2016年 出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~中央学院大学~

今回は中央学院大学の戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

4年:海老澤 剛 、村上 優輝

3年:大森 澪、新井 翔理、坂元 大介

2年:福岡 海統、廣 佳樹

1年:高砂 大地、横川 巧、藤田 大智

 

前回の箱根出場メンバーからは、6区3位の樋口、7区7位の海老澤 太、8区3位の細谷と3人が外れていますね。いずれも箱根で好走しており、今年の全日本予選を走っている選手です。主力と呼ぶ選手たちが複数外れているのは痛いですね。中央学院は出雲は比較的お試し要素が多いですが…

 

4年生からは、前回の箱根で9区6位、2年連続で全日本予選最終組を走っているエースの剛、全日本予選で1組トップ、特にトラックで安定した走りを見せている村上の2人。

 

3年生からは、関東インカレ2部1万m6位、ハーフ2位とダブル入賞、チームのエースへと成長を遂げた大森、昨年度は3大駅伝フル出場で関東インカレ2部5000mで10位、今年は5000mで14分5秒のベストをマークした新井、今年3部門全てでベストを更新、全日本予選にもエントリーされている坂本の3人。

 

2年生からは、5000mでベストを今年更新、1万mでも29分30秒台を2度マークしている福岡、3000m障害で実績が豊富で今年1万mで29分38秒をマークした廣の2人。

 

1年生からは、5000mで14分3秒、1万mで29分16秒の好タイムをマーク、全日本予選でも3組6位と好走した高砂、1500mで日本選手権に出場、5000mではチームトップの13分52秒をマークした高砂、高校ベストは14分25秒、都大路では6区4位で走っている藤田の3人。

 

 

そんな中央学院の区間配置予想は以下のとおりです。

 

高砂(1)-村上(4)-大森(3)-横川(1)-新井(3)-海老澤剛(4

 

今年の走りから、全日本予選で3,4組を走った高砂、大森、剛の3人がそのまま主要区間を任される可能性が高そうかなあ。となると、過去6大会全てにおいて2年生以下しか走っていない1区を期待のルーキーの高砂、過去4大会中3回が4年生、長い距離に強い選手が起用されることが多い6区に剛、残る3区に大森としてみました。

 

1区高砂と予想すると、2区横川とルーキーを並べるのはさすがにリスクが高すぎる。(川崎監督ならやりそうですが…)ということで、2区の最短区間にスピードのある村上、5区に前回も同区間を5位で走っている新井、残る4区にスピード抜群のこれまた期待のルーキーである横川としました。

 

やはり、楽しみなのは高砂、横川という期待のルーキー二人ですよねー。特に高砂はいきなり主要区間を任されてもおかしくないですし、今年度卒業した潰滝、塩谷のように4年間チームを引っ張る存在になってくれれば。

 

過去2大会は6位、7位と全日本や箱根を上回る結果を残しており、特に2大会前は一時3位になるなど大きなインパクトを残しました。総合力ではここ数年を見ても非常に充実しています。全日本予選は7位とやや苦戦しましたが、今年度の中央学院も強いというところを、出雲から見せてほしいです!

 

大学駅伝増刊号の秋号は早速今日のお昼休みに買ってきました。そして、買って満足してなかなか読もうとしないというのもいつも通り…むしろしばらくしてから読み返すことが多いですかね。。。

 


 

出雲駅伝の順位予想区間配置予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!箱根予選順位予想もお待ちしております~


PAGE TOP