2016年度 4年生特集 ~東洋大学~

本日は東洋大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で9人いますねえ。1年時に箱根優勝、3年時には全日本優勝を果たし、エース弾馬を中心に櫻岡、口町などチームのエース級が揃う学年となりました。

 

 

櫻岡 駿・・・高校ベストは14分4秒、弾馬と同様にルーキーイヤーから活躍が期待されましたが、ここでは3大駅伝にエントリーされず…しかし、2年時に全日本で3区6位で3大駅伝デビュー、ハーフで62分53秒をマークし、箱根でも4区4位で走っています。

 

3年時には3大駅伝フル出場を果たし、出雲で6区4位、全日本で4区5位、箱根で7区2位と主要区間であっても安定した走りを続けました。さらにタイムを伸ばしたのは4年時、5000mで14分1秒、1万mでは28分22秒とチームトップタイムを叩き出し、ハーフも62分44秒まで伸ばしました。

 

しかし、全日本では1区7位、全日本では2区11位とどちらもエース区間を任されながらその力を発揮できず…それに呼応するかのようにチームも苦戦を強いられました。しかし、最後の箱根では準エース区間の4区で4位と好走、チームの総合2位に貢献しました。

 

口町 亮・・・高校ベストは14分22秒ながら、1年の出雲からメンバー入りを果たしました。一気に台頭してきたのは3年時、5000mで13分58秒、ハーフで63分29秒をマークすると、出雲では4区区間賞、全日本では3区区間賞で全日本初優勝に大きく貢献しました。箱根では山下りの6区を任されて区間4位と上々の走りもそれまでの走りからすればやや物足りなかったか…

 

4年時は1万mで28分42秒まで伸ばし、弾馬、櫻岡と3本柱として3大駅伝でもエース級の活躍が期待されましたが、ここで故障に悩まされてしまうことに…出雲、全日本ともにエントリーからも外れてしまいました。それでも、箱根にはしっかりと間に合わせ、3区3位と有終の美を飾ってくれました。

 

服部 弾馬・・・選手個別特集にて既に特集済

 

橋本 澪・・・高校ベストは14分40秒、出雲・全日本はエントリーはありませんが、箱根には2年から3年連続でエントリーされています。そんな中、2年時にハーフで63分35秒、3年時に5000mで14分3秒、4年時に1万mで29分6秒と着実にタイムを縮めてきました。

 

すると、最後の箱根では5区に起用され、区間12位という走りを見せました。山候補と言われながら、なかなか出場機会を得られなかった橋本でしたが、最後の箱根で見事に出場を勝ち取りました。

 

山本 采矢・・・高校ベストは14分25秒ながら、1年時に14分17秒、ハーフで64分19秒をマーク、全日本からエントリー、そのまま4年連続で全日本にエントリーされています。しかし、エントリーはされどなかなか出場する機会は無く…

 

3大駅伝に7度エントリーされ、唯一の出場は4年の出雲、ここで最長区間の6区を8位で走っています。1万mのベストも29分10秒まで伸ばしてきましたし、もっと3大駅伝に出場してもおかしくない選手なのですが…残念ながら機会は少なかったですね。。。

 

牧浦 聖士・・・高校ベストは14分19秒、3年時に5000mで14分14秒、1万mで29分36秒をマークすると、全日本で初エントリーを果たしました。4年時にはハーフで63分51秒をマーク、最後の箱根に初エントリーされましたが、出場ならず…タイムは着実に伸ばしましたが、3大駅伝出場には後一歩届きませんでした。

 

成瀬 雅俊・・・高校ベストは14分20秒、1年時に5000mで14分19秒の大学ベストをマーク、1万mも29分51秒で走っています。それほど目立ったタイムではありませんでしたが、箱根にエントリーされると上り適性を期待され5区候補としてギリギリまで啓太と出場を争うことに。

 

最終的には啓太が5区に出場し、チームも総合優勝を果たしましたが、箱根5区への期待は高まりました。しかし、2年時もエントリーはされましたが、実際に出場することは叶わず…その後は3年時にハーフで64分49秒、4年時に1万mで29分37秒をマークしましたが、3大駅伝にエントリーされることはなく…出場することはありませんでした。

 

山本 信二・・・高校ベストは14分41秒、兄に山本憲、弟に山本修と東洋OB&現役3兄弟の1人。2年時にハーフで65分51秒、3年時に5000mで14分25秒、1万mで29分38秒をマークし、持ちタイムでトップ10に入ってくることもありました。しかし、残念ながら4年間、3大駅伝にエントリーされることはありませんでした。

 

吉村 光司・・・高校ベストは14分50秒ながら、1年時に1万mで29分56秒、2年時に5000mで14分28秒をマーク、ハーフも65分3秒まで伸ばしています。山本信同様に持ちタイムでトップ10に入ってきましたが、3大駅伝へのエントリーを果たすことは出来ませんでした。


PAGE TOP