2019年 全日本予選戦力分析 山梨学院大学 ~3大駅伝連続出場に向けての正念場~

本日は山梨学院大学の全日本予選における考察を行っていきます。選手一覧はこのようになっております。前回はエースのニャイロを欠くという非常に苦しい布陣ながらも、2組5位の久保、3組5位の出木場など日本人選手も粘りの走りを披露、総合では11位と予選通過とはなりませんでしたが、十分に見せ場は作ってくれました。

 

エントリー上位8人の平均持ちタイム(1万m)は私が把握している予選会出場校13校中8位となっており、タイム上は通過圏外ということに。ムルア・オニエゴという留学生2人を有しての順位ですからね。オニエゴのベストは29分26秒、9番手の田矢は29分56秒ですから30秒差、平均で4秒弱下がることになります。

 

持ちタイムトップ8では、29分44秒の宮地、29分4秒の川口が外れています。宮地は前回も1組11位で走っていますし、箱根でも4区を任されている選手。川口は前回3組33位と後半の組を任されている選手ですし、箱根も2年連続で出場しています。前回の全日本予選は4年生が5人だったため、前回経験者は3人しかいません。よりによってその3人のうち2人が外れてしまうとは…痛すぎます。。。

 

2組31位で走っている齋藤が唯一の全日本予選経験者となっています。各学年が2人~4人とバランスの良いエントリーとなっていますね。ルーキーはもちろん留学生のムルアの他、30分19秒をマークしている篠原も入ってきましたね。

 

最終組は留学生のムルアはまず確実でしょう。現状の力ではムルアとオニエゴの戦力差が大きすぎますからねえ。28分17秒のベストに関東インカレ1部1万mで7位入賞を果たしています。最終組でも十分上位に入ってきそうです。となると、大事になってくるのがムルアとペアを組む相手ですが…難しいですね。。。

 

持ちタイムでは、29分23秒の坪井、29分24秒の首藤らが上位に入ってきます。ただ、坪井はベスト連発とはいえ、まだ勝負レースでの実績がほとんどないのが気になるところ…首藤は前回の箱根こそ出場出来ませんでしたが、箱根予選を2度経験し、箱根も2年時に3区15位で走っていますからね。今回任せるとしたら首藤が最も可能性が高いのかなあ?

 

箱根経験者では、前回の3区を任された中村、8区を走った山田、9区を任された森山と他に3人がいます。いずれも区間19位以下と苦しい走りになっているのは気になるところですが…主力の選手たちですし、今回も全日本予選に出場して欲しいですよね。勝負レースでも結果を残していってくれれば。

 

他には井上が29分46秒、田矢が29分56秒と29分台ランナーとなっています。井上は3大駅伝・予選会を合わせて5度目のエントリーとなりましたが、未だに出場経験は無し…最終学年となった今年度こそ出場を果たしたいところ。田矢は昨年の12月に5千、1万ともにタイムをのばしてきた選手、成長した姿を見せた欲しいものです。2年の松倉も5千では14分20秒と上々のタイムを持っている選手ですね~

 

楽しみな選手は何人もいるものの、やはり気になるのは経験の少なさですかねえ。3大駅伝を複数回経験している選手は1人もいませんし、全日本予選の経験者も齋藤だけですからねえ。出場していたとしても、好走経験のある選手はいないという状況…ムルア以外の選手はなかなか計算が出来ないのが現状です。

 

ただ、前回の全日本予選もニャイロが欠場となって全日本予選は惨敗するのでは?と思われましたが、粘り強い走りを見せているんですよね。4組も清水の転倒が無ければ分からなかったかもしれませんし。。。箱根では3連続でワースト順位更新と苦しい時を過ごしている山梨学院ですが、チームの立て直し、そして箱根連続出場へと続けていくためにも、この全日本予選で復活の兆しを見せるような走り、披露して欲しいです!!

 

全日本予選順位予想の投票受付、まだ受け付けております。たくさんの投票、お待ちしております!!

※1人1票でお願いします

This content cannot be displayed in widgets.