第95回箱根駅伝 神奈川大学 区間配置予想 ~前回の悔しさを晴らすために~

続いては、神奈川大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根では優勝候補の一角に名を連ねながらもまさかの13位でシード落ち、今年度は、箱根予選こそ3位と上位通過を果たしたものの、前年制した全日本では10位でシードを逃す結果となりました。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はHPをご覧ください。

 

4年:枝村 高輔、山藤 篤司、多和田 涼介、

   佐久間 勇起、田中 翔太、田中 尚人

3年:越川 堅太、荻野 太成、安田 共貴、森 淳喜、藤村 共広

2年:北崎 拓矢、井手 孝一、原塚 友貴、小笠原 峰士

1年:安田 響

 

箱根予選を走ったメンバーでは、8番手だったルーキーの川口、12番手だった徳川の二人が外れていますね。特に川口は期待のルーキーだっただけに残念。他には上級生ではハーフで64分台を持つ阿比留や宗、下級生ではトラックで好タイム連発の落合、3000m障害で結果を残す西方らが外れていますが、今年度の長い距離出の走りを見れば、まずまず順当と言えそうかな。そんな神奈川大学の区間配置予想は以下の通りです。

 

荻野③ー越川③ー山藤④ー井手②ー小笠原②

安田共③ー多和田④ー森③ー枝村④ー北崎②

 

監督の1~7区を重視し、主力が山藤、多和田、越川、安田共、荻野、井手という話を聞くと…5区を除く6区間をこの6人が占めるのかなあということになり。。。1区は荻野、今回は5区は回避するという話ですし、山藤が1区というのは今の戦力を考えるともったいなさすぎるかなと。全日本も、正直無駄遣いになってしまった印象ですし…ならば、本人も希望する1区もありかなと。

 

2区は越川、エースとして箱根予選、全日本と力強い走りを見せていますし、箱根では2年連続で二桁順位と奮いませんが、ここでエースの走りを見せてほしいですね。3区は山藤、1区で無ければ3区を任せるのが良いかなあと。4区というのもありな気がしますが、ダブルエースを並べた方が心強いというのもあります。

 

4区は井手、今年度の急成長ぶりには目を見張るものがあり、あっという間に主力の仲間入りを果たしました。箱根予選、全日本ともに上々の走りを見せていますし、準エース区間となった4区を任せるにふさわしい選手かなあと。5区は小笠原、箱根予選を走り全日本を回避した選手が走りそうという記事と本人の希望区間を見ると、小笠原なのかなあと?2年生というのも、ここで好走してくれれば今後を見据えても大きいですしね。

 

6区は安田共、既に主力の1人となっている安田共を6区はややもったいない気もしますが、復路のスタートとなる6区の重要度は上がっていますし、好タイムが期待出来る安田共に任せるのが無難かなあと。7区は多和田、箱根予選では素晴らしい走りで往路への起用ももちろんあり得ますが、2度の3大駅伝出場はいずれも区間14位以下に終わっていることや最初で最後の箱根ということを考えても、無理に主要区間よりも7区あたりの方が良いのかなと。

 

8区は森、ハーフの実力はまだ未知数ではありますが、全日本での好走を見ると、箱根でも見てみたくなりますよね。とはいえ、不安もあるため8区あたりが良いかなあ。9区は枝村、前回も同じ23km区間である10区7位で走っていますし、7区までに主力を投入していても、枝村が9区に控えていてくれれば安心かなあという思いも込めて。

 

10区は北崎、全日本は4区16位と苦しみましたが、箱根予選では二桁順位で走っていますし、今年度は持ちタイムも3部門全てでグッと伸ばしていますからね。箱根も10人に入ってくるであろう選手ですし、最後をびしっと締めてくれれば。

 

主力が卒業して戦力ダウンは否めない神奈川大ですが、その穴を埋めるかのように新戦力が台頭してきたのは心強い限り。チームの中心となる3年生だけではなく、他の学年からも新たに主力となる選手が出てきていますしね。今回は現実的にはシード獲得が目標になってくると思いますが、往路は山藤、越川らダブルエースを筆頭に区間上位での走りも期待される選手がいます。

 

そして、復路も崩れることなくまとめてくれそうな選手を起用出来そうですからねえ。箱根予選で3位通過というのは頼もしい実績ですし、全日本も苦しんだ区間もありますが、8区間中6区間で一桁順位で走っているのも心強いです。前回、まさかのシード落ちとなってしまった箱根ですが、その借りを返す走りをチーム全体で期待したいものです!!

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪