2017年 出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~法政大学~

出雲駅伝における戦力分析と区間配置予想、最後は法政大学を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。箱根でシード獲得を果たして以降、多くの選手が自己ベストを更新し、全日本予選も余裕をもって通過、エースの台頭に選手層も厚くなり、さらなる上位進出も期待されます。

 

4年:細川 翔太郎

3年:坂東 悠汰、矢嶋 謙悟、東福 龍太郎、福田 兼士、本多 寛幸

2年:青木 涼真、増田 蒼馬、佐々木 虎一朗、強矢 涼太

1年:無し

 

4年生からは、前回の箱根で7区5位と好走、全日本予選でも3組19位で走っている細川ただ一人。

 

3年生からは、関東インカレ5千で3位、1万mで5位とダブル入賞、法政のエースから大学長距離界を代表する選手となった坂東、前年度の全日本予選では1組16位、1万mのベストも29分14秒を持っている矢嶋、前年度は箱根予選で60位、箱根でも10区5位の好走でシード獲得のゴールを切った東福、全日本予選では2組25位、学生ハーフでは63分59秒をマークしている福田、1年の箱根では9区を任され、箱根予選も2年連続二桁順位で走っている本多の5人。

 

2年生からは、全日本予選で3組16位と好走、関東インカレ3000m障害では見事に優勝を果たしている青木、3大駅伝・予選会初エントリーながら、1万mで29分42秒、直近では5千で14分16秒をマークしている増田蒼、1万mで29分43秒を今年度マーク、初のエントリーとなった佐々木、前年度の箱根予選に出場、5千で14分17秒を先月マークしている強矢の3人。

 

1年生からは、残念ながらエントリー無し。

 

1年生がエントリー無しはある意味しょうがないと思っていましたが、4年生が細川1人というのはちょっと寂しいですね。全日本予選を2度経験している磯田、鹿嶋らが4年生からは外れ、3年だと2度箱根出場の土井、全日本予選1組6位と好走の狩野、そして2年からは箱根6区3位、全日本予選で最終組を任された佐藤がはずれたのが痛い。ちょっと苦しいエントリーとなりました。そんな法政の区間配置予想は以下のとおりです。

 

坂東(3)-増田蒼(2)-青木(2)-福田(3)-東福(3)-細川(4

 

絶対的エースの坂東を何区に起用するかですが…1区と予想しました。出雲の1区を任せられるのは坂東しかいないかなあと。出遅れると取り戻すのが難しい出雲ですし、坂東ならば逆にアドバンテージが期待出来ますからね。まずは1区で先手を取りたいところ。6区は細川としました。唯一の4年生、2年時はエース格の1人でしたし、坂東・佐藤らが台頭してきた中、唯一の4年生の意地にも期待です。

 

佐藤がエントリー漏れしたことで、3区が難しくなりましたが…関東インカレ、全日本予選で好走している青木が抜擢されると予想しました。全日本予選の3,4組を走った4人のうち、3人がそのまま主要区間への起用という無難な予想になりましたが…箱根も8区9位で走っていますし、ロードでも期待したい選手ですよね。

 

残る繫ぎ区間ですが、箱根10区5位と好走した東福を最も距離の長い5区、5千は未だに14分38秒がベストですが、1万mは29分31秒を持っていますし、問題無いかなあと。トラックとロードもまた違いますしね。2区に先月5千でベストを出している増田蒼と予想。4区は全日本予選も出場していた福田としました。全日本予選出場者が8人中4人がエントリー漏れという苦しい状況の中、出場している福田は入ってくるのでは?

 

今年度の全日本予選経験者が複数外れたことで、予想が難しいですね。メンバー的には関東最下位になったもおかしくない状況ではありますが…箱根予選、そして箱根とそんな前評判を覆しての上位通過、箱根シード獲得を果たしてきているわけですし、今回もいい意味で予想を裏切るような走り、見せてほしいものです!!

 

出雲駅伝の順位予想の受付も行っております。箱根予選順位予想と合わせ、沢山の投票をお待ちしております。

※1人1票でお願いします~


PAGE TOP