東洋大学 【2017年度 戦力分析】 箱根で見せた、東洋はやっぱり強い・・・

続いては、東洋大学について、新年度の戦力を見ていきます。前年度は出雲でまさかまさかの9位に終わり、全日本でも最終区までシード争いに巻き込まれてギリギリ6位でシード獲得。しかし、箱根ではいつもどおりの強さを見せつけ、きっちりと2位に入ってきました。現在、登録している選手一覧はこのようになっております。

 

 

4年生・・・2年時まで箱根出場者が誰もいなかった新4年生ですが、4人が箱根を含む3大駅伝を複数回出場しています。そんな中でも、箱根9区区間賞を獲得し主将となった野村の走りが光りますね。安定感もありますし、走りでチームを引っ張る存在です。

 

直近の走りでは箱根8区4位で走っている竹下が良かったですし、堀は2年の全日本で7区区間賞、1500mでは関東インカレ1部で3位に入る抜群のスピードがあります。小早川もハーフでタイムを着実に伸ばし、箱根でも10区10位で走っています。やはり、箱根で復路を走った4人がそのままこの学年の中心となることでしょう。

 

3年生・・・なかなか台頭してくる選手がいないのが気になる3年生ですが、1年時から活躍している選手が2人。特に山本修は全日本で8区4位と好走してシード獲得に貢献、さらに箱根では2区を任されるなど今年度エースとして期待される選手ですね。柏原入学以降、常に大学を代表するエースがいた東洋、その系譜を受け継いで欲しいところ。

 

さらに、小笹はロードで安定した走りを披露しており、箱根も7区7位で走っていますが、3度の3大駅伝で一度も区間5位以内が無く、、、さらなるレベルアップが期待されます。二人に続く選手が現状見えてこない状況ですが…ハーフで64分38秒を持つ菅原や箱根16人に選ばれた山口あたりに期待したいところです。

 

2年生・・・箱根には誰も出場を出来ていませんが、相澤がハーフで62分5秒と驚異的なタイムをマーク、全日本も3区4位で走っていますし、一気に主力となりうる力を見せています。渡邉は1万m28分台、ハーフ63分1桁とベストは既に主力と遜色なく、全日本も5区7位で走っています。この二人が、まずは2年生の中心となってきそうです。

 

さらに、短い距離では14分2秒のスピードを持ち、出雲にも出場した中村がいますし、長い距離では中尾がハーフで63分台をマークし、箱根16人に入ってきています。他にも出雲、全日本にエントリーされた今西や1万mでトップ10に入ってきた福井もおり、楽しみな選手が揃っています。

 

1年生・・・なんといっても西山の実績が抜けていますね。都道府県対抗では1区で積極的な走りを見せながらも5位でまとめ、その後もローカル駅伝ですが、好タイムを連発するなど期待は高まるばかりで即戦力として十分すぎるほど計算出来そう。トラックでは13分台を持つ大森が大学でも早速13分台をマークするなど好調です。まずは関東インカレでも出番がありそう。

 

他にも都大路1区9位で走っている飯島もロードでの強さが光る選手が即戦力候補、さらに14分10秒台で浅井、吉川、大澤らがおり、選手が揃っています。既に1万mで29分台をマークしているのが西山、飯島、吉川、吉田と4人いる一方、5千の高校ベスト上位5人では全大学中最も良いタイムを誇る東洋の新入生、1年目からの活躍ももちろんですが、ゆくゆくはチームの中心となって欲しい学年です。


PAGE TOP