2019年 トラックシーズン振り返り ~日本大学~

続いては日本大学についての走りを5千、1万で自己ベストを出した選手を中心に振り返ります。選手一覧はこのようになっております。 全体的には5千で自己ベストを出した選手が多かった他、関東インカレでの活躍も目立ちました。

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

5000m:4点(7、9、10位)

上位で自己ベストを更新した選手はいませんでしたが…野田が14分16秒でベストを2秒更新して7番手、野田は全日本予選でも3組18位で走っていますし、トラックでは結果を残すようになってきたので…次はロードですねえ。前年度は全日本、箱根ともに区間17位以下と大きく苦戦しましたから。。。


ルーキーの若山が14分17秒でベストを1秒ですが更新して9番手、主力の1人である横山も14分20秒でベストを2秒更新し、10番手に入ってきています。ルーキーが早速ベスト更新というのも良いですね。横山は唯一5千、1万で揃って自己ベスト更新&トップ10に入っている選手です。全日本予選では最終組を任されたほどですし、エース格の1人としてさらなる活躍が期待されますね。


トップ10圏外では、小林が14分24秒でベストを20秒も一気に更新、山本が14分29秒で9秒更新、廣田が14分33秒で3秒更新、高橋が14分35秒で2秒更新など、中堅どころの選手がが着実に自己ベストを更新してきました。関東インカレでは期待のルーキー二人が出場しましたが、樋口が25位、八木が27位とほろ苦い関カレデビューとなりました。

10000m:4点(3位 )

横山が29分14秒でベストを10秒更新し、チーム3番手に浮上してきました。着実にタイムを伸ばしてきており、昨年度の全日本1区での好走も印象的ですね。今後も3大駅伝では1区を担っていくことになるのかなあ?2区留学生の可能性が高い日大においては、1,3区の選手が大事になってきますからね~


トップ10圏外では、ルーキーの小野が初の1万を30分20秒とまずまずのタイムで走っていますね。全日本予選にも早速抜擢されて1組26位で走っています。八木、樋口に若山、小野と1年目から活躍が期待される選手が何人もいるのは頼もしい限りです。


関東インカレでは、新留学生のドゥングが2位とさすがの走りを披露、大量7点を獲得しました。やはり、日本の高校→実業団経由の留学生ということもあって日本での生活や言葉も問題無いですし、スムーズに適応できるのは大きいですね。エースとして今後も活躍してくれることでしょう。武田は18位とまずまずでしたが、横山は40位とここでは苦しい走りになってしまいました。

その他種目

関東インカレでは、1500mでルーキーの岩城が5位入賞を果たしたのは収穫でしたね~ルーキー3人が出場した種目でしたが、樋口も含め決勝に2人進出、そして1人入賞と収穫の多いレースとなりました。


ハーフではドゥングが見事に優勝を果たし、2種目で大量15点を荒稼ぎしています。ただ、これは他に留学生がいなかったことなどを考えても順当と言えるのですが…むしろ大きな収穫は阿部が8位入賞を果たしたことでは無いでしょうか。日本人エースとして名前の挙がる選手ではありますが、関東インカレで入賞するとなると、またグッと期待も高まりますよね。

全日本予選では、8位で予選通過とはなりませんでしたが、大崩れした選手が1人もいなかったのは収穫と言えそうです。前年度は関東インカレ枠で箱根出場を果たした日大ですが、次は箱根予選に臨むこととなります。気になるのは、2年前は箱根予選で11位となり予選落ち、3年前も10位とギリギリでの通過なんですよね。

ここ最近は箱根予選で苦戦が続いており、前回も出場していないという状況がチームにどう影響を及ぼすかも気になるところです。ただ、各選手も着実に力をつけていますし、前回の全日本経験者が7人、箱根経験者が8人残るというのは、箱根予選の経験不足を十分に補ってくれる数値なのでは。

エースのドゥングを始め、阿部、武田、横山といった日本人の主力たちは上位で走ることが期待されますし、ここに松木、金子といった前回の箱根を経験した4年生たち、さらに中堅どころの選手層は着実に厚くなってきています。さらに実績のあるルーキーも加わるとなると、予選通過は問題無いだけの選手は揃っていますよね~

ハーフで持ちタイムの良い選手が少ないこと、2年生がちょっと元気がないのが気になるところではありますが…さすがに前回が特別出場を果たして翌年度に予選落ちというわけにもいきませんし、箱根も14位で走っている大学ですからね。まずはきっちりと箱根予選を突破し、本戦でもシードを狙えるチームを築いていって欲しいものです!!

This content cannot be displayed in widgets.