4区は大成としました。3本柱とするのであれば山下、大聖に次いで名前が挙がるほどの選手、主要区間への起用も十分ありそうですが、つなぎ区間の中でも比較的主力どころが走ることが多いのが4区なだけに、つなぎ区間なら4区なのかなあと。


5区は神戸、過去2大会はいずれも3大駅伝未経験の選手が走っていますし、5千で13分台のスピードに関東インカレハーフでの入賞と持ちタイム、勝負レースの実績のいずれを見ても3大駅伝を走るにふさわしい選手ですよね。デビュー戦を出雲で飾るのであれば、比較的負荷の少ない5区あたりが良いかなあと。


正直、相当強力な布陣が組めそうですよね。他大の優勝候補と比べても引けを取らないほどに…先月13分台をマークした6人でそのまま6区間を組もうと思えば組めるのも強力です。カギを握るのはやはりルーキーの田澤かなあ。関東インカレや先月の日体大のような走りを見せられれば、ぐっと差をつけるような走りも期待出来そうですが、やはり3大駅伝デビューへの不安は拭えない…


戦力的には優勝争いに十分加われるだけの力はあると思います。過去3大会は3→5→7位と順位を落としており、なかなか結果を残せてはいない状況ですが、チームとしてもいい流れで来ていますし、自信をもって臨んでほしいですね。そして、出雲から強い駒澤を見せてほしいものです!!


出雲駅伝の区間配置予想順位予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!

全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします