2016年 出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~青山学院大学~

青山学院大学のエントリーが先立って発表されましたので、戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

4年: 一色 恭志、茂木 亮太、安藤 悠哉、池田 生成

3年:田村 和希、下田 裕太

2年:梶谷 瑠哉、富田 浩之

1年:鈴木 塁人、吉田 祐也

 

箱根優勝メンバーから、3区秋山、6区小野田、9区中村祐と3人が外れていますね。5000mの持ちタイムでも、中村祐が3位、秋山が5位、小野田が8位ですし、層の厚い青学といえど、このエントリー漏れは痛そう。

 

4年生からは、前回6区で日本人歴代トップタイムを叩き出し、大学トップクラスのランナーである一色、関東インカレ2部1500mで2年連続2位、5000mのベストも13分53秒まで伸ばした茂木、2年時に10区2位で青学初優勝のゴールテープを切った安藤、関東インカレ2部ハーフで2連覇中の池田の4人。

 

3年生からは、箱根4区で2年連続区間賞、関東インカレ2部5000mで4位の田村和、全日本、箱根ともに区間賞、1万mでも28分33秒を誇る下田の2人。

 

2年生からは、関東インカレ2部1500mで2年連続入賞、5000mで13分55秒をマークした梶谷、高校ベストは13分58秒、今年はベストに届かずも好タイムをマークしている富田の2人。

 

1年生からは、関東インカレ2部5000mで3位、13分58秒をマークした鈴木、5000mで14分16秒のベストを今年マークしている吉田の2人。

 

そんな青山学院の区間配置予想は以下のとおりです。

 

田村和(3)-梶谷(2)-下田(3)-鈴木(1)-茂木(4)-一色(4

 

過去2度の優勝はアンカーが出岐、一色とエースが走っており、今回もエースの一色の可能性が高そう。一色がアンカーならば他大学はアンカーまでに差をつける必要もありますからね(例外は山梨学院大のニャイロくらい…)

 

他の主要区間は田村和、下田という箱根区間賞コンビかなあと。箱根では1区候補でもあった下田の方が1区には良さそうですが、今年度の走りを見る限りは田村和の方が充実しているため、より重要度が高くなっている1区に田村和、3区に下田としました。

 

繫ぎ区間ですが、3年連続で4年生がエントリーされている5区には4年の茂木にしました。2,3年時は3大駅伝未出場ですが、今年度は好調ですしね。残る2,4区は梶谷を2区、鈴木を4区にしました。青学は過去のエントリーを見ると2区より4区重視かなあと思うと、今年の走りでは鈴木の方が上かなと。梶谷も今年の走りを見る限り、出場してもおかしくないあなあと。

 

絶対的な優勝候補だった昨年度に比べると、やはり久保田・神野世代が抜け、秋山や中村祐らがいないのは痛い気もしますね。正直、戦力ダウンは否め合いと思います。それでも、やはり主要区間、繫ぎ区間ともに選手は揃っており、優勝候補の一角であることは間違いないでしょう。

 

前回同様に一色がアンカーに起用されるとなると、やはり他の大学にとっては嫌ですよね。前回6区を29分11秒で走っているのは驚異的です。絶対的エースの存在に加えて、3大駅伝で外すことがほとんど無いですからね。2年連続の出雲制覇、そして昨年度逃した3冠に向けて一歩を踏み出すのか、今年も青学から目が離せません!!!

 

出雲駅伝の順位予想区間配置予想の投票を今年も受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!


PAGE TOP