2017年 日本選手権展望 ~男子3000m障害&5000m~

いよいよ、明日から日本選手権が始まりますね~1500mや10000mのエントリーも出て、ますます期待が高まります。ただ、1万mは紘太が棄権になっていたのは、残念ですね…今日は3000m障害と5000mの展望について見ていきます。3000m障害エントリー5000mエントリーはこのようになっております。

 

~3000m障害~

前回は最後まで分からないレース展開の中、わずか0.06秒差で富士通の潰滝が順天堂の塩尻を逆転、見事に優勝を果たしました。面白いレースでしたね~学生では、神奈川の荻野が5位、東洋の小室が8位入賞と塩尻も合わせて大学生3人が入賞を果たすという結果でした。

 

今回は前回入賞者ですと、6位だった山下がいないだけですね。前回同様、ともに世界陸上の参加標準記録を突破している潰滝と塩尻が優勝候補ということになりそうかなあ。塩尻は全日本予選を走ったばかりというのも気になります。ユニバ代表の座も射止めていますし、故障など無ければよいのですが…最も、潰滝もハードスケジュールながらも結果を出し続けていましたが…

 

大学生も東海の三上、山梨学院の矢ノ倉といった関東インカレで活躍した選手もエントリーされています。今回も複数の入賞者が出ることが期待されますね。そして、今回一番の注目は市田兄弟がエントリーしていることですね。元々3000m障害もやっていた宏だけではなく、孝も出場するとは…それも8分40秒というベストですからね。走力では他の優勝候補にも引けを取らないですし、いきなりの優勝もあるのか、楽しみです!!

 

~5000m~

長距離でも花形種目である5000mですが、エントリーはわずかに16人、A標準である13分40秒を突破している日本人選手となりますと、13人しかいません。先日も記載しましたが、1500mと比べてあまりにも出場ラインが厳しい…1500mは大学生だけで20人以上いるにも関わらず、5000mはA標準を誰ひとりとして突破出来ていないわけですからねえ。。。

 

1万m同様、前回覇者である大迫が今回も優勝候補筆頭であることは間違いないでしょう。前回の日本選手権の走りを見る限り、他の選手との力の差は大きそうです。ただ、今年度絶好調なのが富士通の松枝、1500mといい5000mといい好タイム連発でエントリータイム13分28秒はトップを誇り、個人的には対抗として期待したい選手。

 

同じく13分28秒のベストを持つ日立物流の市川も楽しみな選手ですし、大きなレースで結果を残してる旭化成の鎧坂、大六野に富士通の横手らも優勝争いに絡んできて欲しい選手ですね。大学生がいないだけに、実業団1年目の選手としてはトーエネックの弾馬、カネボウの平、大塚製薬の秦らがいます。社会人になったばかりの選手たちがどこまで戦えるのかも楽しみです!


PAGE TOP