箱根駅伝2016 東海大学 区間配置予想 ~史上最強世代、箱根デビュー!!~

続いては、東海大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根では序盤出遅れて苦しいスタートとなりましたが、3区以降は8区間中6区間で6位以内という安定した走りで順位を着実に上げ、目標としていた5位でのフィニッシュとなりました。

 

最強ルーキー勢揃いの今年度、出雲では1~3区が全てルーキーで3区終了時トップという離れ業、総合でも3位フィニッシュとその力を見せつけました。一方の全日本では、体調不良者が複数出るなどベストコンディションで臨むことが出来ず、総合7位でまさかのシード落ちとなってしまいました。エントリーメンバー箱根成績(直近10年)はHPをご覧ください。

 

4年:石橋 安孝、宮本 甲斐、林 竜之介、瑞慶覧 伸哉

3年:川端 千都、春日 千速、國行 麗生

2年:湯澤 舜

1年:關 颯人、鬼塚 翔太、高田 凜太郎、松尾 淳之介、

   中島 怜利、郡司 陽大、館澤 亨次、阪口 竜平

 

1年生が大量エントリーされるとは思っていましたが、16人中8人と半分を占めることとなりました。それでも、今年度の実績を見れば、エントリーされてびっくりという選手もいないのが凄まじい…一方で前回の箱根で主要区間を任された廣田、湊谷が外れてしまうなど上級生はちょっと苦しいエントリーとなってしまいました。そんな東海大学の区間配置予想は以下の通りです。

 

鬼塚1ー關1ー石橋4ー松尾1ー館澤1

中島1ー川端3ー春日3ー林4ー國行3

 

既にニュースで1,2,4,5,6区がほぼ発表されてしまっているので…敢えて逆らうことは止めておきます…個人的には1,2区は予想どおりも4区石橋、5区春日、6区國行あたりかなあと思っていたのですが。。。1区は鬼塚、出雲、全日本ともに1区を任されていますし、ハーフも62分3秒という凄まじいタイム、ラストの切れ味は抜群で1区に起用しない理由は無いですよね。

 

2区は關、出雲の走りは衝撃的でした。。。全日本は体調不良え欠場でしたが、その後は問題無いということで、過去には伊達、村澤、川端ら1年生が2区で好走していますし、關には彼らを上回るタイムも期待したくなりますね。3区は石橋、往路に1年生が4人ならば一人は最上級生かなあということで、主要区間で安定した走りを見せ続けている石橋に最上級生の意地を見せてほしいなと。

 

4区は松尾、ルーキーに最後にアップダウンがある難コースの4区?とも思いましたが…ハーフ62分17秒という長い距離への強さ、1万mで28分台のスピード、ロードでの実績も高校時代から豊富ですし、初の箱根でも強さを見せてくれれば。5区は館澤、本人も上りには自信があるようですし、やはり埼玉栄出身の5区と言えば日体大優勝の立役者である服部ですよね。偉大な先輩に少しでも近づいて欲しいところ。

 

6区は中島、持ちタイム3部門全てで着実な走り、他のルーキーに比べるとややインパクトには欠けるかもしれませんが、國行を差し置いての6区…どれだけ走れるか楽しみです。7区は川端、今年度はややらしくない走りが続いていますし…前回も走っているつなぎ区間の7区あたりで稼ぐ役割を担ってくれれば。本当は主要区間を走ってほしいですけどね。。。

 

8区は春日、5区候補かなあと思っていましたが、そうでなければ1年時に区間5位と結果を残している8区が良いのかなあと。前々回2区、前回2区の選手が7,8区予想というのもちょっと寂しいですが…9区は林、前回は8区で好走、今年度は出雲6区、全日本8区と最長区間を任され続ける4年生となれば、やはり復路のエース区間9区が良いかなと。

 

10区は國行、やや消去法となってしまいましたが、全日本6区2位の好走となると起用されないことは考えにくいですし、山下りで無いのであれば上級生ということもあって23km区間の10区あたりかなと予想しました。

 

往路に1年生が4人というのはちょっと記憶に無いですね…主要区間、特殊区間をがっつりとルーキーに任せるとは。こんな状況だと、逆に上級生に頑張ってほしいなと思ってしまうかなあ。1年で活躍した選手が3,4年生になって苦戦しているのが本当にもどかしい…

 

どうしてもルーキーが注目されていますし、圧倒的な力のある選手が揃っているのも重々承知ではありますが、箱根の距離となるとやはり経験も大事になってきますし、ルーキーの勢いと上級生の安定した走りで目標の3位、目指して欲しいです!!

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪


PAGE TOP