2016年 駅伝シーズンに向けて ~東京国際大学~

駅伝シーズンに向けての各大学ごとの戦力分析&トラックシーズンをかる~く振り返り、今日は東京国際大学を取り上げます~は大東文化大学です。過去5年間の3大駅伝・予選会の結果、選手一覧はこんな感じです。

 

トラックシーズン、自己ベストをマークする選手が多かったですね。特に1万mでは日本人エースの照井が29分10秒をマークしたのを筆頭にルーキーも牧野、伊藤が29分40秒台、新留学生のタイタスが28分39秒と好タイム連発でした。5000mやハーフの持ちタイムはまだ物足りませんが、1万mでは他の箱根出場校と何ら遜色もありません。全日本予選は11位で予選落ちでしたが、過去最高順位を一気に更新してきていますしね。

 

そんな東京国際大の駅伝シーズン、確定しているのは箱根予選会のみ、ここで2年連続の予選突破が今年最大の目標となります。初出場の箱根では見せ場を作っての17位、近いうちにシード獲得もあるのでは?と期待したくなるほどでした。箱根予選にエントリーされる14人候補、怪我などを考慮しなければ、現時点では大体以下のような感じでしょうか?

 

4年・・・照井、鈴木大、石井、熊谷

3年・・・スタンレイ、濱登、鈴木博、山中鈴木聖

2年・・・福田、梅本

1年・・・タイタス、伊藤、真船

 

まずは、箱根経験者である8人(青色)は当然今年も活躍が期待されるところです。まだ箱根には1度しか出場していないにも関わらず、経験者が8人残っているのは東国大の強みです。

 

さらに、箱根予選経験者(橙色)も豊富に揃っていますが、今年ベストをマークし全日本予選も走った3年の鈴木聖、2年の福田、同じく2年の梅本も争いに入ってきて欲しいところ。そしてルーキーでは、留学生は1人しか出場出来ないものの、保険としてタイタス、今年全日本予選(赤色)を走った伊藤、エントリーされた真船あたりが入ってくるのでは無いかと。

 

どちらかと言えば前回の箱根予選会以降で勢いのある選手を中心に選んでみました。しかし、まだまだ選手は揃っているのが東国大の恐ろしいところ。1万mのタイムでは、29分34秒を持つ荒井、37秒を持つ上村の3年生コンビに29分46秒を持つルーキーの牧野がいますし、ハーフでは64分36秒を持つ貝崎もいます。

 

箱根初出場校ともなると10人揃えるのもやっとで、少しでも怪我人が出たら致命的になりやすいですが、東国大は14人を選ぶのがいい意味で大変になりそうな戦力なんですよねー。2年生がやや層が薄いですが、3,4年が選手が揃っており、ルーキーも早速楽しみな姿を見せている。

 

こういうチーム状況ならば箱根予選突破も十分に狙えますし、連続出場を継続していくという大きな期待をもてそうです。大激戦になりそうな今年の箱根予選ですが、層も徐々に厚くなってきて経験者が多く残る強みを活かし、箱根常連校へとのし上がっていくためにも、2年連続の箱根への切符、しっかりと掴み取りたいところです。


PAGE TOP