2017年 駅伝シーズンに向けて ~上武大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析、今日は上武大学を取り上げます~ 過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこのようになっています。関東インカレこそ1500mで井上が見事に優勝を果たしましたが、それ以外はもう一歩、、、全日本予選も惨敗に終わってしまいました。

 

前年度の箱根は往路を終えてシード圏内につけたものの、総合では15位で初のシード獲得はならず…全日本予選も1~3組のいずれも遅れてしまう苦しい走りで総合19位と大惨敗、通過はなりませんでした。そのため、確定しているのは箱根予選会のみ、初出場からの連続出場を伸ばすことが、最大の目標となります。箱根予選にエントリーされる14人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・坂本、井上、佐藤松村、山岸

3年・・・太田黒、大森、関稜汰、熊倉関佑斗、松下

2年・・・岡山橋立

1年・・・無し

 

箱根経験者は7人いますが、うち6人(青色)がエントリーと予想しました。残る1人の田中は1年の箱根を走って以降、3年となった現時点までエントリー無し…ちょっと厳しいかなあと。前回好走した坂本、太田黒あたりには、しっかりと貯金を作ってもらいたいですね。

 

箱根予選経験者(橙色)は5人いますが、全員エントリーと予想、淵や関佑斗など前回結果を残している選手もいますが、ここは最上級生の松村、山岸あたりにも期待したいですねー。箱根予選といえば、やはり4年生が頼りになることも多いですし。。。

 

ここまでで11人、箱根未経験者ながら全日本予選に出場した2人(赤色)は今年度勢いのある選手です。熊倉はハーフで64分台を出す一方、5千も14分1桁と好走してますからね。全日本予選は残念でしたが、箱根予選も走ってもらいたい選手の1人です。というのも戦力として期待されることになるでしょう。岡山は今年度になって5千、1万ともにベストを更新しており、全日本予選も1組24位とまずまず、ハーフは未知数ですが、この勢いをみると期待せずにはいられないです。

 

残る1人はハーフで65分1桁、1万mのベストも今年更新している関稜汰にしてみました。他にも全日本予選経験者である4年の小林、塩川もいますが、やはり3,4年生中心になることは間違いないでしょうし、特に3年生の人数が多そうかなあ?1年生は持ちタイムや高校時代の実績を見る限り、即戦力となる選手はおらず、取り敢えずエントリー無しとしましたが、例年だと1,2人は1年目から戦力となる選手が台頭してきますよねー。どんな選手が出てくるか楽しみです。

 

前年度は6位通過を果たしはしたものの、やはり主力を複数欠いたことで苦しい陣容だったことは間違いないですね。太田黒や淵、佐藤といったこれまで実績のあまり無かった選手の快走は素晴らしかったですが。。。まずは、箱根予選に向けてしっかりとベストメンバーを揃えて欲しいですね。箱根予選の経験も豊富ですし(良いことではないですが…)しっかりと合わせられれば、十分に予選突破を狙えるだけの戦力は整っていると思います。

 

全日本予選の走りからも、決して評価が高いとは言えないであろう今年度の上武大ではありますが、また前回の箱根予選のように、予想をいい意味で裏切るような走りを、見せて欲しいです!!


PAGE TOP