全日本予選2017 大学別観戦記 ~7位:明治大学~ 

本日は、明治大学における全日本予選の各組ごとの結果振り返っていきます。 全日本予選結果はこのようになっております。予選会出場校の中では、密かに明治を応援していた私、なので各選手の走りはずっと観ていたのですが…3組で阿部が遅れた時と4組で中島が遅れた時は駄目かも…と思ってしまいました。最終組、復活したエース坂口の走りには胸が熱くなりました!!

 

1組 5位:角出、20位:岸

ともに3大駅伝・予選会通じて初出場となった二人、個人的に最も心配していたのが、この組でした。ともに序盤は集団の中ほどでレースを進める落ち着いた走り、中盤になっても変わりませんでした。ただ、先頭集団のペースが上がると、岸が徐々に集団の後方に下がり始めてしまい、ついには遅れだしてしまうことに。ここまで粘っていたのですが、ペースアップした先頭とはどんどん離され、最終的に30秒差をつけられてしまったのは痛かったですね。

 

一方の角出は恐らく先頭を引っ張ていたことは無かったと思うのですが、それでも最後の最後、数人にまで絞られた集団に最後まで食らいついていました。ラスト勝負ではやや遅れをとってしまいましたが、それでもトップと6秒差の走りは十分役目を果たしたと言えるでしょう。1年の全日本からエントリーされたものんお、なかなか出番が無かった選手が3年目の初出場で結果を残してくれました。1組終了時では6位とまずまずの位置につけることに。。

 

2組 3位:田中、9位:東島

今年13分台を叩き出した田中に関東インカレ3000m障害で2年連続入賞を果たしている東島という3年生コンビ。田中は集団の前方でレースを進める一方、東島は後方からのスタートと対照的な位置取りとなりました。集団のペースもスローでしたし、この時点ではさほど問題は無いですよね。大事になってくるのは集団のペースが上がった時。

 

集団が縦長になると、ともに先頭付近に位置を移してのレースは余裕があるということでしょうか。ともにラスト勝負となるときまで2位集団の中できっちりとレースを進めました。田中は2位争いで後一歩届かなかったものの、トップと12秒、2位と1秒差の好走、東島も田中とは4秒差ですからね。差があまりつかなかった2組ですが、揃って1ケタ順位はさすがの走りでした。2組終了時点では1つ順位を上げて5位になることに。

 

3組 20位:三輪、32位:阿部

ともに3大駅伝・予選会フル出場中の2年生コンビ、特に阿部はトラックでの強さには定評があります。序盤は阿部が集団の前方、三輪は中ほどでのレース。しかし、阿部はまだ集団に30人ほどいる中でまさかの遅れ始めてしまうことに。。。レースもまだ中盤だったのですが、その表情は遅れた選手の中でも一際苦しそうでした。

 

そのまま、ペースをあげるどころか前とはどんどん差をつけられ、時にはふらついてしまい、心配になるほどでした。全日本予選での途中棄権は即予選敗退を意味しますからね。。。トップとはちょうど1分差をつけられてしまうことに。らしくない走りになってしまいました。

 

となると、三輪に何とかして欲しいところでしたが、こちらも中盤以降は集団の後方、そしてペースアップして縦長になると、そのまま徐々に離されることに。決して1,2組で稼いでいたわけでは無かっただけに、揃って遅れだしてしまったのは非常に痛かったです。トップと30秒差はこちらも満足の行く走りでは無かったでしょう。3組終了時で8位にまで落ちてしまい、最終組に全てを託すことに。

 

4組 3位:坂口、33位:中島

復活を遂げたエース坂口に次いで安定感がある中島、順当な最終組だと思います。ただ、中島の1万mベストが29分36秒止まりでハイペースなトラック1万mを未経験というのに一抹の不安はありました。ロードでの強さは抜群ですけどねえ。坂口は留学生が集団を引っ張るすぐ後ろに当然のように位置することに。関東インカレの走りを見れば、留学生相手でも食らいついて欲しいところですもんね。

 

一方の中島は集団の後方から。それも、位置的には後ろ10人には入るところでしたねえ。それも、集団が縦長になっているのに下がったままだったので気になっていましたが…まだ序盤、それも集団が30人ほど残っている中で、まさかの遅れ始めてしまうことに…正直、この時は通過無理かも!!って思ってしまいました。そのまま前の集団とどんどん離されてしまい、最後には周回遅れにされてしまうことに…29分48秒とベストから12秒遅れではまとめましたが、トップと1分21秒差は大きかった。

 

しかし、坂口は留学生が抜け出した後、塩尻とともに前を追っていく積極的な走り。ここで留学生との差を広げられなかったのが大きかったですね。観ていて、ひょっとしたら追いつけるのでは?と思えるような差でしたからね。周回を重ねてもどんどん広げられるわけでも無かったですし。ラスト1周では塩尻に引き離された4位かな?と思いきや、最後の直線で一気に捲くって3位、28分35秒の自己ベストをこの最も大事な場面で叩き出しました!ベストが全日本予選、セカンドベストが関東インカレとかカッコよすぎますね~

 

エースの活躍もあって総合では7位通過、何とか全日本連続出場をキープしました。ただ、4人とも1ケタ順位だった3年生に比べて、2年生は20位が2人に30位台が2人と散々な結果…1、4年生が1人も走れなかったというのも気になりますよね―。坂口は完全復活ですが、明治が完全復活と言うには、まだ時間がかかりそうです。

 

箱根予選に出場するだけに、全日本にピークをもっていくのは難しそうですね。ただ、エースがいて、各学年に主力となる選手もいますから、全日本も十分に戦えると思うのですが…前回の全日本や箱根のように、1度遅れると取り戻すのは困難なだけに、1区から食らいついていって欲しいところですね。まずは箱根予選をきっちりと上位突破、そして全日本でも明治の復活が期待されるような走りを見せて欲しいです!!


PAGE TOP