関東インカレ2017 エントリー考察(帝京、上武、國學院)

関東インカレのエントリーについて考察していきます。詳細は公式エントリーを参照してください。今日は、2部に属する帝京大学、上武大学、國學院大學の3校を取り上げます。

 

帝京大学

1500m(田村岳②、齋藤③、幸村④)

資格タイムは3分51秒の田村岳、3分49秒の齋藤、3分51秒の幸村ということで、ずば抜けたタイムの選手はいませんが、3人とも3分50秒前後といずれも決勝進出も狙えるだけのタイムを有しています。田村岳は全日本、箱根にもエントリーされていますね。トラックシーズン絶好調の帝京、まずは1500mから結果を残したいところ。

 

5000m(竹下③、島貫②、星①)

エースの竹下、今年度ベスト連発をしている島貫、星という実績のある選手と勢いのある選手がエントリーされました。竹下は前回1万mで9位に入っており、入賞も期待されます。島貫は5千、1万ともにベストを出して14分12秒までタイムを伸ばし、星は既に2度のベストを出して14分14秒、いきなり入賞は厳しいかもですが、ともに楽しみな選手ですね。

 

1万m(佐藤④、岩佐②、小野寺①)

今年度29分19秒を出した岩佐、27秒の佐藤、32秒の小野寺と今年度1万mでベストを既に出している3人がそのままエントリーされました。岩佐は箱根7区8位と上々の走り、佐藤も全日本では7区2位と好走、ルーキーの小野寺は都道府県対抗で5区5位といずれもロードの勝負レースでも結果を残しているのが心強いですね。トラックの勝負レースでも結果を残して欲しいところ。

 

ハーフ(畔上③、横井③、吉野②)

竹下とともにエースとして期待される畔上、箱根で6区9位で走っている横井、ハーフで64分7秒をマークしている吉野とこちらも楽しみな選手が揃っていますねえ。中でも畔上は前回7位入賞を果たしている選手、前回よりもさらに順位を上げる走りが期待されますね。横井も最近の安定感からすると、入賞争いに絡んで欲しい選手ですね。吉野はハーフベストはまずまずですが、これからですかねえ。

 

3000m障害(鈴木①、田村丈②、境①)

前回、決勝進出を果たしていて、資格タイムが8分58秒の田村丈が入賞候補ですかね。前回10位から順位を上げられるか?ルーキーの二人は9分9秒の鈴木、9分10秒の境を持つ二人。持ちタイム上はどちらも決勝進出は厳しそうですが…境はインターハイでのベストで後一歩で決勝進出という状況でしたし、密かに期待している選手の1人です。

 

上武大学

1500m(塩川④、小林④、井上④)

なんといっても、2年前の覇者であり、前回も3位、3分44秒のベストを持つ井上が中心ですよね。優勝候補の1人ですし、今年も1500mで好調、2年ぶりの優勝が期待されます。他の2人も3分51秒の塩川、3分53秒の小林と3人とも4年生ですね。二人とも全日本予選に出場している選手ですし、まずは決勝進出を目指したいところ。

 

5000m(井上④、熊倉③、岡山②)

井上が1500mにつづいてのエントリー、5千でも13分55秒とチームトップタイムを誇りますし、2年時は6位入賞を果たしています。2年ぶりの入賞を目指したいところですね。熊倉は今年度14分9秒をマーク、岡山は1万mで30分9秒のベストを同じく今年度出していますね。勢いのある選手たちが、どこまで戦えるか?

 

1万m(坂本④、太田黒③、関稜汰③)

29分8秒のベストを持つ坂本、29分24秒の太田黒とチームトップ2のベストを持つ2人が順当にエントリーされていますね。1万mは2部と言えども非常にレベルが高いですが、どこまで入賞争いに絡めるか楽しみです。関稜汰は今年度ベストを更新しているものの30分2秒という状況を考えるとちょっと厳しそうかなあ。

 

ハーフ(坂本④、大森③、淵③)

坂本が1万mに続いてのエントリー、ハーフで63分26秒とこちらも持ちタイムトップですし、エースとしての走りを見せて欲しいですね。大森は箱根8区15位で走っていますし、淵も箱根予選で67位と好走しています。まだ入賞争いとなると厳しいかもしれませんが、勝負レースを経て中心選手となっていってくれれば。

 

3000m障害(鈴木③)

鈴木が唯一のエントリーとなりました。ただ、資格タイムは9分19秒という1組でも下から3番目という状況ですからね。。。さすがに、決勝進出は遠そうです。

 

國學院大學

1500m(河野④、添田②、河上①)

資格タイムは3分54秒の河野、3分51秒の添田、3分49秒の河上と3人がエントリーされていますね。そんな中でも、ルーキーの河上はインターハイで4位に入っている実力者ですからね。インターハイのタイムが自己ベストというのも良いですし、入賞が期待される選手です。添田もスピードのある選手ですし、河野も5千では14分18秒を持っています。決勝進出にどこまで近づけるか。

 

5000m(江島③、青木②、浦野②)

やはり、今年度13分59秒をマークしている浦野に注目ですかね。まだ勝負レースでは目立った実績を残せていないだけに、ここで好走してくれれば。江島も今年度5千や1万mでベストを出しており、青木も全日本に1年から出場している選手ですね。ただ、入賞争いとなるとちょっと遠そうかなあ。。。

 

1万m(熊耳④、向④、浦野②)

28分59秒とチームトップタイムを持つ向に期待ですねえ。今年度ベスト連発ですし、エースとしての走りを見せてくれれば。浦野は5千につづいてのダブルエントリーで1万mも29分17秒と上々のタイム、熊耳も29分19秒ですからね。持ちタイムトップ5のうち、3人がエントリーと順当ですね。熊耳は全日本、箱根と一桁順位で走っている実績もありますし、楽しみな選手が揃いました。

 

ハーフ(内田④、國澤④、長谷③)

ハーフベストでは63分5秒を持つ國澤が抜けていますね。箱根でも9区10位で走っており、関東インカレでも好走が期待されます。内田も63分55秒で3大駅伝に2度出場している選手ですね。長谷がエントリーされたのはちょっと意外でした。3大駅伝・予選会はエントリーさえありませんでしたし、ハーフも65分28秒ですからね。どこまで戦えるか?

 

3000m障害(菅家③、川崎③)

9分ジャストの菅家、9分23秒の川崎という3年生の2人がエントリーされていますね。菅家は前回も8位入賞を果たしていますし、2年連続入賞も期待されますね。川崎は2組の中で最も下の資格タイムですからねえ。決勝進出はちょっと遠そうです。


PAGE TOP