2019年 トラックシーズン振り返り ~中央大学~

続いては中央大学についての走りを5千、1万で自己ベストを出した選手を中心に振り返ります。選手一覧はこのようになっております。 トップ10でベストを更新した選手は少なかったですが、トップ10外では上々ですし、新戦力の台頭が見られたのは収穫でしたね~

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

5000m:4点(6、9位)

加井が14分9秒でチーム6番手、自己ベストを10秒も更新してきました。一方で森凪也は14分13秒、ベストを5秒更新しチーム9番手とトップ10に入ってきました。トラックシーズンでの収穫として挙げられるのがこの二人の走りでは無いでしょうか。


加井は持ちタイムこそ伸ばしていたものの、勝負レースでは苦戦することも多かったのですが、関東インカレ1万mでは16位とまずまずの走り、全日本予選でも3組11位で走っており、結果を残しつつあります。


一方の森凪也は今年度の中央において最も飛躍を遂げた選手といって良いでしょう。関東インカレ1万mでは11位、全日本予選では4組15位と1年時はほとんど目立たなかった選手があっという間にエース格の仲間入りですからね。長い距離も問題無さそうですし、3大駅伝・予選会と活躍が大いに期待されます。


トップ10圏外では、箱根でも好走した川崎が14分16秒、セカンドベストの14分19秒も今年度マークと絶好調、ルーキーの助川も14分17秒で高校ベストを1秒ですが更新しています。岩原も14分25秒でベストを10秒更新しています。


関東インカレ5000mでは三浦が8位で入賞してきたのは収穫ですね。トラック、ロードのいずれでも結果を残してきている三浦ですが、2年生となってエース格の1人に名乗りを挙げています。三浦、森凪也の2年生コンビの躍進が目立ちました。

10000m:6点(4、8位 )

森凪也が29分9秒で自己ベストを19秒更新し、チーム4番手に浮上してきました。3月に29分28秒をマークしたのもびっくりしましたが、そこからさらにタイムを更新、そしてこのタイムは全日本予選で叩き出したものですからね。条件さえ合えば、28分台を出してもおかしくないでしょうし、存分にその力を見せつけています。


川崎も3月に29分34秒をマークし、ベストを6秒更新してチーム8番手に入ってきていますね。森凪也、川崎ともに5千とのダブルベスト更新です。全日本予選でも1組8位と好走していますし、トラック・ロードともに結果を残しているのが頼もしい限りです。


トップ10は上記の2人だけですが、29分台での自己ベストとなるとずらっと揃います。29分38秒をマークした井上はベストを1分21秒も更新、高校時代から活躍する実力者が1万で結果を残したのは大きい。さらに、29分43秒でベストを12秒更新した矢野、助川は初の1万を29分44秒で走っていますし、岩佐、手嶋はいずれも29分56秒の自己ベストをマークしました。


こういった中堅どころが揃って自己ベストを出したことで選手層は着実に厚くなってきていますね。エース力ではさすがに前年度には及ばないですが、総合力で戦えるチームになってきたのでは?

その他種目

関東インカレでは、1500mで舟津が3位と表彰台に上がり6点を獲得しています。東海の飯澤vs館澤の争いが激しかったですが、きっちりと3位に入ってきたのはさすがですね。また、3000m障害では萩原が7位入賞を果たしています。こういった種目できっちりと得点出来ているのも良いですね。


ハーフでは残念ながら入賞とはなりませんでしたが、矢野が12位、岩佐が17位とまずまずの走りを見せていますし、着実に他大と戦える選手たちは増えてきているのでは。

全日本予選では6位で後一歩通過を果たせなかったのが残念でした。。。戦力的には十分予選通過も狙えたとは思うのですが、後一歩かみ合わないという状況だったのかなあ。箱根で途中棄権になって以降、全日本出場も箱根シードもあと一歩届かない状況がもどかしいなあと・・・一度打ち破ることが出来れば、また変わっていくと思うんですけどね~

次の目標は箱根予選通過となります。前回は8位通過であり、さらに、堀尾、中山というダブルエースがチーム1,2番手、そのデータからすれば不安にも思えますが・・・主力どころでは、森凪也、川崎、畝らが前回の箱根予選には出場していませんし、らしくない走りだった舟津や加井らも大きく順位を上げてくることが期待出来ます。

予選通過はもちろん、上位通過を果たしてもおかしくない選手たちが揃っていますよね~着実に戦力アップを遂げてきた中央なだけに、全日本予選の借りを返す走りを箱根予選で見せてほしいですし、その先にある8年ぶりのシード獲得、期待したいものです!!

This content cannot be displayed in widgets.