日本体育大学 【2017年度 戦力分析】 自己ベスト連発で厚くなる選手層~

新年度の戦力分析、最後は日本体育大学について、見ていきます。前年度は全日本予選を3位通過すると、出雲では6位と好走、全日本では13位に沈んだものの、箱根では7位と2年連続のシード獲得を果たしました。1万m28分台、ハーフ63分台が多発するなどベストを出す選手も多かったですね。現在、登録している選手一覧はこのようになっております。

 

 

4年生・・・チームの中心は4年生、3大駅伝経験者は5人おり、5人とも1万mで28分台のベストを有しています。そんな中でも小町はハーフも63分ジャスト、全日本7区間賞、2年の箱根も1区11位で走っていますね。3年の箱根は2区18位に沈みましたが、今年度のエースは小町と呼ぶにふさわしい走りを見せてくれれば。

 

吉田もハーフは63分2秒、箱根では8区5位→3区4位と2年連続で好走しています。こちらもエース格の1人として活躍が期待されますね。冨安は3大駅伝全てで主要区間を任され、出雲3区8位、全日本1区13位、箱根4区10位で走っています。

 

前述の3人が3大駅伝に6度以上出場している一方、城越は箱根の2度だけです。しかし、箱根4区8位→7区2位と好走を続けており、安定感がありますね。辻野も全日本3区7位、箱根5区9位といずれも一桁順位をマーク、28分台を誇る5人がそのままチームの中心として活躍してくれることでしょう。

 

3年生・・・箱根唯一の経験者である室伏がまず中心となるか。チームが出場した3大駅伝全てに出場し、出雲4区7位、全日本6区11位、箱根9区14位と崩れること無く走っています。5千で13分59秒のスピードを持つ宮崎は出雲は2区5位と上々の走りも全日本は5区19位に沈んでしまうことに…ハーフも63分26秒まで伸ばしていますし、3大駅伝フル出場して欲しい選手です。

 

続くのは三原、森崎、林田の3人かなあ。三原は1万mで29分13秒、ハーフで63分55秒を持ち、箱根にもエントリーされています。森崎も1万mで29分28秒、ハーフで64分14秒と3大駅伝に出場してもおかしくないベストですからね。林田は1万mで29分34秒を持ち、箱根にエントリーされています。

 

2年生・・・1万mで28分59秒、ハーフで63分4秒を持つ中川が抜けています。しかし、全日本予選は1組38位、箱根も8区12位と持ちタイムからすればどちらももう一歩という結果。勝負レースでも結果を残していって欲しい選手です。続く選手としては、山口や廻谷が挙げられるでしょうか。

 

山口は1万mで29分23秒、出雲・全日本ともにエントリーを果たしています。ただ、ハーフは66分台に留まっており、長い距離でもしっかりと走ってくれれば。廻谷はハーフで64分40秒のベストを持ち、全日本予選にもエントリーされていますね。4年生に戦力が集まるだけに、来年度以降を見据えても2年生の台頭が待たれます。

 

1年生・・・なかなか選手が判明しなかった日体大の新入生ですが、19人もいるのですね。ただ、15分オーバーは8人もいるということで、幅広く選手を獲得したということかな。そんな中でも、5千で14分18秒、都道府県対抗で1区10位で走っている池田の実績が抜けていますね。即戦力として期待されます。他には岩室が14分22秒、1万で30分2秒を持っており、この二人が持ちタイムや実績では抜けています。

 

他に高校ベストでは14分28秒を持つ小松までが14分30秒切り、そして14分30秒台が1人もいないというのは、ちょっと寂しいですね。選手層を厚くしてくれそうな持ちタイムの選手なだけに…ただ、日体大はこの2年、ベストを更新する選手が多く、育成が上手くいっています。1年生も多くの選手が戦力となっていってくれれば!


PAGE TOP