2017年 トラックシーズン振り返り ~青山学院大学~

トラックシーズンの大学ごとの振り返り、今日は、青山学院大学について見ていきます。ここ2年の関東インカレでの圧倒的な強さからすれば、主力が一部出場しなかったこともあり、物足りない結果でしたし、自己ベストを出した選手も控えめでしたが…既に持ちタイムがハイレベルなことや下田など主力も復帰してきたことを考えると、駅伝シーズンに向けては問題無さそうかなあ。

 

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:6点(3位、8位)

トラックシーズンで最も活躍した選手となると、橋詰ということになるでしょうか。5千ではチーム3番手となる13分49秒を叩き出しています。セカンドベストも今年マークした13分55秒、確かサードベストも13分台だったような・・・凄まじい活躍を見せてくれました。もう一人ベストを更新したのが下田、13分53秒で1秒未満ですがベストを更新しています。

 

箱根以降は前回好走した東京マラソンを欠場、その後も姿を見せずに心配されましたが、関東インカレハーフで2位に入るなどしっかりと戻してきてくれました。トップ10圏外では、生方、橋間がともに14分11秒でベストを更新、主力だけではなく、3大駅伝初出場を狙う選手たちも着々と力を蓄えています。セカンドベストだと、森田がベストと同じ13分58秒で走っていますね。こちらも順調なようですが、やはり人数としては少なめか…

 

10000m:6点(6位、8位、9位)

1万mで最も良いタイムでベストを出した選手もやはり橋詰、28分56秒と28分台を、それも関東インカレ6位入賞という走りで叩き出してきました。セカンドベストの29分2秒も今年度マークしたもの、本当に橋詰の充実ぶりは目立ち、3大駅伝デビューが待ち遠しいですね。続くのは29分8秒を出した橋間に29分9秒の森田、森田はセカンドベストも同じ29分9秒で関東インカレでマークしたものですね。

 

3年生3人がトップ10でベストを更新という結果になりました。トップ10圏外では4年の吉永が29分21秒でベストを18秒更新、前回の全日本に続く3大駅伝出場が期待されます。セカンドベストでは、28分44秒を出した鈴木が復活を遂げ、頼もしい選手が戻ってきました。良かった選手とベストに届かなかった選手の差が激しかったトラックシーズンという印象ですかね。

 

駅伝シーズンに向けては、2年連続の3冠&箱根3連覇という大きな目標に向かって進むことになります。3大駅伝は現在4連勝中でこれもかつて順大が3冠を達成した時に記録した最多連勝記録かな?出雲では史上初めての3大駅伝5連勝に挑むことになります。まだまだ青学の時代は続くのか?それとも青学の連勝をストップする大学は現れるのか?今年度も中心となるであろう青学から目が離せません。


PAGE TOP